歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

マッサン

ジャパニーズウイスキーの歴史~世界五大ウイスキーになるまでの苦闘150年

更新日:

あなたは今、郊外のスーパーマーケットで【酒売り場】に立っています。

まずワイン売り場に進んでみてください。

フランス、ドイツ、チリ、アメリカ、オーストラリア……と様々な国のものが並んでいます。
山梨産も目に入りますかね。

次はビール売り場へ。
サントリーやキリン、アサヒ以外に、イギリス、ドイツ、ベルギー、アメリカ、オーストラリアなど各国色とりどりの缶やビンが並びますね。
最近は、中国やインド、タイなんかも目立つかな。

そして最後。
今度はウイスキー売り場を思い浮かべていただけますでしょうか。

ここで販売されているのは、
・スコットランド
・アイルランド
・アメリカ
・カナダ
そして日本のものだけです。

なんとな~く感じていたかもしれませんが、上記の【世界五大ウイスキー】生産国には、特徴があります。
原産国(スコットランドとアイルランド)と、原産国系の移民国家(アメリカとカナダ)に限られるということ。

自然発生的に各地で出来て、伝播していったワインやビールとは異なり、ウイスキーは原産国の歴史とからみあっており、なかなか作られないものだったのです。

ならばナゼ、日本はその例外なのか?
これには先人たちが抱いた情熱の歴史がありました。

※世界五大ウイスキー以外にもドイツやインドなどでの生産もあります

 

黒船とともに洋酒もやって来た

日本人とウイスキーの出会いは、ペリー来航の嘉永6年(1853年)でした。

ペリー側が浦賀で待機しておりますと、浦賀の与力である中島三郎助、香山栄左衛門らが乗船。
彼らの優雅な仕草と溢れる教養に、ペリーも驚きます。

中島三郎助/wikipediaより引用

「ようこそ! さあ、一杯どうぞ」
アメリカ側は、何種類かの洋酒をふるまいました。

洋酒を楽しんだ与力たちは、明るさと陽気さを見せて、リラックスした様子です。
ペリーの随行員スポルディングの記録には、こう書いてあります。

『日本の香山という高官は、とてもお酒が好きなようです。特にウイスキーがお気に入りのようで、顔を真っ赤にして帰って行きました。』

幕末の日本人は、慣れぬ洋食に四苦八苦したものです。

ただし例外はありまして。
初めて口にした時から好きになってしまうものもあったようです。
特に、酒と果物に関しては「こりゃうまい!」と気に入る人も多かく、香山もその一人だったのでしょう。

ほろ酔い加減の香山は、こう言いました。
「あなたがたと別れるなんて、とても悲しくて涙が堪えられません……」
本心もありましょうが、やっぱり酔っ払っていたんでしょうかねえ。もっと飲みたかったとか?
いずれにしても、なかなかホロッとしてしまいそうな台詞です。

この様子を見て、アメリカ側は「日本人はウイスキーが好きなんですね!」と思ったのでしょうか。
翌年のポーハタン号船上パーティでも、幕臣たちはウイスキーを含めた酒を楽しんだとされています。

徳川家定にも、ウイスキー1バレルが献上されたそうです。
家定が口にしたかどうかは不明ですが。

【関連記事】マシュー・ペリーの意外な接待術

 

スポンサーリンク

ウイスキーは高嶺の花

幕末から維新にかけて、日本は西洋化してゆきます。
外国人向けのホテルのバーでは、ウイスキーが出され、当時、横浜のカルノー商会が輸入していた「猫印ウヰスキー」に人気が集まりました。

ただ……、このウイスキーの正体には謎な部分がありまして。
獅子の紋章を猫と見間違えたのか、それとも猫の印が入ったものがあったのか。
いずれにせよ正体不明なのです。

洋酒の人気というのは、政治情勢とも絡んでいるようです。
江戸時代後期からナポレオンの伝記が伝わって以来、日本人の中にはフランスへの好意的感情がありました。

ナポレオン/wikipediaより引用

【関連記事】ナポレオンに憧れ『那波列翁伝初編』を耽読した西郷隆盛や吉田松陰

それが普仏戦争大敗でフランスの国力が衰えて以来、ちょっとブレーキがかかってしまうのですね。
その結果、ブランデーの人気も落ちてゆきました。

かわって注目を浴びたのが、ウイスキーです。
日英同盟で、日本の強力な同盟相手となったのが、イギリスです。

江戸時代から付いたり離れたりの日英関係 あらためてその歴史を整理してみる

酒もブランデーより、イギリスのウイスキーを飲もうじゃないか、という考えになってもおかしくないところ。
しかし、高級ホテルのバーや、鹿鳴館でならいざしらず、輸入品しかない高級ウイスキーは庶民にとって高嶺の花です。

