平将門の乱

平将門/wikipediaより引用

飛鳥・奈良・平安

平将門の乱はいつどこでナゼ起きた? 首塚伝説を含めてスッキリまとめ

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
平将門の乱
をクリックお願いします。

 

さらには国司を敵に回して絶体絶命

このころ将門は、武蔵の国司vs足立郡司の争いに介入していました。

さらに翌年、常陸国の住人・藤原玄明(はるあき)の訴えを信じ、常陸国府を攻略して国司から印鎰を奪うなどの暴挙を働いてしまいます。

国司は朝廷から任じられてこの地にやってきているわけですから、その権力の証である印を奪うことは、朝廷への反逆も同然。

これよりも後の時代に成立した「将門記」という書物では、この後に将門が自ら「新皇」と名乗って朝廷へ反逆する姿勢を明らかにし、城を建てて役人の任命などもしていた……とされていますが、それがどこまで本当なのかはわかりません。

将門記の著者が不明な上、当時将門の近辺にいた人物ではなく、「都で将門のことを伝え聞いた知識人」だろうといわれているからです。

いずれにせよ、国司から印を奪った時点で、朝廷としては将門を放置しておくわけにはいかなくなります。

大ピンチ!

朝廷は、東海道・東山道に追捕使を任じ、藤原忠文(藤原式家の人)を征東大将軍に任命。

「将門を討った者には褒美を与える!」と他の土豪たちにもお触れを出して、本格的な将門討伐にかかるのです。

その中でいち早く動いたのが、下野国の押領使だった藤原秀郷でした。

彼は奥州藤原氏の祖先でもあります。

藤原泰衡
藤原泰衡と奥州藤原氏の滅亡ドタバタ劇 大河『鎌倉殿の13人』でも注目

続きを見る

後に源義経が逃げ込んだことでも知られている奥州藤原氏ですね。この辺、歴史がつながっていてオモシロイところです。

 

京都で晒された将門の首が突然飛び上がって関東へ

秀郷は征討軍の東下を待たず、平貞盛(将門のいとこ)と手を組んで将門を急襲。

将門も応戦しましたが、風向きが変わったために流れ矢に当たり、命を落としたといわれています。残された将門軍の人々も討ち果たされました。

「祟り」の話は、その後の伝説によるものです。

将門の首は京都で晒されました。

が、ある日突然飛び上がり、関東まで自力で帰ってきた……といわれています。

首が落ちた場所には諸説ありますが、最も有名なのが例の千代田区の首塚の場所です(記事下方にマップ有)。

高層ビル群に囲まれて今なお丸の内に残る「平将門の首塚」

怪談というかガチというか、そういった類の話が一番多いところでもあるので、もしも「祟り」というものが本当にあるのなら、ここがそうなんでしょうね。

一方、関東において、将門はある意味で希望の星でした。

皆さんご存知の通り、鎌倉時代以前の「日本」は、ほぼ西日本を指していると言っても過言ではありません。

当時の東日本の人々からすれば「なんで見たこともない奴らのために、自分たちの生活が苦しくなるほど税を送らなきゃいけないんだ」と思いますよね。

将門は、そうした不満を持つ人々の代表として立ち上がったのだ……という考えが生まれたのです。

 

爆笑問題・太田が首塚に蹴り!?

あちこちに首塚があるのは、祟りを恐れて敬遠したり調伏しようとするよりも、丁重に祀った人のほうが多かったからなのでしょう。

そして、いつの頃からか「将門の首塚に蛙の像をお供えすると、仕事などで遠くへ行くことになっても、無事に帰ってくることができる」というジンクスができました。

現在も続いていて、主に海外出張に行く人が蛙の像をお供えしていくのだとか。

前述の通り、戦後のGHQが「この辺りを駐車場にしようとしたら、ブルドーザーごとひっくり返って運転手(※日本人)が亡くなった」なんて事件がありましたが、最近では「爆笑問題の太田光さんが首塚に蹴りを入れたら、仕事で干された」という冗談話で済んでいるようです(以下、livedoorニュースより引用)。

さらに太田は将門塚に「こんなモノなんてこと無いよ」と蹴り上げたという。スタジオには「無茶苦茶や」などと呆れた雰囲気に包まれた。太田は、その後何も身体などに異常は見当たらなかったというが、「3年間干されました」と、事務所独立後の騒動をネタにし、スタジオの笑いを誘っていた。(livedoorニュースより引用)

どうにも罰当たりというか、さすがに若気の至りってやつでしょうが、まぁ、それ以上突っ込むのは……。

現在は周囲でビルが建設されていて、ストリートビューでもご確認できますので、ご興味お有りの方はどうぞ。

なお、将門の胴体は、茨城県坂東市で祀られています。

晒し首自体が当時は前代未聞の刑罰だった上、千年以上も首と胴が離れっぱなしなのですから、そりゃ祟りたくもなるだろうと個人的には思うのですが……。

「史上最凶の怨霊」として有名な崇徳天皇でさえ、現在は「ダイナミック縁切り&縁結び」の神としての面が強くなってますし。

将門を畏れたり祀ったりという話は多々あるものの、「首と胴を元に戻して霊を慰めてやろう」という話はとんと見かけません。

もしもそういう試みをした人が誰もいなかったとしたら、将門が可哀想にも思えますね。

調べきれてないだけだったらスミマセン(´・ω・`)

まあ、首が飛んできたときに「私の体はどこだ! 体に戻ったらもう一戦してやる!」みたいなことを言ってたらしいので、それを恐れていたのかもしれません。

祟りを起こす力はある、しかし体に戻る力はない――ってのも何だかヘンな感じがしますが、ツッコんだら負けポイントかもしれませんね。

※「承平・天慶の乱」として知られるもう一つの反乱「藤原純友の乱」については以下の別記事にて

みんなが読んでる関連記事

GHQと将門の首塚
「将門の首塚」で事故勃発! GHQがヘタこいた三つの改革とは?

続きを見る

藤原純友の乱
海賊と共に暴れまわった藤原純友の乱! なぜ貴族が瀬戸内海で略奪行為を?

続きを見る

臣籍降下
皇位皇族と関わる【臣籍降下】とは?「姓がある=皇族ではない」の原則

続きを見る

桓武平氏
桓武平氏とその他の平氏~盛り上がったのは将門や清盛の伊勢平氏だけ?

続きを見る

武士の起源
武士はいつドコで生まれた? 諸説ある起源や成り立ちを整理してみた!

続きを見る

藤原泰衡
藤原泰衡と奥州藤原氏の滅亡ドタバタ劇 大河『鎌倉殿の13人』でも注目

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典「承平・天慶の乱」「平将門」
平将門/wikipedia
平将門の首塚/wikipedia
平将門の胴塚/wikipedia

TOPページへ

 



-飛鳥・奈良・平安
-