まんが日本史ブギウギ 豊臣家

だから豊臣政権は崩壊する~地震加藤の処遇は不遇?まんが日本史ブギウギ178話

後北条氏の征伐から、奥州仕置(東北制圧)へと一気に駒を進めた豊臣秀吉

ついに天下統一と相成りましたが、問題はそこからでした。

「領地」というニンジンをぶら下げ、戦国武将たちの心を巧みに操ってきた秀吉ですが、日本が統一されてしまえば、もはや新たに分捕る土地などありません。

彼らを支配し続けるにはどうすべきか?

まずは政権の安定が最優先――と、思ったら、そうそう簡単には黙ってられないヤンチャ武将が東北にいました。

そうです、我らが政宗さん、その「やらかし」とは一体?

マンガ「日本史ブギウギ」第178話スタート!

 

お好きな項目に飛べる目次

秘策

◆小田原参陣で九死に一生を得た伊達政宗

摺上原の戦い&小田原参陣~政宗の二大イベントは共に6月5日に起きていた

続きを見る

宿願だった会津の地をボッシュートされ、その悔しさから、一揆扇動で統治者の蒲生氏郷へ嫌がらせを実行してしまいます。

まぁ、それがバレてしまい、秀吉のもとへ弁明に出かけるのですが……。

葛西・大崎一揆で政宗が色々やらかす! 氏郷はもう限界?【東北戦国譚】

続きを見る

 

許してねぇよ

◆秀吉のほうが一枚も二枚も……百枚ぐらいも上手ですね。

豊臣秀吉 62年の生涯まとめ【年表付き】多くの伝説はドコまで本当か?

続きを見る

伊達政宗70年の生涯まとめ 数々の伝説ってどこまで本当なの?【逸話正誤表付】

続きを見る

まぁ「憎めないヤツだな……」と思わせた時点で政宗の勝ちでもあるのですが。

 

外国人武将

◆もう一人の当事者・蒲生氏郷は、織田信長にも目をかけられ、娘(冬姫)を正室に迎えていたエリート武将です。

蒲生氏郷は信長の娘・冬姫を娶り豊臣政権へ【織田軍随一の若手エリート】

続きを見る

文武両道の天才的武将・山科勝成さんを配下にしていたとの言い伝えがありますが……。

ローマからやってきて戦国武将をやっている――とは、あまりに漫画な設定であるため、実在は危ぶまれていますね。

蒲生氏郷がキリシタンですので、その辺から若干の信憑性もあるんですかね。

個人的には、蒲生氏郷さんがエリートすぎるゆえに中央から飛ばされたんでは?とも考えてしまいます。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-まんが日本史ブギウギ, 豊臣家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.