そんな需要を見越して、薬種問屋で販売を始めたのが模造ウイスキー(イミテーションウイスキー)でした。

輸入した酒精アルコールに、香料とカラメル等着色料を添加したんですね。
あくまで、なんちゃってウイスキーに過ぎないのでした。

 

スコットランドへ飛んだ竹鶴

このままでは、日本人は模造ウイスキーを本物だと思ってしまう――。
そんな状況を見て、危機感を募らせたのが摂津酒造の社長・阿部喜兵衛でした。

日本人も、本物の国産ウイスキーを作るべきではないだろうか。
そう考え、社内の若手技師に誘いをかけたのです。

「竹鶴君。本場でウイスキーを学んでみる気はあるか?」
「はい、もちろんです!」

竹鶴政孝は明治27年(1894年)、広島の「竹鶴酒造」の三男として生まれました。

竹鶴政孝の生家/photo by K.F. wikipediaより引用

厳しい職人であった父から厳格なものづくりへの情熱を学び、大阪高等工業学校(後の旧制大阪工業大学、現在の大阪大学工学部)で理論も学習。
好奇心旺盛で負けん気が強く、まさにうってつけの人物でした。

1918年(大正7年)、神戸港で大勢の人に見送られながら、竹鶴はスコットランドへ。
しかし、グラスゴー大学に籍を置くだけではウイスキー作りを学ぶことはできません。

19世紀末のグラスゴー大学/wikipediaより引用

 

竹鶴は大学で学ぶ傍ら、文献調査に励みました。

そこで入手したのがJ.Aネトルトン著“The Manufacture of Whisky and Plain Spirit”です。

この本は現在でも使えるほど素晴らしいウイスキー作りの一冊。
これだけでは納得できないのが竹鶴でした。

 

スポンサーリンク

竹鶴ノート誕生

感銘を受けた竹鶴は、ネトルトン本人を訪ね、教えを請いました。
しかし、あまりに高額な授業料を請求され、断念せざるを得ません。

そこで竹鶴は、多くの蒸留所を尋ね、修行させて欲しいと頼み込みます。

1920年(大正9年)。
念願かなってついにホワイトホース社のヘーゼルバーン蒸留所で、見習いとして働くことができるようになりました。

ホワイトホース社会のグエンエルギン蒸留所・竹鶴が働いた場所とは異なります/photo by Andrew Wood wikipediaより引用

3ヶ月間の見習い期間で、様々な技術を学ぶうちに竹鶴は周囲にも認められ始めます。

「やるでねえが、あの日本人。他の奴らはやりたがらねえこどもやりたがる。てえしたもんだ」

蒸留所の人々はそう言い合いました。
清掃作業は誰からも嫌われるものでしたが、竹鶴は洗いながら構造を覚えるため、進んで作業していたのですね。

3ヶ月間の見習い期間、竹鶴は常にノートを取っていました。
上司の岩井喜一郎に報告するためのノートは「竹鶴実習ノート」、あるいは単に「竹鶴ノート」と呼ばれております。

この一冊のノートこそ、日本のウイスキー誕生には欠かせないものとなるのでした。

ちなみに岩井は、後にこのノートを元にウイスキーを製造しておりまして、「マルスウイスキー」ブランドとして残っています。
知名度では劣るものの、その品質は本物。
ウイスキーファンなら一度は味わってみたい逸品です。

ノートそのものは、後にニッカウイスキーに返還され、余市蒸留所で展示されております。

 

「ウイスキー、うちでやってみなはれ」

この年、竹鶴は、スコットランド人の愛妻・リタを連れて、日本へ帰国します。

ここで竹鶴は、思わぬ壁にぶつかりました。
当時の日本は、第一次世界大戦の特需が終わり、反動の不況に襲われていたのです。

摂津酒造も到底新事業に取り組むだけの余裕はありませんでした。

ウイスキー作りがかなわぬまま、竹鶴は1922年(大正11年)に退社。
教師として働く生活に入ります。

くすぶる竹鶴の手を差し伸べたのが、鳥居信治郎です。

幼い頃から丁稚奉公先で洋酒を扱っていた鳥居は、洋酒に強い憧れを抱いておりました。
1899年(明治32年)には、20才の若さで「鳥居商店」(後の壽屋ことぶきや・サントリー)を起業。

