日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

武田・上杉家 その日、歴史が動いた 北条家 合戦

立河原の戦い~関東支配と上杉家を巡る名門と下克上男のややこしすぎる争い

更新日:

 

上杉家のお家騒動に色々絡んでややこしい

今は都会といえば東京ですよね。
しかし、東京=江戸が都会になったのは家康が秀吉に飛ばされ……もとい、関東を任されてからのこと。
つまり、人が集まって都市らしい都市ができたのは300年くらい前の話で、奈良や京都に比べればずっと新しいんです。
え?知ってる?失礼しました。

それ以前の江戸を含めた関東はというと、大ざっぱに言っても三つ巴。
もっと細かくいえば、一つの国を二つ三つの大名家が取り合ってるなんてのがザラの状態でした。
関東の大名=北条氏みたいなイメージもありますが、さらに近所の武田氏や上杉氏がしょっちゅう割り込んでくるので、関東という大きな枠組みが統一されるのは、中央に比べてずっと遅かったのです。

とはいえ、やはり大きな合戦もいくつかありました。
永正元年(1504年)9月27日の立河原の戦いもその一つです。

これは上杉家のお家騒動と室町幕府の有力者、そして地元の大名が絡んだとんでもなくややこしい合戦。
敵と味方を分けると三つ巴が二つ重なったような構図になるのですが、これは場所も関係しています。
立河原というのは、現在の東京都立川市付近のこと。
たちかわら、たちかわら、たちかわ、たちかわ……ほら、立川になった!(もとから「立河」だったんですけどね)
関東甲信越の大名がちょうどぶつかり合う地点なんですね。

 

スポンサーリンク

山内上杉家と扇谷上杉家 どっちも名門だけに

まず上杉家のお家騒動から。
上杉家というと、なんで新潟や会津や米沢にいないんだ!と「噴飯もの」になっているみなさんもいらっしゃると思いますが、謙信さんが「関東管領ウエスギ氏いえーい」と言っていたように、もともとは関東の名門だったのです。

名門の一門と一口にいっても、この頃はかなり枝分かれしていました。
中でも勢力が強かったのは二つ。
一つはもともと鎌倉周辺で関東管領(室町幕府の出先機関での仕事)をしていた、山内上杉家(やまのうちうえすぎけ)。
もう一つは、その分家筋にあたる扇谷上杉家(おうぎがやつうえすぎけ)です。
どちらも元を辿れば足利尊氏の母方の家柄で、名門には違いありません。
だからこそ争いが起きてしまうんですが。

この二つの家がドンパチやってる間に早雲さんの後北条氏が力をつけて、両方とも負けてしまい勢力が弱まります。
本末転倒ですね。

 

スポンサーリンク

室町幕府の名門 古河公方を忘れたらイカンぞよ

上杉氏がある程度まとまるのは、もっと時代が下って越後で謙信(元は長尾景虎)が家名を継いでからです。
名門だったのに、よその家のおかげでやっとまとまったなんて、しかも関東じゃない人だし、ちょっとなさk……いやいや謙信のカリスマと能力がいかにすごかったかがわかりますね!

室町幕府の中には関東に関する役職がもう一つありました。
古河公方(こがくぼう)といって、現在の茨城県古河市に根付いた足利一門で、公方=将軍格の家のことです。
上記の上杉家のドンパチにはここも一枚噛んでいたので、その後に起きた立河原の戦いにも絡んできます。

そして最後の地元の大名というのが後北条氏。
最初の下克上成功者・最初の戦国武将と大絶賛を浴びるのが北条早雲です。
生まれた年がわからないせいで、今でも没年齢が説によって20歳も違うという違う面でもぶっ飛んだお人ですが、もちろん戦上手でもありました。
でないと一般人から大名になんてなれませんからね。

北条早雲/wikipediaより引用

 

「於武州立川原合戦戦死不知員」

この戦いで興味深いのは、どちらが勝ったとも言い切れないところ。
史料によって情報が錯綜しているため、専門家の間でも意見が分かれています。
なぜかというと、「於武州立川原合戦戦死不知員」と史料のドラにあるように、両軍ともにあまりにも戦死者が多かったからです。
それでいて両軍の大将は無事であり、どちらが勝ちともいいきれない結果だとする説が一つ。

一方で、二千人もの死者を出した上に一族の人間も戦死した山内上杉家の負け=扇谷上杉家の勝ち、という見方もあります。
さらに長い目で見れば、後々謙信に名前を譲って家名を存続できた山内上杉家の勝ち、なんて説もあります。
うーんややこしい。

上杉謙信/wikipediaより引用

スポンサーリンク

関東では、後北条氏の力が決定的になるまでこうした大会戦が何度か行われていました。
そのため田畑が荒れ続けることになってしまい、なかなか発展しなかったのです。
こうしたややこしいところに、秀吉が家康を飛ばしたのはかなりの嫌がらせですね。それを乗り越えてクリスタルキングも認める大都会を作った家康は果てしないほどすごいということになりますかな。





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-武田・上杉家, その日、歴史が動いた, 北条家, 合戦

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.