日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

織田秀信/wikipediaより引用

スポンサーリンク

織田家 その日、歴史が動いた

三法師(信長の孫)こと織田秀信は、清須会議の後どう過ごしたか?

更新日:

歴史の教科書を見ていると、「名前が一回だけ出てきて、その後どうなったかさっぱりわからん」という人物がしょっちゅう出てきますよね。多分8割くらいはそうなんじゃないでしょうか。言い過ぎですかね?
その中には、誰もが知る超重要人物の家族も含まれています。本日はその一例のお話です。

慶長十年(1605年)5月8日は、織田信長の孫・織田秀信が”公的に”亡くなった日です。
何でこんなビミョーな言い方になるのかはおいおい説明するとしまして、多分画面の前の半分くらいの方が「信長の孫だからってネタになるの?」と思われたのではないでしょうか。それが実は大有りでして。

まず、この人は珍しく? 幼名のほうが有名な人物です。小さいときは「三法師」と名乗っていました。
そう、清須会議で豊臣秀吉に担ぎ上げられた、信長の嫡孫(信長の嫡男である織田信忠の息子)なのです。
その後元服してからの名前が「秀信」というわけですね。

織田家の通字である「信」より「秀」が先に来ているあたりに秀吉の陰謀が感じられるのは気のせいでしょうか。「信秀」にすると信長のトーチャン・織田信秀と被ってしまうので避けたのかもしれませんけども、別に「名前のダブりダメ絶対!」というわけでもありませんしね。

ないものは燃やせんよ(富永商太・絵)

わしの孫なら当然天下統一?(富永商太・絵)

 

2歳の本能寺の変で偉大な祖父と父を亡くす

生まれたのが天正八年(1580年)ですので、本能寺の変が起きたときはわずか2歳。当然清須会議のときも2歳です。物心がつくつかないどころの話ではありません。ただしそのおかげで京都近辺には行っておらず、岐阜城にいたおかげで助かりました。
が、そのままで済むはずもなく、織田家の継承問題によって知らず知らずのうちに渦中の人となります。
そして清須会議により「跡継ぎは三法師様!」と決まったため、2歳にして一家の主となりました。が、当然実務はできませんので、当分の間は堀秀政という信長の側近を務めていた人物に後見されています。
このときに限らず、秀信には何か不思議な魅力があったようで、たびたび祖父や親戚筋だけでなく土地の人にまで助けられています。こういうのカリスマっていうんですかね。

また、政争相手にあたる叔父・信孝によって、「お前岐阜城にしばらくいろ」と言われたため、後見だけでなく叔父さんの見張りつき生活を余儀なくされました。
すぐ秀吉が「三法師様を出せ!!」と言って兵まで出してきたのでつかの間のことでしたけども。
その通り一度は秀吉の元に行き、賤ヶ岳の戦いで柴田勝家についた信孝が自害した後はもう一人の叔父・信雄の後押しを得ました。なのに実際に身を寄せたのは親族の誰でもなく、「米五郎左」こと丹羽長秀のところだったりするのですが。

 

スポンサーリンク

引っ越し?たらい回し?ようやく岐阜城で元服

さらに、天正十六年(1588年)には岐阜城で元服したそうなので、この幼児は年齢一ケタのうちに一体何度引越しをしたのかと考えると、いっそ哀れになってきます。
同時に従四位下・侍従という位についているので、世間的にはエリートコースですけどね。この2年後にはわずか11歳で小田原征伐に参加していますし。
もちろん自ら刀や槍を持ってはいないでしょうが、人生凝縮されすぎやろ。

それは領地に関しても同じことで、12歳のときに岐阜13万石の大名になっています。ここの領主だった秀吉の義理の息子が亡くなってしまったからなのですが、秀信が領主になると決まった途端、斉藤家(道三の家)や土岐家(道三に下克上された家)の旧臣・縁者や、名のある剣豪などがわらわらと集まってきたそうです。
歳が歳ですから実績はまだ皆無に等しかったと思われますが、性格なり日頃の行いなりが地元で言い広められていたんでしょうかね。

 

スポンサーリンク

寛容なやさしいお坊ちゃんゆえに天下には遠く?

