日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 江戸時代

島原の乱とは? 予想以上にgdgd長引いたのは板倉重昌の責任か

更新日:

 

日本最後の内戦は西南戦争
では、参加人数最大の内戦は何でしょうか?
もちろんド派手な規模の戦いですから、小学校の教科書にも出てきますし、9割以上の人が知っていると思います。その戦いが起こったのは、秋も深まりつつあるこの時期のことでした。

寛永十四年(1637年)の11月9日、九州・島原で起きた反乱平定のため、譜代大名の板倉重昌が江戸を出立しました。

教科書では「キリスト教徒が反乱した」ことになっている島原の乱ですね。この頃キリスト教は江戸幕府によって禁じられていましたので、確かに宗教戦争という面もあります。
しかし、この反乱にはいくつもの思惑が絡み合っていたのでした。
一つは、重税に耐えかねた農民の反乱という面。江戸時代は飢饉や災害が多かった時代というのは以前もお話した通りです。
それは島原のある九州も同じでした。

特に寛永十一年(1634年)から数年に渡る凶作は酷いもので、その上、藩から重い税が課せられていたのですから、民衆が耐え切れなくなるのは時間の問題でした。
どうせ死ぬなら一矢報いてやろうということですね。うーん、日本人考えることが変わってないぞ。

 

武装農民+キリシタン+浪人×カリスマ美少年=最強!

まずこの農民達がキリスト教徒と合流します。
素人ばかりだったから鎮圧軍が派遣されればあっさりカタがつく、と思いきや、島原の乱は勃発から鎮定までに丸4ヶ月もかかっています。

その理由は、江戸幕府の抱えていたもう一つの問題にありました。

関が原合戦と大坂の陣、二つの大きな戦いの後、巷には浪人(主君に仕えていない武士)があふれかえっていました。
働き口を見つけたくても、大名家もお財布事情が苦しいところが多かったため、なかなか雇い入れてもらえなかったのです。

この浪人達がやはり「野垂れ死ぬくらいなら、最期に一花咲かせてやんぜ!!(でもって運よくお殿様に腕を認めてもらえたらラッキー)」という考えで、反乱に加わりました。
今はプー太郎でも元々は武士ですから、武器の扱いも戦のやり方も知っています。
戦闘経験豊富な浪人が加わってしまったことにより、単なる一揆では済まなくなってしまったのです。

こうした「死なば諸共」「死に花上等」「デウス(当時キリスト教の神様をこう呼んでました)の加護あれ!」の集団に、カリスマ的存在(笑)の少年・天草四郎(益田時貞)というリーダーが加わってしまったものですから、もう地元の大名だけではとても抑えきれなくなってしまいました。

スポンサーリンク

1・5万石じゃ、何十万石の大名を動かせない現実…

乱が起きたのは10月末。
江戸に知らせが届いたのは11月上旬。
大坂の陣から20年経ち、歴戦の武将達が軒並み死去・引退していた幕府は大慌てとなりました。

「とりあえず真面目でフットワーク軽いヤツ行ってこい!」
というわけで、選ばたのが板倉重昌というワケです。

この人は派手な戦功こそないものの、徳川家への忠誠心では誰にも引けを取らず、またとっさの機転もきく人物。おそらくは自他共に適任と考えていたことでしょう。
でも、1万5000石しかない小大名。
九州に着いてみると思わぬ大苦戦を強いられます。

地元の大名達と共に反乱軍の立てこもる原城を度々取り囲んでも、全く効果がありません。
それもそのはず、九州は関が原や大阪の陣、そしてその後の改易・転封などで土地に不慣れな大名ばかり。ということは兵の忠誠心や統率も取れていないわけです。
悪く言えば烏合の衆、寄せ集めもいいところでした。

しかも重昌の領地が少ないものだから、誰も積極的に従おうとしてくれません。

ちなみに、こんな小者じゃ、とても九州の海千山千の大名たちを指揮できないと、あわてて東海道を追いかけた(でも追いつけなかった)のが、あの柳生十兵衛のお父さんの柳生宗矩です。
一方、反乱軍はお頭に美少年(ということになってますが真偽は不明)がいる上、宗教やら重税の恨みやらで後がない状態ですから、戦意も団結力も極めて高いわけです。

 

スポンサーリンク

知恵伊豆登場!「俺って知恵なし?突撃するしかねぇ!」

思わぬ苦戦ぶりを知らされた幕府は、「じゃあ次はもうちょっとエラい奴を行かせよう。そしたら皆言うこと聞くだろ」と考え、老中・松平信綱を差し向けました。

この人は頭が良すぎて「アイツと知恵比べしても勝ち目ねーよ。だって化け物だもん」と言われるほどのキレ者。いわゆる知恵伊豆であります。

好き嫌いが激しい家光でさえ「オレには(酒井)忠勝と信綱がいるから、歴代の征夷大将軍でも一番幸せモンだな!」なんて頼りきっている重臣でした。
現在、NHKで「知恵泉」なんて歴史番組ありますが、それも彼のあだ名・知恵伊豆(信綱は伊豆守だった)からきているわけですね。

九州で、信綱が来ることを知った重昌はビックリ仰天。
はっきり言われたわけでなくても、幕府ナンバー2の役職である老中の一人が江戸から遠く離れた九州へ出向いてくるなんて、自分の無力さを咎められているも同然ですからね。

