日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

骨喰(京都であそうぼうHPより)

スポンサーリンク

週刊武春 剣豪・武術・忍者

布都御魂剣、破邪の御太刀、雷切、姫鶴一文字…カッコよすぎる刀のネーミング10選!

更新日:

古来、刀には「名前」が存在してきました。ある時は己の生命を預ける武器への愛着を込めて、またある時はその刀にまつわる伝説から誰ともなく名づけられる―。

小説やマンガなどフィクションの世界でも特別な刀剣には様々な願いの込められたカッコいい名前が付けられていますよね。さしずめ近年の白眉では人気マンガ「BLEACH」に登場する、本当の名前を呼ぶことでその能力を解放する刀の数々でしょうか。

ここでは刀の作者の名前で表す、いわゆるブランドとしての「銘(めい)」と、前述のように意図的に、あるいは自然発生的に付けられた通り名としての「号(ごう)」とをふまえ、

あまりにもカッコよすぎる刀のネーミングをご紹介したいと思います。

なお、すべてが実在する(あるいはした)刀ですので、とくとごろうぜよ!

 

その1 「獅子王(ししおう)」

初っ端はコレしかない!と思うほどインパクトのある名前のこの刀。鵺退治で有名な「源頼政」の愛刀として知られています。あまりにカッコよすぎて思わず「卍解!」と叫んでしまいそう。この刀で鵺に止めを刺していたらたぶん「鵺斬り」とかになったんだろうなあ。

獅子王でよかった!

源頼政(Wikipediaより)

 

スポンサーリンク

その2 「小烏丸(こがらすまる)」

平氏一門に代々伝えられた宝剣、小烏丸。桓武天皇の時代に伊勢神宮より遣わされた大烏の羽にしまわれていたという伝説をもっています。

日本刀の造りながら、刀身の上半部は諸刃の「剣(つるぎ)」になっているという「鋒両刃(きっさきもろは)造り」の珍しい刀剣です。

これは歴史的に朝敵征討に赴く将軍に対して天皇が授けるということから、旧軍時代の「元帥刀」は小烏丸と同じ造りになっていたそうです。

元帥佩刀を佩用する元帥武藤信義陸軍大将(Wikipediaより)

 

スポンサーリンク

その3 「布都御魂剣(ふつのみたまのつるぎ)」

神話上の初代天皇である「神武天皇」がヤマトの地を目指す途中、熊野の山中で土着の神の毒気に当てられてしまい、彼の軍勢は眠りこけて前に進むことができなくなりました。

そこで助太刀のために天上界から遣わされたのが神剣・「布都御魂剣(ふつのみたまのつるぎ)」です。この剣の霊力によって蘇生した神武一行はやがて無事にヤマトの地へとたどり着きます。

奈良県天理市の「石上神宮(いそのかみじんぐう)」ではこの剣を御神体として祀っているといわれ、武神を祀る茨城県の「鹿島神宮」には「二代目・布都御魂剣」とされる3m近い直刀が国宝として伝わっています。

神として祀られたふつのみたまのつるぎに擬して鹿島の大神の佩力(はいとう)として鍛えられたのが当宮に伝わる直刀であります。
奈良時代に鍛造(たんぞう)されたと推定される直刀のとっての長さは271センチの長大なものであり、鍛錬(たんれん)の完成度、高い技術力には驚嘆させられます。(鹿島神宮HPより)

 

ご神体としてまつられている奈良県の石上神宮の本殿(国宝、Wikipediaより)

 

その4 「破邪の御太刀(はじゃのおんたち)」

なんと全長4.6mにもおよぶ「世界一長い日本刀」!山口県下松市の花岡八幡宮所蔵の刀で、市の指定有形文化財となっています。

1859(安政6)年の花岡八幡宮の式年大祭に合わせて氏子が刀匠「藤原国綱」に製作を依頼、砂鉄三百貫(1,125kg)を使用して鍛え上げ、川をせき止めてその水で焼き入れ(冷却)して仕上げたと伝わっています。幕末という比較的新しい作刀ですが、その威風はまさに破邪顕正の凄まじさを感じさせますね!