それを本人も自覚していたのか、やがて実務を執るようになってからは、祖父の政策のいいとこどり+寛容さで善政を布いていたようです。
特に宗教については寛大で、自らはキリスト教に傾倒しつつも、寺院の保護も積極的に行っていました。この若様デキ過ぎ。

もちろん武働きも怠りなく、朝鮮の役では前半戦にあたる文禄の役で渡海しています。
朝鮮の役では水夫や兵の病死や兵糧不足、慣れない土地での過労や寒さで身分を問わず多くの人が亡くなっていますが、秀信は無事帰ってくることができました。

帰国後は従三位・中納言に昇進し、正室も迎えて名実共に大人になります。
その後も朝鮮からの使者に立ち会ったり、秀次のお供をしたりと、信長の孫ということを笠に着ず地道・誠実に務めていたようです。
その一方で「衣服については派手好きだった」ともいわれているので、祖父・信長と父・信忠のいいところをうまく受け継いでいたのでしょうか。派手なのがいいかどうかはさておいて。

 

関ヶ原では西軍についてしまい25歳で死す?

その一環か、秀吉死後は関ヶ原の戦いを予見していた節があり、前年から岐阜城で戦支度をしていたらしき動きが記録されています。
当初は会津征伐に参加するつもりだったらしいのですが、支度が間に合わず遅刻。その間に石田三成から美濃・尾張をもらうことを条件に西軍についてしまいました。これにより、美濃の諸勢力も西軍になり、そのために池田輝政・福島正則らと戦うことになります。

ちょうど20歳になった秀信は、自ら出陣して迎え撃ちましたがあえなく野戦で敗北。岐阜城での籠城戦に持ち込んだものの、関が原本戦の20日ほど前に開城となりました(岐阜城の戦い)。

本当は異母弟・秀則と共に切腹するつもりだったようですが、これは信長の乳母兄弟の息子である輝政の説得で思いとどまったとか。
戦いぶりについては正則からも「さすがは信長の孫」と賞賛されていたようなので、その名に恥じない采配だったのでしょう。正則はさらに「俺の功績をチャラにしてもいいから、秀信を助けてやって欲しい」とまで言っていました。家康もそれを容れて、一命を助けています。

福島正則(Wikipediaより)

福島正則(Wikipediaより)

が、命が助かっても、その後の秀信は穏やかに暮らすことはできませんでした。
剃髪し、異心のないことを示すため高野山へ向かったのですが、信長がかつて高野山とも戦ったことがあるため「アイツの孫? えーやだー」(※イメージです)と言われて、しばらく入山できなかったのです。
一度は無事山へ入れたものの、周囲の視線からかそれとも他の理由からか、五年後には自ら山を下りて麓で細々と暮らすようになりました。
しかしそれもつかの間で、下山からたった20日程度で秀信は亡くなってしまったのです。

この「下山した日」を高野山側では秀信の命日として扱っているので、冒頭では「公的な命日」とさせていただきました。実際に亡くなったのは27日だったといわれていますが、生存説や「江戸時代に陸奥棚倉1万石で大名に服した」説もあるので、はっきりわかっていません。
高野山側の記録が正しければ、秀信の享年は25歳。英雄の孫、そして良き領主には早すぎる死でした。
病気になったから下山したとも考えられますが、頭を丸めて山に入ったのですから生活は質素なものだったでしょうし、伝染病が蔓延していたとも思えませんから、もしかすると自害だった可能性もありますね。
本来は開城の際に腹を切るつもりだったのですから、ありえなくはないでしょう。
秀信については岐阜城開城の件が原因で「無能」だの「遊びほうけていた」だのとけなされることもあるようですが、家臣はよくまとまっていたようですし、自ら出馬していますし、そこは「勝敗は時の運」というものですよね。
というか、平和な時代に生まれた人が苛烈な時代の人を頭からけなすのもどうかという話ですし。
しかも秀信は周囲から「信長の孫なら優れた能力があるに違いない(でも乱暴は勘弁)」という目で見られていたことは確実ですから、かなりのプレッシャーもあったことでしょう。家臣たちや領民の命もかかっていますし。

そういう状態で堕落や明らかな過失をすることなく、きちんと自分の役目を成し遂げたということは、もっと評価されても良いのではないでしょうか。
大河の主役にするにはちょっと厳しいかもしれませんが、小説か映画か、そういった一般の人にも多く触れられる場で名誉挽回の機会が与えられるといいんですけどねえ。

長月 七紀・記

織田信忠 父・信長から家督を譲られし有能な二代目は、非業な最期を迎えた

織田信長は意外と優しい!? 49年の生涯をスッキリ解説!【年表付き】

岐阜城の戦いとは? 織田信長の孫と池田恒興の息子が対決した関ヶ原の前哨戦

スポンサーリンク

参考:織田秀信(wikipedia)

 





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日の感想レビュー

-織田家, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.