麒麟がくる感想あらすじ

麒麟がくる第31回 感想あらすじ視聴率「逃げよ信長」

こちらは4ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
麒麟がくる第31回感想あらすじ
をクリックお願いします。

 

誰のおかげでその酒が飲めるのか!

そして光秀が、やっと京・妙覚寺へ戻ります。

出迎えるのは藤吉郎。一足先に帰り着き、待っていたのだとか。二手に分かれて以来案じていたと光秀は感慨深げに言います。

しかし、その藤吉郎が悔しさのあまり泣き出してしまう。

光秀が驚き気遣うと、彼は言葉を搾り出します。

誰も信じてくれませぬ。わしが、この藤吉郎が、殿を務めたことを。

お前如きに殿が務まるわけがない。頃合いを見て逃げ帰ったのであろうと。

明智は帰らぬ。お前はここにおる。それがその証じゃ……。

光秀はそんな訴えを聞き、怒りを見せつつ、奥へと向かってゆきます。

そして、木下殿は立派に殿をつとめられたと勝家らに宣言する光秀。誰のおかげでその酒が飲めるのか!とまで言い切ります。

そうやって自分をかばった光秀に、藤吉郎は感謝を見せる。光秀はその後、信長の元へ向かいます。

 

信長には次がある

当の信長は、部屋で寝転がっていました。周囲には書状が散らばっている。

互いの無事を確認し終えて、信長は光秀を労います。

それから帰蝶からの文を投げるのでした。此度の大きな戦、勝ったか負けたか誰よりも早く知りたいのだと。

その返事をなんと書けばよいのか?

御所にも行かねばならない。帝に何を申し上げたものか?

そう思い悩む相手に、光秀はこう言い切ります。

「此度の戦、負けと思うてはおりませぬ」

信長がまだ生きている。生きておいでなら、次がある。次がある限り、やがて大きな国が作れましょう。大きな国ができれば平穏が訪れ、きっとそこに麒麟がくる――。

麒麟? そう不思議がる信長。光秀はさらに夜通し馬を走らせておるとき、ふとその声を聞いたような気がしたと続けます。

「麒麟の声をか? どのような?」

「信長には次があると」

ここで信長は笑い出します。二条城へ赴き、公方様にそう報告すればよいと。浅井の大軍3万を相手に、結束力の強さは信長だからこそ。そう帝にも貴重にも報告すれば良いと告げるのです。

「次か」

信長は動き出します。

負けを認め、次を目指す姿がそこにはありました。

 

MVP:三英傑と光秀

今回は三英傑揃い踏みであり、その価値観や本質が強調される回でした。

間違いなくターニングポイントです。

このドラマのみならず、大河ドラマそのものまで変えるような、そんな意義を感じます。

長いけれども、まとめてみましょう。

 

織田信長:【創業】の英雄

本コーナーで何度も指摘してきましたが、従来の信長像で一つの到達点はAmazonプライム『MAGI』の吉川晃司さんでしょう。

本作の信長は、そんな、カッコいい、誰もが憧れる像を破壊してきました。

信長は、激しすぎる自分自身にも傷ついていて、慎重なようで杜撰、敏感なようで鈍感、ぶれる幅が大きくて難しい人物です。

あんなすごい唸り声をあげるくらいワイルドなようでいて、帝と帰蝶への報告で悩んでしまう。

褒められたい要求もあるけれど、同時に失望されることへの恐怖とも紙一重であるのです。

東洋の伝統では定義がなされていて、信長と同じタイプの曹操始皇帝は、東アジアでもとりわけ日本で人気があります。

後述する【守成】よりこちらの人気が高い傾向があるのです。

曹操もカッとなって家臣を殴り飛ばしたりして、自分のそんな短気を反省しています。

詩人だけに彼の心理はしっかり残っています。一部抜粋したので、ヤケになってしまう彼のストレスを感じてみましょう(紫色の文字=現代語超訳)。

曹操『短歌行』

対酒当歌
酒に対しては当(まさ)に歌うべし

酒を前にしたら歌うしかねえわ

人生幾何
人生は幾何(いくばく)ぞ

人生なんだってんだよ

譬如朝露
譬(たと)えば朝露の如し

どうせ朝露みたいに消えちまうだろうし

去日苦多
去りし日苦(はなは)だ多し

過ぎた日々があまりに多いし

慨当以慷
慨(がい)して当にもって慷(こう)すべし

黒歴史思い出すと気分どんよりするし

幽思難忘
幽思忘れ難し

暗い気持ちがなかなか去らねえわけよ

何以解憂
何をもって憂いを解かん

ストレス発散マジでどうすんのよ

唯有杜康
唯(ただ)杜康(とこう)有るのみ

酒を飲むしかねえだろオイ!

人生をよりよくしようと思い、一歩進むと、また別の困難がやってくる。一段階あがると、新たな問題がどっと襲ってくる。

そう思えば、若い頃はなんて楽だったのでしょうか。

好きなイベントに行けるだけで盛り上がり、試験に合格して目標を達成できて……人生は歩めば歩むほど複雑で、喜びがなくなっていくようだ。

そういう複雑な迷路に、光秀も信長もはまりこんでいくようで。高みを目指し続けることの厳しさがそこにはあります。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-麒麟がくる感想あらすじ
-

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)