しかも信綱は重昌よりも年下ですから、このままでは年長者としての面子が潰れてしまいます。
グズグズしていたら、手柄は全て信綱のものになる上、お咎めを受けるかもしれません。
進退窮まった重昌は、それでもどこぞのsngkのように逃げ帰ったりはしませんでした。

「お天道様も照覧あれ!!」
と言わんばかりに、新年早々自ら原城へ突撃を決めてしまうのです。男らしいにも程があるだろ。

しかしこの男気も士気MAXの反乱軍には通用せず、あえなく討ち死にしてしまったのでした。
※辞世の句は「新玉(あらたま)の歳に任せて散る花の名のみ残して先駆けと知れ」

このときの死者は幕府側4000人、反乱軍は100人程度だったそうですから、いかに戦略と士気が大切かがわかりますね。
巻き込まれた将兵カワイソス(´・ω・`)

一時的とはいえ、総大将を失った幕府軍は烏合の衆っぷりをさらにレベルアップさせてしまいます。
幸い、信綱は1月4日に到着したため、完全に瓦解することはありませんでした。
もっと遅れていたら、もしかするとさらに乱が長引いていたかもしれませんね。

 

知恵あるはずだけど干ぼしというスタンダード戦法

信綱は戦の経緯を聞き、根本から戦略を変えるべきだと考えました。

戦は大軍であればあるほど有利と思いがちですが、決定的な弱点も生まれます。
兵糧の確保と調達です。

ことに篭城戦の場合、協力してくれる水軍や周辺勢力の存在は不可欠。
となれば、かつて信長vs石山本願寺、秀吉vs鳥取城で行われたように兵糧攻めが最適でした。

信綱は、連れてきていた甲賀忍者に原城の内部を調べさせ、城内の兵糧が決して潤沢でないことを確認させます。
(この時、忍者が全然情報を入手できなかったなんて説もありますが、ここでは定説通りに進めます→「伊賀と甲賀に談合疑惑が…忍者たちの実力って実際のところどんなもんだったの?」

果たして忍者は原城潜入できたのか?(くらはしゆみこ・絵)

果たして忍者は原城潜入できたのか?(くらはしゆみこ・絵)

いくら士気が高くても、飢えては戦ができません。
幸い原城は幕府軍が陸海両方から取り囲める程度の城でしたから、外部との連携を絶つのは簡単でした。

たちまち食料に困り始めた反乱軍。
断崖絶壁を這い下りて海藻を取りに行かなければならないほど飢えていたといいます。
そして兵糧攻めを始めて一月半ほど経った頃、耐え切れなくなった反乱軍の一部が「食い物と武器をよこせ!!」と幕府軍へ襲い掛かってきました。

しかし食料難で力の衰えた素人など、大名家の相手ではありません。
勝利を収めた信綱は、反乱軍の兵の遺体を解剖させました。

もちろん、医学のためでありません。
腹の中を見ることによって、城内でどんな食事をしているのか調べたのです。
この話はこのときくらいしか出てこないんですが、もしかして信綱の発想だったんですかね。
だとしたらホントに恐ろしい人だ。

予想通り、腹の中はほぼ空っぽでした。

「今こそ好機!」
そう判断した信綱は、さっそく全軍に総攻撃を命じます。

こうなれば反乱軍など敵ではありません。
信綱が着陣しておよそ2ヶ月、寛永十五年(1638年)2月28日に島原の乱はようやく治まったのでした。

 

武蔵、細川、立花宗茂と豪華ラインナップ!政宗は……

最後に、この戦いに加わった主な大名や武士を紹介しましょう。

まずは何といっても宮本武蔵。
宮本武蔵

彼は養子が九州・小倉の小笠原家に仕えていたため、その縁で島原の乱に幕府側で参戦していました。
このときの働きが元で、熊本藩の細川家に客分として招かれています。

その細川家からは、戦慄の愛妻家・忠興ではなくその後を継いだ忠利が来ておりました。

忠興は存命中でしたが、関が原の後くらいから眼病になっていたのでとても戦に出られる状態ではなかったんですね。
年齢も70半ばでしたし。

ところがどっこい、ほぼ同年代の立花宗茂(※70歳)はばっちり参戦しています。

立花宗茂畫像

立花宗茂畫像

ちなみに亡くなったのはこの5年後のこと。
諸大名からも「キャー武神様の再来よー!!」(ただし野太い声)と絶賛されていたとか。
生涯現役とはまさに彼のことでしょう。

ちなみに同い年だった伊達政宗は島原の乱勃発の前年に亡くなっています。
生きてたら出たがったでしょうね。

結局、この戦いは、あくまで内乱の鎮圧だったため、諸将への褒美はほとんどありませんでした。
が、これを機に幕府は一層キリスト教徒や謀反に対する締め付けを強め、誰も逆らおうとはしなくなります。

ある意味、島原の乱は江戸幕府の権力を決定付けた戦いでもあったのです。

長月 七紀・記

参考:http://indoor-mama.cocolog-nifty.com/turedure/2011/11/post-9790.html

スポンサーリンク

http://www.ffortune.net/social/history/nihon-edo/simabara.htm

 





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日の感想レビュー

-その日、歴史が動いた, 江戸時代
-, ,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.