日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 源平

6歳の幼さで壇ノ浦に沈んだ安徳天皇とは? 平清盛と源頼朝に振り回されたその生涯

更新日:

 

皆さま、子供はお好きですか?
「ご自身のお子さんなら」という方、「基本的に苦手」という方、「見ているだけでいいや」という方、主にこんな感じでしょうかね。
しかし、子供が悲惨な目に遭う話を聞くと、胸が痛むというのは誰しも共通ではないでしょうか。普段からよほど迷惑をかけられていた……といった事情がでなければ、ですかね。
今回は日本史上で一・二を争うであろう悲哀な生涯をたどった、あの子供のお話です。

治承二年(1178年)11月12日は、安徳天皇が誕生した日です。

源平の争い……というか、主に清盛の強欲に巻き込まれ、幼くして亡くなった天皇として有名ですね。現代の我々からしてもあんまりな人生ですが、当時の人々もそう思っていた節があります。
まずは生涯をおさらいするところからいきましょうか。

【TOP画像・安徳天皇/Wikipediaより引用】

 

清盛のゴリ押しによって2歳にもならないで即位した

安徳天皇は、清盛の娘・徳子(建礼門院)を母に持つため、ゴリ押しによって生後一ヶ月で皇太子となり、二歳にもならないうちに即位しました。

もちろん実権はありません。清盛が平家に都合の良い政治を行うための傀儡だったわけですが、実はこの頃にはもう、平家のアレなやり口に反感を持つ人も多くなっています。

安徳天皇もまた、成長してからも福原遷都(未遂)で連れ出されるわ、とんぼ返りさせられるわ……と清盛に振り回され、源平の争いでバタバタする中で西国へ落ち延びることになりました。
屋島にいた頃には、現在の屋島東町の高台に行宮(あんぐう・一時的な天皇の住まい)が作られています。ここには今も安徳天皇を祀る神社が建てられていて、近代の皇族も訪れたことがあります。
現在は民家も多く、残念ながら見晴らしが良さそうには見えません。神社の奥側なら違うかもしれませんが。

しかし、平家がどんなに負けても安徳天皇を手放さなかったため、壇ノ浦の戦いで祖母の二位尼(清盛の妻・時子)と共に入水することになってしまいました。
二位尼が「極楽浄土にお連れいたします」というと、安徳天皇は自ら手を合わせ、東(伊勢神宮)を拝し、続けて西に向かって念仏を唱えたといいます。まだ6歳だったことを考えると、成長していたらどんなに聡明な君主になったかと思われる行動ですね(´;ω;`)ブワッ
せめて母の建礼門院と一緒であれば……という気もしますが、建礼門院は自らも身を投げた後、源氏に引き上げられているので、一緒に入水して一人だけ助かっていたとしたら、それも辛い話です。

 

スポンサーリンク

山口県下関市伊崎町へ流れ着いた遺体は御旅所で安置

ぶっちゃけた話、平家は全滅しても仕方ありませんが、安徳天皇や建礼門院は、送り返すこともできたはずなんですよね……。名誉が命より重んじられる時代のこととはいえ、皇族を道連れにすることに対して罪悪感はなかったのでしょうか。

少々アレな話になりますが、水死体というのは一度沈んでも、いずれ浮き上がってくるものです。
命の灯火が消えた安徳天皇の体も、流れ流れて現在の山口県下関市伊崎町へ流れ着き、地元の漁師たちによって引き上げられました。そして”御旅所(おたびしょ)”に一度安置したといわれています。

御旅所とは、神様や神輿の休憩所のことです。皇室の生まれ=神の子孫ということで、安徳天皇もそういった扱いをされたものと思われます。
グーグルマップでは「赤間関神宮小門御旅所」となっていますね。文字通り目の前が海なので、この言い伝えにはとても現実味が感じられます。

安徳天皇の異母弟である後鳥羽天皇は、幼くして亡くなった(おそらく)見たことのない兄の霊を慰めるため、下関で”先帝祭”を催しました。これは現代まで続いていて、祭りの行列で先頭を務める中島家の人々は、当時安徳天皇の遺体を引き上げた漁師の子孫なんだそうですよ。
伝統が千年以上続いているだけでスゴイが、それをずっと同じ家の人が務めているのもまたスゴイ話です。