1907年(明治40年)販売の「赤玉ポートワイン」(現赤玉スイートワイン)で大ヒットを記録し、上り調子のビジネスマンだったのです。

当時話題をさらった「赤玉ポートワイン」のヌードポスター/wikipediaより引用

赤玉ポートワインのヒットで、不況など気にならないほど潤沢な資金があった鳥居。
これからは本格的なウイスキーの時代だと確信し、スコットランドから醸造学の権威である博士を招聘することにしました。

しかし、博士はこう言ったのです。
「わざわざ私を招かなくとも、竹鶴という若い日本人が、ウイスキー作りについて学んだはずですよ」
「なんや竹鶴君のことか! すっかり忘れとったわ!」

実は鳥居は、摂津酒造に腕のいい竹鶴という技師がいることも知っていましたし、竹鶴の留学時に見送りもしていました。
灯台もと暗しとはこのことでしょう。

鳥居は4千円、現在ならば何千万という多額の年俸を提示し、竹鶴を鳥居商店に雇い入れます。

「ウイスキー作り、うちでやってみなはれ」
こうして日本産ウイスキーへの一歩を踏み出したのです。

 

スポンサーリンク

山崎蒸留所誕生

鳥居が日本初の蒸留所として選んだのは、山崎でした。
現在も山崎ブランドのウイスキーは、酒好きにとって憧れですね。

サントリー山崎蒸留所遠景/photo by Bergmann wikipediaより引用

さて、この山崎。
なぜ選ばれたのか?
というと、もちろん理由があります。

・名水の地である
古くから名水の地として有名で、千利休が茶室を構えたことでも知られています

・験担ぎ
豊臣秀吉が明智光秀を破った「山崎の戦い」は、この付近で行われました。
勝負事の分かれ目になる「天王山」の由来でもあります。
これからウイスキーで勝負を賭けよう!というときに、この地を選ぶというのは野心まんまんではないですか。

かくして1924年(大正13年)、記念すべき日本初のウイスキー蒸留所が創業を開始しました。

 

国産ウイスキー第一号「白札」の失敗

1929年(昭和4年)、ついに国産ウイスキー第1号となる製品が世に送り出されました。
「サントリー白札」(現サイントリーホワイト)です。

サントリーホワイト/photo by KASEI wikipediaより引用

宣伝にもこだわりました。

「醒めよ人! すでに舶来盲信の時代は去れり 酔わずや人 我に國産至高の美酒 サントリーウヰスキーはあり!」

これからは国産ウイスキーの時代だ、そう高らかにうたう広告が、全国紙を飾るのです。
価格は4円50銭。
当時の輸入ウイスキーでも4円台からありましたから、かなり強気な価格でした。

しかし……。
「なんやこれ、煙臭いわあ」
「焦げとるんかいな、これ」
「薬臭くて飲めたもんじゃねえなあ」
散々な評判でして。
壽屋(ことぶきや)は、返品の山を抱えることになってしまうのです。

このあたりは、ウイスキーの構造的欠点です。
ウイスキーのピート臭は、イングランド人でも当初は敬遠したほど。

【関連記事】スコッチウイスキーの意外な歴史 「田舎者の密造酒」が「連合王国の名産品」となる

熟成期間も不足していました。
蒸留所ができてからわずか5年ですから、熟成期間はもっと短いでしょう。
これではまろやかさよりも、荒々しい風味が前面に出てしまっても、仕方ありません。

白札の失敗を受けて、1930年(昭和5年)には「赤札」(現在サントリーレッド)が発売されたものの、こちらも売れません。

サントリーのウイスキーがヒットしたのは、1937年(昭和12年)発売の「サントリーウヰスキー12年」(現サントリー角瓶)がはじめてのことです。
日本人の味覚にあう商品への試行錯誤ももちろんありましたし、原酒の熟成がやっと十分になったということも、大きな要素でした。

このあと、戦争を経て1950年(昭和25年)に発売された「サントリーウイスキー黒丸(現サントリーオールド)」も大好評。
サントリーウイスキーは、日本人にとって欠かせないものとなったのです。

ちなみに「白札」と「赤札」も、現在ではそれぞれ「ホワイト」と「レッド」という名前でサントリーの廉価版定番商品として定着しています。

 

