足利義持/wikipediaより引用

鎌倉・室町時代

足利義持「金閣寺以外ブッコワシ!」室町四代将軍って実は高スペックなの

更新日:

鎌倉にせよ、室町にせよ、江戸にせよ。
各幕府の二代将軍ってかなり地味で、なぜか三代目はそこそこ目立ちますが、四代目になると、また地味になりません?

名前、言えます?

元中三年=至徳三年(1386年)2月12日は、室町幕府四代将軍・足利義持(よしもち)の誕生日です。

まだ南北朝時代のため元号の二つある時代ですが、気にせず義持の足跡を見て参りましょう。

なお、各幕府の初代~四代目は以下の通りです。

鎌倉幕府
初代・源頼朝
二代目・源頼家
三代目・源実朝
四代目・藤原頼経

◆室町幕府
初代・足利尊氏
二代目・足利義詮
三代目・足利義満
四代目・足利義持←今日ココ

◆江戸幕府
初代・徳川家康
二代目・徳川秀忠
三代目・徳川家光
四代目・徳川家綱

 

父の義満は弟に愛情を注いでいた!?

義持は9歳で将軍職を継ぎました。
まだ父の義満が健在だったため、ほとんどの権力を握られたまま22歳まで過ごし、その分、とんとん拍子に官位が上がっております。

しかし、やはり心情的には愉快なものではありませんので、あまり親子仲はよくなかったようです。

一説には義持の異母弟・足利義嗣(よしつぐ)が生母ともども義満に寵愛されていたため、相対的に義持の扱いが冷たくなっていたともいわれています。
この手の「兄より弟が可愛がられたせいでアレコレもめる」というのは日本史に何回出てくるんでしょうね。そもそも古事記からしてそんなんですけど。

こうなると内紛の予感がプンプンしますが、義持は賢明なことに父が亡くなるまで大人しくしていました。

その代わりなのか、義満没後は独自の政策を次々と打ち出していきます。
細かいことが多いので詳細は割愛しますけど、全体的に見ると単なる父への反発というよりは、父の代にあっちこっちにくすぶっていた不満を中和しようとしていろいろやったという感じがします。

異母弟の足利義嗣さん/Wikipediaより引用

異母弟の足利義嗣/Wikipediaより引用

 

明からの使者を追い返す( ´_ゝ`)

その中で地味に大きなことは、明(当時の中国)との関係を改めたことでした。

義満は明から「日本国王」と見なされ、冊封体制(中国の家来になるという意味)に日本が入ることを了承していましたので、当然ながら皇室や朝廷からは大不評でした。

しかし、義満の存命中は対抗できる力のある人がいなかったので、陰でイヤミを言うくらいが関の山。
それを知っていたか知らなかったか。詳細は不明ですが、義持は父の没後、明からの使者を京都に入れず追い返しています。

豪腕父ちゃんの足利義満とは・・・/Wikipediaより引用

足利義満/Wikipediaより引用

現代の外交用語でいえば「ペルソナ・ノン・グラータ」=外交官の着任拒否ですかね。
どうでもいいですけどこれラテン語でして、話術者がいない言語がこういうところで出てくると厨二心をくすぐられます。

「義満の時代に勘合貿易が始まった」というのは皆さん学校で習ったかと思います。
その後、この単語が全く出てこないのは、ただ単に義持の時代に終わってたからなんですね。一応、後に復活してるんですが、そのときの将軍も教科書に出てきませんし。

ちなみに当然明からは激怒されましたが、義持はシカトを貫きました。度胸あるな。

 

金閣寺以外ブッコワシ!花の御所からお引っ越し

そんな感じで、義持は性格だけでなく父のやった事跡にもあまり好意的な印象は持っていなかったようです。

義満が建てたものは金閣以外ブッ壊しています。

住まいも「花の御所」(京都の室町というところにあった足利家の邸宅)から、祖父の足利義詮が住んでいた三条坊門殿に移しています。

しかも義満の四十九日が終わってすぐのこと。
よほど花の御所がイヤだったんでしょうね。

まあ義持にしてみれば、花の御所は幼少期に父から頭を押さえつけられていた記憶が色濃いでしょうから、離れたいと思うのも無理はありません。

義持は義詮没後の生まれなので実際に会っておらず、おじいちゃん子というわけでもないのですけどね。他に適当な場所がなかったか、あるいは三条坊門殿の造りが気に入ったのかもしれません。

元々三条坊門殿が将軍の住まいとされていたのを、義満が花の御所を造ったためそちらに移ったということが気になったというのもありそうですね。この辺全部ひっくるめて、でしょうか。

 

楠木家が暴れ、義嗣がダダこね、関東で上杉が反乱

そんなわけで住まいと気持ちを新たに政務に取り組んでいく義持ですが、上記の通り、時代は未だ南北朝の混乱期。

楠木家の残党が暴れるわ。
弟の義嗣が「ボクの所領少ないんですけど!」とダダをこねるわ。
関東で上杉禅秀(氏憲)という人物が反乱を起こすわととても落ち着ける状況ではありませんでした。

その上、弟は「領地増やしてくれないなら、ボク上杉さんと組んでお兄ちゃんに反乱しちゃうんだから!」(超訳)とまで言ってきます。
頭も胃も痛くなりそうな状況ですね。

上杉のほうは当初テキトーに処理した幕府も、将軍の弟が与するかもしれないとなれば話は別です。
さらに他の大名も何人か加担するおそれがあるということがわかり、本腰入れて解決しなくてはならなくなりました。

そこで関東は戦で、義嗣はブッコロして無事解決……したつもりでしたが、その余波はズルズル長引いて関東で諸々の戦の遠因となります。

これは義持の責任ではないでしょう。
騒動の当事者の一方である鎌倉府(幕府が鎌倉に置いた関東の役所・江戸幕府の京都所司代みたいなもの)ともめたときには、「何さらしてくれとんじゃゴルァ! 解決(物理)すんぞ!」と脅し……説得していますし。

父の負の遺産やら他の反乱やらと平行・連続して事に当たっていたわけですから、むしろ義持の有能さがわかるのではないでしょうか。

 

後小松天皇とは親しく朝廷とは良好な関係

こう書くと父には反抗的、部下には強引なワンマンに見えてしまうかもしれません。

が、義持は朝廷と極めて良好な関係だったそうですので、単なる短気な乱暴者ではなかったようです。
特に後小松上皇とは親しく、後継者について相談されるほどだったとか。

武家政権の時代に幕府と朝廷双方のトップがそこまで良い関係だった例というのも珍しいですよね。

後小松天皇/Wikipediaより引用

後小松天皇/Wikipediaより引用

となると結果的には、ほぼ全方向に対してそこそこ以上の成果を得ていたということになり、政治家としての手腕は父の足利義満以上といっても差し支えないのではないでしょうか。

義持の時代は室町幕府が幕府らしい威容を保っていた時期(当社比)です。

彼自ら兵を率いて戦うということはありませんでしたが、もしそういう時代に生まれていたらきっと名将と呼ばれるような働きをしていたんじゃないかなと思います。勇猛果敢というか剛毅果断というか。

そういうところは、遠い子孫にあたる剣豪将軍こと十三代・足利義輝と似ているかもしれません。

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
足利義持/Wikipedia

 



-鎌倉・室町時代
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.