 

その5 「骨喰藤四郎(ほねばみとうしろう)」

でました!もう聞くからにヤバそうなのが!!この号である「骨喰(ほねばみ)」というのは、斬る真似をしただけで相手の骨が砕けてしまうような威力を感じさせる剛刀を意味しており、薙刀を刀に造り変えた「薙刀直し」の刀となっています。

鎌倉時代の作とされ、源頼朝から九州の武将・大友氏に与えられ、さらに足利将軍家に献上されて代々宝刀として受け継がれたといいます。

筆者的にはイチ押しの刀剣ネーミング!これって英訳するとしたら「Tohshiro ‘The Bone Eater’」なんてなるんでしょうかねえ!

骨喰(京都であそうぼうHPより)

京都の豊国神社にある骨喰藤四郎(京都であそうぼうHPより)

 

その6 「雷切(らいきり)」

以前の記事、「切れすぎだろ!古今東西トンデモ名刀 伝説ベスト7」でも取り上げた名刀「雷切(らいきり)」。戦国時代の武将、「立花道雪」が木陰で雨宿りしていたところその木を雷が直撃!ところが半身不随になりながらも一命を取り留めたため、人々は道雪が「雷神を斬った」と噂しました。それ以来、彼は愛刀の名をこれまでの「千鳥」から「雷切」へと改めたといいます。刀身には高圧電流が通った証拠とされる白く変色した痕跡が確認できます。

命がけのカッコよすぎる名前ですね!

 

その7 「祢々切丸(ねねきりまる)」

昔々、日光の山中に「祢々(ねね)」という妖怪が棲んでおり、近隣の住民は常に脅かされていました。しかし誰も祢々を退治することができず、困り果てていたところ「二荒山神社(ふたらさんじんじゃ)」に安置されていた太刀が独りでに抜け、祢々を仕留めて里に平安をもたらしたといわれています。このことから「祢々切丸」と名付けられたこの刀はなんと刃長2.2m、全長3.4mの大太刀であり、現在でも栃木県日光市の二荒山神社に展示されています。

ぜひ、妖怪斬りの神剣をご覧あれ!

山金造波文蛭巻大太刀(号祢々切丸)(日光二荒山神社HPより)

 

その8 「一期一振(いちごひとふり)」

短刀造りの名手として知られ、日本刀の代名詞ともいわれる「正宗」と並び称される鎌倉時代中期の名工、「粟田口吉光(あわたぐちよしみつ)」。短刀ばかりを打ち続けた彼が生涯にただ一振り残した長刀が「一期一振(いちごひとふり)」です。

朝倉氏、毛利氏、豊臣氏、徳川氏と歴代戦国武将の手を経て、現在は皇室所有の「御物(ぎょぶつ)」となっています。

伝説のマエストロがただ一振り鍛え上げた名刀。まさにプレミアム!

 

その9 「姫鶴一文字(ひめつるいちもんじ)」

越後の龍・上杉謙信とその後継者、上杉景勝の愛刀とされる「姫鶴一文字(ひめつるいちもんじ)」。この美しい名前の刀にはこんな伝説が残されています。ある時、謙信はこの刀を戦場で振るうには少し長く感じていたため、研ぎ師に命じて磨り上げ(すりあげ・研磨によるサイズダウンのこと)ようとしました。

すると二晩続けて研ぎ師の夢枕に「鶴」と名乗る美しい娘が現れ、刀を縮めてしまわないよう懇願したといいます。いぶかしく思った研ぎ師はそれを腰物係(刀剣管理の職員)に話すと、彼もまた全く同じ夢を見たというのです。このことを耳に入れた謙信は姫鶴一文字を磨り上げるのを中止したとされ、何とも幻想的なエピソードとなっていますね。

 

その10 「ソハヤノツルギ」

本来は伝説の征夷大将軍・坂上田村麻呂の愛刀とされ、徳川家康がそれを模して造らせたという業物です。現在は重要文化財として久能山東照宮に所蔵されており、茎(なかご)には「妙純伝持 ソハヤノツルキ ウツスナリ」と文字が切ってあります。家康は臨終の際、いまだ情勢の安定しない西国を憂慮し、この刀の切っ先を西に向けて安置するよう言い残したとされています。

名前の由来はよくわかってはいませんが、太刀行きが速く鋭いイメージを起こさせ、刀剣のもつ武威を十分に感じさせるカッコいいネーミングではないでしょうか!

スポンサーリンク

帯刀コロク・記

 





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日のあらすじ感想レビューは……

-週刊武春, 剣豪・武術・忍者
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.