青天を衝け感想あらすじ

青天を衝け第3回 感想あらすじレビュー「栄一、仕事はじめ」

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
青天を衝け第3回感想あらすじ
をクリックお願いします。

 

国難に一丸となって立ち向かう日本人

そして三ヶ月後。黒船来航です。

無茶苦茶でっかい船がきた!

当時の人々が右往左往してしまうのは、清の悪夢があったから。日本を同じ目に遭わせてはいけません。

「心を一つにして戦わんと」

そう誓います。一丸となったからこそ、日本は植民地化されずに近代へ歩むことができた。と、そういうことでしょうか。

こんな国難の折、斉昭が作り献上した大砲が大評判です。

そしてそれを見た民たちが狂喜乱舞していると語る阿部正弘。

阿部正弘
阿部正弘が有能すぎて死後に幕府が崩壊?勝を抜擢した老中の実力とは

続きを見る

この国難はやはり慶喜しかいない――そんな中、12代将軍・家慶が亡くなります。

家祥(のちの徳川家定)では頼りない。

徳川家定
十三代将軍 徳川家定って何だか可哀想 篤姫の夫として期待されながら

続きを見る

ペリーの対応をするには……と、処分は解かれ、斉昭は海防参与となります。

斉昭も藤田東湖も「快なり』と大喜びで興奮。

徳川斉昭
史実の徳川斉昭は幕府を揺るがす問題児だった? 青天を衝け竹中直人

続きを見る

藤田東湖
史実の藤田東湖は水戸藩を動乱させた危険人物?青天を衝け渡辺いっけい

続きを見る

武蔵国では、若者たちも彼らなりに国の行く末を案じています。

すると、囚人であった高島秋帆が解放されて護送されてゆきます。

冤罪だったそうです。きっと幕政ではこんな理不尽な囚人がいたのでしょう。

そんな彼に栄一はおそれず声をかけます。

何か思うところはあったのか、お互い覚えていました。

このままでは国が終わると焦燥感を募らせる栄一と、それに応じる秋帆。秋帆は栄一のおかげで生き延びたそうです。

BGMがよい場面を盛り上げます。

栄一はかくして、国を守ることに目覚めたのでした。

 

人の役に立ちたい!

しかし、なんと藍が虫にやられてしまいます。

「こうなったら買ってくるしかない!」

「自分も行く!」

父にそう訴えても子供扱いされて悔しい栄一。

一方で、当てにされては困る人物もいます。慶喜です。

松平慶永が「将軍になって欲しい」と望まれているそうですが、父上の傀儡は嫌だとキッパリ。建議も破り捨ててしまいます。

こんなに聡明そうなのにどこか冷たい。そんな慶喜です。秀逸なキャラクター像ですね。

一方、人の役に立ちたい栄一は、母に頼んでやっと藍の買い出し許可を得ます。

すぐさま問題を見抜き、相場よりも高い金で買いつけ、さらに来年以降につなぐ。栄一の商才が光る場面。

伏線ですね。これには父も納得するのでした。

 

MVP:藍を作るみなさん

埼玉には藍というすばらしい産業があるとわかります。

郷土歴史館で産業ビデオを見ているようなシーンもありました。

 

総評

日曜の夜は、爽やかでいたい。

月曜日から辛い一週間が始まり、ましてやコロナ禍の時代です。

軽くて安心できる夜を過ごすには、どうするか?といった時代のニーズを見据えたドラマですね!

と、総評はさておき、以下、いささか本作に対して辛辣な言葉が続きます。

青天を衝けファンの皆様はおそれながら、ここでお引取りください。

本作に「なんか、違和感あるなんだよねー」と感じている方は、その正体を探ってみてください。

では。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-青天を衝け感想あらすじ
-

×