麒麟がくる感想あらすじ

麒麟がくる第32回 感想あらすじ視聴率「反撃の二百挺(ちょう)」

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
麒麟がくる第32回感想あらすじ
をクリックお願いします。

 

藤吉郎と共に堺へ

場面変わって、獅子舞が鮮やかな堺へ。

光秀は木下藤吉郎とともにおります。

なんでも殿(しんがり)を請け負った藤吉郎は信長に叱られたとか。殿で奮戦したのは良いにせよ、その過程で鉄砲を失ってしまった。補わねば次はないと言われたそうです。

って、厳しいぞ、信長!

堺の今井宗久に買い付けを頼んだそうで。明智十兵衛ならば顔見知りということで、このコンビで来ました。秀吉は、光秀の人脈をおだてながら、堺の町にウキウキワクワクです。

しかし、遊女が袖を引いてもそっけない藤吉郎……と、ここでちょっとひっかかりませんか?

秀吉は歴史上「女好き」として知られます。そこを重視したら、もっとフランクでフレンドリー、ちょっと鼻の下を伸ばす場面でも入れて笑いに変えてもよさそう。

けれども、そっけない。

女好きとは言われるけれど、女そのものが好きなのか、それとも所有欲や征服欲から来ているのか?

秀吉の出自をふまえれば、身分の高い女を手に入れることとは下剋上そのものです。しかし遊女にはそうでもない?

考えすぎかもしれませんが、本作は何気ない場面が怖くて、ここでも秀吉の心の深みにまで到達しそうで……。

豊臣秀吉
豊臣秀吉 数々の伝説はドコまで本当か? 62年の生涯まとめ【年表付き】

続きを見る

二人は今井宗久に出会い、早急に鉄砲300挺が欲しいと依頼します。

宗久は明智様においでいただいたとはいえ、荷が重いと返すばかりです。

どうしたらその荷が軽くできるのかと光秀が問いかけると、今朝ほど250挺お約束したばかりとのことでした。

藤吉郎の目が、ここでギラリと光る。

購入したのはどこの大名なのか? そう問い詰めようとしても、商い相手は秘中の秘、教えるわけにはいかないと返す宗久。

「ほう……」

ここでの藤吉郎がやはり怖い。本作の秀吉は、いちいち怖いので本当に見ていて寒気がする。

藤吉郎は脅迫じみたことを言い出します。

2年前、堺の商人が三好に味方し、信長から罰として2万貫支払いを命じられたことを覚えているだろう。

「まさか同じ道を歩もうと言うのではありませぬな? 三好の一党に、その鉄砲を売るのではあるまいな?」

緊張感の走るこの場面――光秀が「ははははは!」と笑いとばします。

今井宗久殿はそのようなお方ではない。信長の上洛を陰で支えたとまで言い切る。

これは藤吉郎は知らない情報なのでしょう。

茶でもいただきながらゆっくり話そうと提案します。

 

茶会の名簿に

「茶?」と不思議がる藤吉郎。

宗久殿は商人であり、茶人でもあると光秀は説明。久方ぶりにお手間を拝見したと促します。

すると宗久は、ちょうど本日夕刻、顕本寺で茶会を行うと言い出し、「よろしければおいでくださりませ」と言います。

今井宗久(麒麟がくる/陣内孝則)は信長に重用された堺の大商人&茶頭!

続きを見る

それにしても、本作は茶人のルーツまでたどっていくようでおもしろい。

千利休切腹の理由も、見えてくるものがある。

軍事物資を含めて提供してきた実例もあること。利に聡いこと。当時の新たな価値観と金を生み出すこと。

茶人が無害? いやいやいや……死なねばならぬ理由も、時にはあるということでしょう。

光秀たちは宿に戻り、藤吉郎が陽気な態度で茶道を練習しています。

と、ここで光秀に茶会参加者の名簿が届きます。

茶人の中に、筒井順慶が混じっている――。

商いの相手は言えませんが、茶会参加者は言える。この名簿のうち、大量の鉄砲を必要とするものは、消去法でいけば一人しかいない。

面目を保ちつつ、購入者を明かす宗久ですね。

しかし筒井順慶は、織田信長の同盟相手である松永久秀の宿敵です。諦めるほかないと光秀が浮かないでいると、藤吉郎はせっかくだから筒井の顔を拝んで帰ると言い出します。

そしてここで、藤吉郎はもう一人の参加者に気づきます。

なんと、あの駒でした。

 

