日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 伊達家

伊達成実がいなけりゃ独眼竜の躍進もなかった!?一度は伊達家を出奔した猛将の生き様

投稿日:

ドラマ・小説・漫画・ゲームなどによって、日本史の中でも戦国時代の人気がダントツになって久しいですよね。
最近では各大名の主だけでなく、キラリと光る家臣や、関わりのあった文化人・商人などにもスポットが当たるようになってきました。
今回はその中から、あのキャラが濃い大名に仕え、負けず劣らずの逸話を持つ人のお話。

正保三年(1646年)6月4日は、伊達成実(しげざね)が亡くなった日です。

最近ちょっとずつ知名度が上がってきましたし、コアなファンもいる戦国武将の一人ですね。
名字と年代の時点で「伊達政宗の関係者である」という最大のネタバレになっている気もしますが、彼の生涯を見ていきましょう。

 

「将来の右腕」として輝宗にも期待されていた

成実は、永禄十一年(1568年)に生まれました。
父親は大森城主・伊達実元。かつて、その父・伊達稙宗(政宗の曾祖父ちゃんで成実にとっては祖父)のせいで上杉家へ養子に行きそびれた人です。
母親が政宗の祖父(晴宗)の妹なので、成実は父方では政宗のまたいとこ、母方ではイトコというややこしい縁となっています。それもこれもひいジーちゃんがボケてゴネたのが悪いんや……。

物の本などではわかりやすさ優先で、「政宗のイトコ」と表記されていることが多いかと思います。まあ、政宗・成実の時代のことを話すのに、天文の乱の詳細まで触れるのも長くなりますものね。

当時は政宗に兄弟がいなかった(※)こともあり、成実は政宗の父・輝宗から「将来の右腕」と期待されていたと思われます。元服時の烏帽子親も輝宗でした。

(※)政宗の弟・小次郎の生年が1568年・1574年・1578年と諸説ありますが、15歳で家督を継いで大森城主となった成実は、早くから伊達家の一角を担う存在となりました。

 

スポンサーリンク

居留守役を務めたり、人質となったり 武働き以外にも活躍

それから二年後の1585年、人取橋の戦いでは政宗を逃がすために時間を稼ぐ、という大活躍をしています。本人も無事帰還し、翌年には二本松3万8000石へ加増・領地替えされました。
また、一度伊達家を裏切った大内定綱に調略をかけて帰参させるなど、外交的な活躍もしています。

これまた政宗の戦におけるハイライトの一つ・天正十七年(1589年)の摺上原の戦いでも、敵軍の側面を突いて形勢逆転をもたらすなど、頼もしい存在でした。
外交等を託された軍師的存在の片倉景綱に対し、成実は先手の大将といったところですかね。あるいは凛々しい若武者イメージと申しましょうか。それが人気のヒミツであるかもしれません。

政宗が秀吉の傘下に入ってからは、「一族の中核」として別の役割も任されるようになっていきます。
小田原へ政宗が(表向き)詫びを入れたときには留守居役を、葛西・大崎一揆で政宗が蒲生氏郷に疑われたときは人質の一人となりました。それは秀吉のほうでも把握しており、成実の正室も伏見に送られています。

武働きを本分とする成実にとって、あまり愉快ではない時期だったでしょうね。

 

スポンサーリンク

突然の出奔! そのとき成実に何が起こったのか?

政宗が岩出山城(現・宮城県大崎市)に転封されると、成実は二本松城から角田城(現・宮城県角田市)に移されました。

秀次事件で政宗が何度めかのピンチに陥ったときは、伊達家家臣が出した誓紙の二番目に署名しています。
一番は石川義宗で、この人も政宗のいとこです。義宗の父が石川昭光=政宗の叔父でより血統が近いため、血が近い順の序列でしょうね。

成実はその後、自ら謎の行動を取ります。突如として伏見から姿を消してしまったのです。
角田城は伊達家の家臣・屋代景頼らによって接収され、成実の家臣団が30人も討ち死にしたといわれていますので、国元や自分の家臣にも知らせていなかったと思われます。

出奔の理由は今も定かではありませんが、いくつか推測はされています。

・上記の誓紙に見られるような、家中での席次が気に入らなかった
・同様の理由で禄高が少なかった
・秀次事件の政宗の容疑を晴らすため、自分が身代わりになろうとした
・実は政宗が何らかの密命を授けていた

などです。
成実は江戸時代になってから回想録と政宗の一代記を兼ねたような「成実記」を書いているのですが、それでもこの出奔については謎のままとなっています。
くだらなさすぎて明かせなかったとかは……さすがにないですよね……。

出奔の間どこで何をしていたのか、関が原の戦いの時期までは全くの不明。
・高野山にいた
とか
・上杉家から誘いがあったものの「本来なら俺の父がお前らの主になっていたんだ。家臣筋に使えるつもりはない」と断った
なんて逸話があります。

上杉景勝はともかく、直江兼続の政宗へのアレコレ(直江状)を考えると、成実が気に入らないのも無理はなさそうですね。
成実がその話を知っていたかどうかはわかりませんが。

愛はLOVEの愛じゃない、兼続です/絵・富永商太

 

