日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた

10月31日が「日本茶の日」の理由~栄西が茶を中国から持ち帰る

更新日:

お茶の季節と言えば新緑薫る5月というイメージがありますが、実は「日本茶の日」は10月31日とされています。
由来は建久二年(1191年)の10月31日にあたる日に、日本茶の元になるものが伝わったからです。なぜ「あたる日」かというと、旧暦には10月31日がないので便宜的に……ということですね。

もたらしたのは中国(当時は宋)から帰ってきたお坊さん栄西でした。
それ以前にもお茶と称されるものは伝わっていたのですが、いったん焦がす寸前まで炙ったりしていたので、苦過ぎてとても嗜好品と呼べるものではありません。
苗木などはそのとき伝わっていたので、茶の栽培自体は行われていたようです。
当時は中国風の習慣とされていたので、遣唐使の廃止と同時に喫茶文化は廃れてしまいます。

しかし、栄西が違う形のお茶を持ち帰ったことで、再び飲み物として注目されることになったのです。

 

伝来当時の抹茶は苦さがハンパなく眠気覚ましに使ってた

栄西は宋のお寺で飲まれていたお茶の淹れ方も伝えました。
これが現在飲まれている抹茶の元になったのです。
それでも当初は苦さがハンパないものだったそうで、眠気覚ましに使っていたという記録もあります。どんだけ?
現代ならコーヒーなどもっと苦い飲み物がありますが、当時は薬くらいしかないでしょうからね。

その苦さのため、やはり飲み物としてよりも薬と受け取られている面が大きかったようです。
栄西は喫茶養生記(きっさようじょうき)という本にお茶の効能をまとめています。
上巻がお茶、下巻が桑について書かれているため、茶桑経(ちゃそうきょう)とも呼ばれています。

この本は当時の将軍・源実朝に献上され、二日酔いで苦しんでいたところお茶を飲んで治療したという記録も残っています。
その頃のお酒は割り水などで今よりずっとアルコール度数が低かったでしょうから、大量に飲んだのか、それともよっぽどお酒に弱かったのか……。
ちょっとイメージ変わりますね。

その後は茶道具の伝来、茶の湯の大成や茶の大量生産などを経て、武士・貴族階級だけでなく庶民にも広く飲まれることになりました。
江戸時代の庶民は茶の湯よりも気楽に楽しめる飲み方を好んだため、現在の一般家庭で飲まれている方法に近かったようです。
現代の茶道は明治時代に「もう一度きちんとやろうぜ!」という方針の元、再興させたものです。
このとき女子の教養とされ、茶道=華やかな着物という図ができたようです。
今茶道にお金がかかるのは、明治政府のせいなんですねえ。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考文献





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日の感想レビュー

-その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.