大和の大名・筒井順慶

顕本寺に着くと、茶会開始まで歓談して待つようにと案内されます。

そこへ筒井順慶が入ってきます。

筒井順慶とは――「洞ヶ峠を決め込む」という創作エピソードが一人歩きしてしまい、『信長の野望』シリーズはじめ、各種ゲームでは地味な弱小大名扱いをされる。

敵対していた大和の松永久秀がキャタクターとして立っているだけに、割りを食っている感もあります。

そんな筒井順慶が、こうも存在感を放ちながらそこにいて……なんだか感慨深い。

駿河太郎さんの僧形が、あまりに自然。なにかすごいものを見せられている気もします。

筒井順慶(大和の戦国大名)36年の生涯! 松永と戦い 明智と豊臣に挟まれ

続きを見る

順慶と光秀、藤吉郎が挨拶をしたところで駒も入ってきました。

彼女の役割がまた絶妙で。順慶は、駒が光秀を美濃時代から知っていることを語ります。光秀が驚いていると、芳仁丸を家来衆に配っているからだと駒が説明します。

駒のビジネスはしみじみとすごいことになっていますね。

ここで光秀こそ、公方様上洛のキーパーソン、道筋をつけた方だと順慶が言うと、当人は謙遜し戸惑っています。

むしろ横の藤吉郎がノリノリで、光秀の功績を強調する。

明るいノリで、佐々木蔵之介さんがぱーっと演じるから、陽キャの王者のようではありますが、一方でそれを利用する気満々なのが、これまた怖いんですってば!

秀吉と光秀が共同作戦を実施し、信長を殺す……秀吉が光秀の“宿敵”であり、性格的な相違点もあるからには、それはないと思います。

 

駒様への話は公方様に筒抜け

どうやら順慶にも野望が芽生えているようです。

大和でささやかな父祖伝来の地を守るため、大敵と戦っている。それでも信長のことは把握しており、その家臣である光秀との出会いが嬉しいと語るのです。

「筒井様は鉄砲の買い付けに参られたとか」

藤吉郎が低い声で言い、光秀の袖を引っ張ります。声だけでなく、袖を掴む指までおそろしく見えてしまう。佐々木蔵之介さんはどういう演技をしているのか……。

「少々ご無礼をいたします」

藤吉郎が光秀を室外へ出るよう促すのですが……軽く笑いつつ「しばし」と言い、順慶が目を動かす。全部、何気ないようで、迫力があって、おそろしいものがあります。

外に出た藤吉郎は、鉄砲の話のことを光秀に念押し。同時にこんな話も切り出します。

「あの駒殿でございますが。噂ではこのところ、公方様のご寵愛を一身に受け、政所の摂津様も駒様、駒様、様付けで下にも置かぬ扱いだともうします。つまり、明智様が筒井様にお話しなさることは、全て公方様に伝わると思われてお話なさるのがよろしいかと……」

光秀はそれを聞き、中へ戻ります。

それにしても駒はえらいことになりました。

画期的なヒロインです。オリジナルキャラクターで、こうも大物と付き合い、寵愛を受けているとなれば、絶世の美女を想定することかと思います。

けれども駒はちがう。年齢的にも、若くはありません。その知恵と、生み出す商品、教養。そうした要素で、ここまで大事な人物になったのです。

今回の冒頭で、光秀との論戦は苦しいものになりえると証明済みです。

光秀はこの特技を生かし、鉄砲200挺を譲っていただけないかと問い詰めています。

順慶は妥協する。

明智様の申し出でも160挺は……と言葉を濁す。光秀は譲らず、戦が迫っていると迫ります。と、ここで駒が助力します。

「筒井様、私からもお願い申し上げます。信長様の戦は、公方様の戦でもあります」

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-麒麟がくる感想あらすじ