藤原広嗣/Wikipediaより引用

飛鳥・奈良・平安

藤原広嗣の乱~なぜエリート貴族・藤原氏から反逆者が出たのか

天平十二年(740年)9月3日、藤原広嗣の乱が勃発しました。

名字からわかる通り、藤原氏の一員が起こした反乱です。

本来なら、朝廷でエリート貴族LIFEを堪能していてもおかしくないと思うのですが、なぜこんな物騒なことをやったのでしょうか?

 

純友の乱と勘違いせぬように

まずは

藤原純友の乱(939-941年)

と混乱してしまわないようにご注意ください。

藤原純友の乱はナゼ起きた?ミステリアスな貴族の反乱は将門より興味深い

続きを見る

純友は、藤原北家出身のエリートでしたが、藤原広嗣は約200年も時代が後のことですので、比較するようなもんでもありません。

純友の方は、どちらかというと

平将門の乱(939-941年)

とセットで語られますので、合わせて記憶された方が理解もしやすいでしょう。

平将門の乱はナゼ起きたか 怨霊が怖すぎる首塚伝説を含めてスッキリ解説!

続きを見る

てなわけで今回は、広嗣の方を見てみましょう!

 

藤原四家(しけ)とは?

藤原氏というのは、言うまでもなく非常に強大な一族です。

初代・中臣鎌足(大化の改新で中大兄皇子に協力した人)がこの姓を賜ったことにはじまり、その息子・藤原不比等(ふひと)の子供である四兄弟がそれぞれ独自の家を起こしました。

姓はみんな「藤原」で、概ね屋敷のあった場所や役職などに由来する通称がついています。

それが以下の通り。

◆藤原武智麻呂(むちまろ)
(藤原南家の開祖)

◆藤原房前(ふささき)
(藤原北家開祖)

◆藤原宇合(うまかい)
(藤原式家開祖)

◆藤原麻呂(まろ)
(藤原京家開祖)

兄弟の生まれた順に従って、上から南家・北家・式家・京家と呼ばれています。

ここから先は、さらに枝分かれしたり別の名字を名乗ったりして、数多の公家となり、平安時代は藤原ビッグバンの最盛期! となるわけですが、知名度で言えば北家がダントツですね。

あの藤原道長も北家の嫡流であり、この一族は、とにかく政治的に最も成功していた系統ですから、他にも多くの有名人が多くいます。

藤原道長62年の生涯まとめ! 当初は出世の見込みなく義母に頭上がらず!?

続きを見る

南家も北家ほどではありませんが、歴史に名を残している人が多いですね。

主に歌人や詩人、学者など、文化方面で名前が出てくることがあります。

残りの式家と京家は?

というと……残念ながらあまり目立った活躍をした人はいません。

京家は、子供の数が少なく政略結婚に不利だったとか、他人の罪に連座させられてしまって失脚したとか。辛いエピソードが目立ちます。

そして式家。

今回の主役・藤原広嗣がまさに没落の根源でした。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-飛鳥・奈良・平安
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.