ちなみに、安徳天皇は退位しないまま京を去った(拉致された)ため、後鳥羽天皇とは二年ほど在位期間がかぶっています。
後鳥羽天皇がわざわざ”先帝祭”と題したのは、自分が唯一の帝になったことを示したり、兄を敬う意味もあったのかもしれませんね。

『安徳天皇縁起絵図』の壇ノ浦の戦い・赤間神宮所蔵/Wikipediaより引用

『安徳天皇縁起絵図』の壇ノ浦の戦い・赤間神宮所蔵/Wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

三種の神器の一つ・天叢雲剣も行方不明に

さて、平家の落人伝説が全国にあるくらいなので、安徳天皇が落ち延びた説も各所にあります。
多くは「落ち延びて静かに暮らし、若くして亡くなった」ことになっているのですが、中には「出家の後、宋(中国)に渡って仏法を修め、帰国してから寺を開いた」とか「対馬の戦国大名・宗氏の先祖となった」など、なかなかダイナミックなものもあります。
おそらくは同時期に都から落ち延びてきた貴人の話が混ざっているのでしょうね。そして、安徳天皇自身に同情した人が多かったのだろうということもうかがえます。
そりゃ、天皇とはいえ6歳の子供がとばっちりで水死したのでは、同情しないほうがおかしい話ですものね。

一方、源氏のほうでも安徳天皇の水死は、三種の神器の一つ・天叢雲剣(あまのむらくものつるぎ)が行方不明になったことと合わせて問題になりました。
もっとも、このとき壇ノ浦に沈んだ剣は形代(レプリカみたいなもの)で、天叢雲剣の本体は今も熱田神宮(愛知県名古屋市)に現存しているという説もありますけれども。
ヤマトタケルが東国征伐の際に使い、妻のミヤズヒメにとっては形見となったのは熱田神宮にあるほうで、安徳天皇とともに沈んだのは、それ以前に作られて皇居にあった形代だ……という説があるからです。熱田神宮で実物を見ると目が潰れるといわれていますので、さすがの頼朝も確かめようとはしなかったようですが。

 

源頼朝は、安徳天皇や建礼門院のことを気にかけていた

頼朝自身が亡くなるのは、安徳天皇の死から14年後のことです。
普通に考えれば十分な期間が空いていて呪いや祟りの類は関係なさそうですが、一方で「亡くなる間際に清盛や安徳天皇の霊に怯えているかのような言動があった」ために「とり殺されたのだ」とする説もあります。
祟りの真偽の程はさておき、頼朝が安徳天皇入水を悔やんでいた節があったからこそ、このような話ができたのではないでしょうか。

頼朝は壇ノ浦の戦いが起こる2ヶ月ほど前に、「安徳天皇や建礼門院に危害を加えるな」という命令も出したことがあります。
源氏も皇室から分かれた家ですし、頼朝自身宮中に出入りしていたこともあるので、皇族への畏敬は多少なりともあったでしょう。その後悔が、亡霊という形で見えたのかもしれませんね。

上記の通り、安徳天皇は信心深く聡明な少年だったようなので、化けて出てきそうなタイプではありませんし。三大怨霊の皆さん(菅原道真・平将門・崇徳天皇)と比べるとねぇ。

京都市東山区泉涌寺(せんにゅうじ)所蔵の安徳天皇の肖像は、玩具で遊んでいるらしき年相応の姿が描かれています。
この姿が女の子のように見えなくもないことから、女帝説を唱える人もいるようです。

まぁ、性別・年齢を問わず、戦乱に巻き込まれる事自体が悲しいことですけどね。特に安徳天皇のような幼い子供が……となると、さらにこう、胸が詰まる話ですね。

長月 七紀・記

平将門って、呪う前はイイ人だったの!? 首塚の呪い以外の功績も見てみましょう

GHQが「平将門の首塚」を撤去しようとして失敗!? 戦後の連合軍がヘタこいた改革3本はこれ

スポンサーリンク

参考:安徳天皇/Wikipedia 壇ノ浦の戦い/Wikipedia 御旅所/Wikipedia Shimonoseki.TV いつもNAVI 源頼朝/Wikipedia

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-その日、歴史が動いた, 源平

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.