関ヶ原で帰参すると以前と変わらぬ働きっぷり

慶長五年(1600年)関が原の戦いに関連して東北で戦が起き始めると、片倉景綱らの説得によって帰参。

同年7月の白石城(現・宮城県白石市)攻めに参加します。
少々余談ですが、成実と片倉景綱、そして経理関係を担当していた鬼庭綱元の重臣三人を「伊達三傑」とも呼びます。
この三人は、時期こそ異なるものの「一時期、政宗の元を出奔した(しかけた)」ことがあるという点が興味深いところです。

理由としては、景綱は若い頃に「なかなか出世できないので」、綱元は「秀吉に引き抜かれそうになって政宗に内通を疑われてキレた」という理由です。
それでも皆戻ってきているのですから、政宗の人望がうかがえ……るということにしておきましょう。

関が原から二年後、慶長七年(1603年)に亘理城(わたりじょう/現・宮城県亘理軍)と周辺の領地を拝領し、成実は「伊達家の南の守り」という立ち位置に復帰しました。
その後も政宗の長女・五郎八姫の婚礼の使者や大坂の役参戦など、重臣ならではの仕事を任されており、おおむね出奔前と同じ扱いになっています。

晩年は政宗よりも9年長生きし、二代藩主・忠宗が仙台藩内での洪水対策費用を幕府から借りた際、お礼の使者として江戸城に上ったりもしました。
このとき戦話を所望されて人取橋の戦いの話をし、三代将軍・家光にいたく気に入られたそうで。

 

猛将を脱却し、内政に長けたお殿様となる

若い頃は猛将タイプだった成実ですが、亘理に入ってからは自らの居城を「臥牛城」と名付け、地に足の着いた政治を行いました。

領内の農地・塩田開発や灌漑の充実に力を入れ、寛永二十一年(1644年)には入封時の倍の金額を稼げるようになったといいます。
領民とのエピソードは特にありませんが、今でも亘理町のマスコットキャラクター「わたりん」が成実を模しているなど、地元のお殿様として大変慕われているようです。

成実の妻子は出奔よりも前に亡くなったとされているので、血の繋がった子孫は存在しません。
そのため、政宗の九男・宗実を養子に迎え、跡を継がせました。宗実の孫・基実で一度血が途絶えましたが、その後政宗の四男・宗泰の系統に移り、幕末頃には伊達家の重臣・亘理家の人になっています。

亘理家はその名の通り元々亘理を領していた家ですし、途中から稙宗の血を引いているので、稙宗の代までさかのぼれば伊達家の血統であることは変わりません。
この辺はさすが名門というか、稙宗の子沢山ぶりが功を奏したというか。

 

「特に用事はないんだけど、手紙を書いてみた」

そんなこんなで亘理伊達氏は明治時代まで続き、戊辰戦争で仙台藩が処分を受けた後は、領民とともに北海道へ渡り、開拓に励みました。元・亘理の住民たちが拓いた土地が、現在の北海道伊達市です。

「伊達市」は福島県にもありますが、こちらは伊達家の初代・朝宗が源頼朝にもらった土地です。「伊達」を名乗るようになったのもこの地に根付いたからなんですね。
そのため、福島県伊達市は「伊達家始まりの地」、北海道伊達市は「(亘理)伊達家が新天地に移った地」ということもできます。

これまた余談ですが、全国でも珍しい同一の市名のため、郵便物の宛先を「伊達市」から書いてしまうと、誤配が起きることがあるとか。笑っていいのかどうか^^;
この両市に限らず、常に都道府県や郵便番号を書いたほうが賢明ですね。郵便局では「郵便番号が正確なら、それ以降は省略しても大丈夫」と書かれていますけれども。

イラスト・富永商太

成実と政宗にも、手紙に関するエピソードがあります。
江戸時代に入ってからの二人は、それまでにも増して頻繁に手紙のやり取りをしていました。お互い歳ですし、立場上、直接会いに行くことが難しくなっていたからでしょうね。

その時期の政宗から成実へ宛てた手紙に「特に用事はないんだけど、最近顔を合わせてないから手紙を書いてみた」(意訳)と書かれたものがあります。
これに対する成実の返事は伝わっていないのですが、すったもんだがあっても、やはり幼い頃からよく知ったイトコ同士……という感じで微笑ましいですね。

きっと晩年は「お互い若かったな」なんて言いながら、和やかに話す場面もあったのでしょう。
最近はナンバー2や重臣などにもスポットが当たるようになってきましたから、成実もこれからさらに研究が進んだり、知名度が上がるかもしれませんね。

ぜひいつか、出奔の理由を解き明かしていただきたいものです。

【関連記事】

当サイトの連載マンガ『戦国ブギウギ/摺上原に集え、伊達三傑! 今こそ相馬&蘆名を滅ぼすのだぁ~ 』より

伊達政宗は史実も最高に面白い!ノリノリの生涯70年を最新研究に基づきマトメました
人取橋の戦い~伊達家の輝宗死して政宗も絶体絶命!されど忠臣たちの超踏ん張りに助けられ
葛西・大崎一揆をスッキリ解説! 政宗はなぜ「金の磔柱」を背負って豊臣秀吉に謁見したのか
伊達稙宗(政宗の曾祖父ちゃん)がやらかし過ぎてカオス! 天文の乱を機に東北も戦国大混乱へ

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:伊達市_(北海道)/Wikipedia 伊達成実/Wikipedia

 





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日の感想レビュー

-その日、歴史が動いた, 伊達家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.