源頼家

源頼家/wikipediaより引用

源平・鎌倉・室町

史実の源頼家はなぜ北条に暗殺されたのか?鎌倉殿の13人金子大地

大河ドラマ『鎌倉殿の13人』で源頼朝北条政子の間に生まれた男児・源頼家

劇中では何かとトラブルを起こす二代目鎌倉殿として描かれていましたが、史実でも元久元年(1204年)7月18日に、享年23という若さで亡くなっています。

これが非常に不可解な死で……。

鎌倉幕府の公式記録『吾妻鏡』には

「今日、頼家殿が亡くなりました。終わり」(超訳)

程度で済まされているのです。

吾妻鏡
鎌倉幕府の公式歴史書『吾妻鏡』はどのように成立した?鎌倉殿の13人

続きを見る

吾妻鏡は一貫して「北条氏サイコー」というスタンスで書かれているため、同家にとって不都合なことは全て削除されているんではないか?という指摘があったりして、頼家の暗殺もその一つだといわれています。

つまり北条氏=母親・北条政子の実家と仲が悪かったということになるのですが、それにしたって何で殺されることになったのか。

頼家の生涯と共に振り返ってみましょう。

 

源頼家 18歳で鎌倉幕府を背負う

頼家は源頼朝と北条政子の間の子供としては長男(1182年生まれ)で、生まれた直後から「次代将軍」として見られていました。

特に武芸の腕を賞賛され、16歳の時には朝廷から位をもらって前途洋々といったところ。

頼朝が最も信頼していた一人・平賀義信(信濃源氏)に補佐され、本人も自信を持って「トーチャンの次は俺が幕府をリードしてやるぜ!」と思っていたことでしょう。

しかし、頼家18歳のときに頼朝が亡くなると、彼の予想とは違った方向に事態が進み始めます。

源頼朝
史実の源頼朝は一体どんな生涯53年を過ごしたか?鎌倉殿の13人大泉洋

続きを見る

18歳といえば、当時の感覚としては若造とはいえ立派な大人です。

頼家は当初から後継者として見られていたので、しかるべき教育も受けていたでしょう。

なのに北条氏は「頼家はまだ若くて心配だから、これからはデキる人たち13人の合議制にするわ」(超訳)と言い出し、頼家が直接訴訟などを捌くことをやめさせてしまいます。

頼家は反発。

「そっちがその気ならこっちだってやったるわい! 俺の近習(主君の側でいろいろやる人)を通さないと話聞かないからな!!」(超訳)

そう言って真っ向から北条氏にケンカを売りました。

どっちかというと売ったのが北条氏で買ったのが頼家ですかね。

 

母の実家北条氏との争いが激化

しかし、北条氏のほうが一枚上手でした。

どうあっても実権を握りたかった彼らは、頼家の側室・若狭局比企ひき氏=北条氏のライバルであったことを利用して、権力を一気に奪おうと試みます。

源頼家の正室は辻殿(大河ドラマではつつじ

せつ(若狭局)
頼家の嫡男・一幡の母せつ(若狭局)の最期とは鎌倉殿の13人山谷花純

続きを見る

つつじ(辻殿)
史実のつつじ(辻殿)は公暁の母で頼家の正室?鎌倉殿の13人北香那

続きを見る

間が悪いことに、頼家がこのタイミングで重病を発症。

北条氏は「あれじゃどうせ頼家は助からない。今のうちに比企氏を丸ごとやっちまえ」と兵を挙げ、あっという間に比企氏を滅ぼしてしまうのです。

吾妻鏡によれば「一度は危篤に陥った」とされている頼家が、その後あっさり回復しているので、この“重病”もなんだか怪しさがあるのですが……ともかく、この時期の北条氏は怖すぎですね。

北条時政
史実の北条時政も権力欲に溺れていた? 鎌倉殿の13人坂東彌十郎

続きを見る

北条義時
史実の北条義時はドラマに負けず劣らず真っ黒?鎌倉殿の13人小栗旬

続きを見る

若狭局との間にできた子供も亡くなったといわれており、事態を知った頼家は完全に激怒。

軋轢はますます深まっていきます。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-源平・鎌倉・室町
-,

×