スポンサーリンク

竹鶴、余市で理想のウイスキー作りを行う

「白札」、「赤札」と失敗を重ねる中で、竹鶴は鳥居との違いを感じるようになりました。

日本人の味覚にあわせ、和食とともに楽しむことを前提とした鳥居。
ともかく本場の味を大事にし、妥協しない竹鶴。

どちらが正解でもありません。
ただ、姿勢が異なったのです。

一切の妥協をしないウイスキー作りを自力でしたい――。
竹鶴は、次第にそう考えるようになりました。

そして1934年(昭和9年)。
10年間にわたる「壽屋」での勤務を終えて、竹鶴は円満退職。
「大日本果汁株式会社」を設立します。

竹鶴がここだと目を付けたのは、北海道余市町でした。

ニッカウヰスキー余市蒸溜所/photo by 663highland wikipediaより引用

余市町は、明治維新のあと旧会津藩士の入植した町で、日本初のリンゴの栽培地です。
そのため、リンゴ加工品を作ることができました。
ニシン漁も下火となっており、漁師を人手として確保できます。

余市川の流れは、よい水でした。
気候もスコットランドによく似ており、なによりウイスキー作りに欠かせないピート(泥炭)も取れるのです。

本場スコットランドのウイスキーに近づけたい竹鶴にとって、ここはまさしく理想の土地でした。

余市蒸溜所の旧竹鶴邸/photo by 663highland wikipediaより引用

1936年(昭和11年)、ウイスキー生産開始。
原酒を熟成する間は、リンゴ加工品を生産販売しておりました。1938年(昭和13年)からはアップルワインも販売しています。

そして初のウイスキーが発売されのは、1940年(昭和17年)のことでした。

しかし、当時は戦争の最中です。ウイスキーが売れるはずもありません。
敵国イギリスの出身だとして、愛妻リタが迫害を受ける中、竹鶴はジッと時を待つ他ありませんでした。

戦火の中で、ウイスキーは静かに熟成の時を待っていたのです。

 

戦後のウイスキーブーム

長い戦争がやっと終わった1945年(昭和20年)。
闇市では安酒が出回り、進駐軍がバーやキャバレーで痛飲している頃、被災を免れた原酒や穀物を用いて、ウイスキー作りは続けられました。

壽屋(ことぶきや)では1946年(昭和21年)に「トリスウイスキー」の販売を開始します。
安価なウイスキーは、庶民に手が届くとして人気を集めました。

昭和30年代には、東京や大阪といった大都市圏には、トリスが飲める「トリスバー」も大流行しております。
ここではトリスのソーダ割りである「ハイボール」を提供しました。

庶民が手を出せて、気軽に飲めて、大人気。
戦後になってようやく、当初の理想である日本人にとってのウイスキー環境が整ったのです。

ウイスキーとは、高度経済成長とぴったりはまった、そんな酒でした。
冷蔵庫の普及で、オン・ザ・ロックも気軽に楽しめるように。

「壽屋」は「サントリー」に、「大日本果汁」は「ニッカ(日果)ウヰスキー」に変更され、ウイスキーは国民的な酒となります。

1980年(昭和55年)、サントリーオールドは1200万ケースの出荷を達成。
1億4400万本という出荷本数は、世界一の売り上げ記録となりました。

ただし、ウイスキーというのは難しく、原酒生産量の調整が難しいのです。
1980年代をピークに、日本のウイスキーは低迷期を迎えます。

実は、今このことがマイナスの影響として響いているのです。

2010年代後半から現在にかけてのハイボールブームや、2014年放映の朝ドラ『マッサン』の影響でウイスキー消費量は再び増えました。
ところが、です。
1980年代以降の生産量低下によって、原酒不足という事態を招いているのです

今や、世界的にも名声を経て、国内外から熱い視線を集めるジャパニーズウイスキー。
意外や意外、現在、ピンチだというのです。

飲む人が増えたから生産を増やす、しかし30年後も人気があるかわからない。
ウイスキーはなかなか大変なものなのです。

ボトルに詰まった苦労と歴史。
そのことに思いを馳せつつ、今夜、一杯、楽しんでみませんか。

文:小檜山青




スポンサーリンク


【参考文献】
ジャパニーズウイスキー (とんぼの本)
ブレンデッドウィスキー大全』土屋守

 

-マッサン

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.