紫式部日記絵巻の藤原道長/wikipediaより引用

飛鳥・奈良・平安

「この世をば……」と詠んだ藤原氏が貴族の頂点から一族没落&拡散した理由

寛仁二年(1018年)10月16日は、藤原妍子が皇太后に、藤原威子が後一条天皇の中宮になった日です。

これだけだと何のこっちゃ?

という感があるかもしれませんが、彼女らが藤原道長の娘となると「んんっ?」と気になったりしませんか。

「この世をば 我が世とも思ふ 望月の 欠けたることも なしと思へば」

上記のごとく天下栄華を極めた歌を詠むキッカケになったのが、この日この出来事だったのです。

 

次女と四女が揃って入内でガハハのハby道長

「望月の歌」は、要するに藤原氏の最盛期だったわけですね。

『小右記』に記録されていて国立公文書館さんがツイートしておりました。

道長の栄華は、その後、長く続いたのか?

というと、実はそう言い切れないところがあります。

今回は意外と教科書には載っていない、藤原氏の「その後」を見ていきましょう。

例によってこの時代の女性名は読み方がわからないので、各自お好きな読みを脳内保管してくださいませテヘペロ。

藤原道長62年の生涯まとめ! 当初は出世の見込みなく義母に頭上がらず!?

続きを見る

まずは、この日の主役となった二人の女性について。

妍子(けんし・きよこ)は道長の次女で、姉妹の中でもとりわけ美しいといわれていました。

若い頃は派手好きだったのか。

側仕えの女房たちもかなり着飾っていたようです。

道長は既に長女・藤原彰子(しょうし・あきこ)を入内させていましたから、妍子を入内させる頃にはもう「ワシの娘ならば相応のぜいたくもせんとなガハハ」(※イメージです)とか思ってたかもしれませんね。

藤原彰子(道長の娘)日本で最も権力を有した男の娘は幸せだったか?

続きを見る

威子(いし・たけこ)は道長の四女です。

正室生まれで、実質的には三女といっても差し支えない扱いを受けていました。

しかし彼女が入内した相手は9歳も年下の後一条天皇、しかも一番上の姉・彰子の息子でしたので、当人は肩身の狭い思いをしていたようです。

入内したとき威子は20歳になっていたので、これも気まずい思いをする原因になったでしょうね。

当時とすれば「何か差しさわりがあって結婚できないのだろう」と思われても不思議ではない年齢ですから。

 

道長の血を引く皇子が生まれてこない……

そんな感じの二人が入内し、同じ日に皇太后・皇后となったわけですが、既に日……いや、月は傾きかけていました。

妍子は皇子を産むことなく皇太后になりましたし、威子も皇后にはなったものの、やはり皇子を産むことはできませんでした。

これにより、永久かと思われた藤原氏の栄華は徐々にかげりを見せていきます。

その先駆けともいえる出来事は、道長の末娘・嬉子(きし・よしこ)が道長の存命中に亡くなったことでした。

この人は当時の皇太子妃だったので、長生きしていれば皇后にも皇太后にもなったハズですけれども、かないません。

嬉子の忘れ形見となった皇子はやがて後冷泉天皇となりました。

が、この方からも皇子が生まれず、皇室における道長の血筋は絶えることになります。

また、嬉子が亡くなった二年後には妍子も両親に先立っており、「栄花物語」では「老いた父母を置いていってしまわれるのか」と道長が悲嘆にくれる様子が描かれています。

さしもの道長も、子供に相次いで先立たれるのは堪えたようですね。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-飛鳥・奈良・平安

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.