日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

西郷どん特集 その日、歴史が動いた 幕末・維新

由羅(お由羅の方)&お由羅騒動をスッキリ解説! 斉彬&久光の跡継ぎ問題で薩摩大混乱!

更新日:

2018年の大河ドラマは『西郷どん』です。
西郷隆盛大久保利通、あるいは島津斉彬&久光兄弟あたりがメインプレイヤーとなり、幕末ファンの期待は高まるところですが、物語の序盤で最も重要な人物は、彼らではないかもしれません。
「では、誰か?」と申しますと、斉彬&久光兄弟の父・斉興(なりおき)の側室だったアノ方で……。

慶応二年(1866年)10月28日は、薩摩藩主・島津斉興の側室である由羅お由羅の方が亡くなった日です。

西郷どん以前の幕末をテーマにした小説やドラマなどでは、薩摩藩が描かれる際に出てきますね。この時代の女性としては、割と知られているほうでしょうか(ドラマでは小柳ルミ子さんが演じます)
今回は薩摩や西郷の将来に大きく関わった「お由羅騒動」と一緒に見て参りましょう。

 

江戸出身で庶民の娘 斉興の寵愛は深く

お由羅の方は、江戸出身の庶民の娘といわれています。
父の職業は大工・八百屋・船宿など諸説あってハッキリしていません。

江戸の薩摩藩邸へ奉公に出ていたところ、藩主・斉興に見初められて側室になりました。
よくある話ですね。

とはいえ、正室がいる屋敷に側室を置くわけにも行かないので、お由羅の方は薩摩に住むことになりました。
参勤交代のたびに同行させられていたそうですから、斉興の気に入りようがわかります。

当時の交通事情を考えると、殿様のお気に入りになって生活が保証されたとはいえ、江戸生まれの庶民だったお由羅が頻繁に長旅をさせられたのはちょっとかわいそうな気もしますね。
江戸にずっといても、親兄弟とはほとんど会えなかったでしょうけれども。

島津斉興/Wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

1824年に斉興の正室が亡くなり、藩内が二分されてしまう

寵愛の甲斐あって、お由羅の方は斉興の子供を三人産みました。

内訳は娘が一人、息子が二人。
衛生・栄養状態が悪かった時代なので、無事に成長したのは斉興にとって五男である島津久光のみでした。

ちなみに、斉興には正室・弥姫(いよひめ・嫁いでからは周子(かねこ))との間にも、ほぼ同じ時期に子供を作っています。公平に接したつもりですかね。

にわかに雲行きが怪しくなったのは文政七年(1824年)のこと。
この年、正室の弥姫が32歳で亡くなってしまいます。
弥姫は嫡子・島津斉彬(なりあきら)を産んでおり、そんな彼女が亡くなったことで島津家内部のバランスが崩れ、後々の騒動に発展したとの見方もあります。

斉興の側室で息子を産んでいて、さらにその息子が無事に成長している組み合わせが、お由羅&久光親子しかいなかったからです。

身分の低さから正式な後室(二人目の正室)扱いはされなかったものの、お由羅の方は家中で「御国御前」と呼ばれ、実質的には正室同然に扱われたとか。
確実に彼女自身の言動だといえるものが伝わっていないようなので、本人はあまり威張るタイプではなかったのかもしれません。
(調べきれてないだけだったらスミマセン)

しかしこうなると、家臣たちが「次の跡継ぎは誰だ? 斉彬か、久光か」で割れてしまうのも自然の流れでして。
人々の思惑が絡んで、ややこしい事態へ「お由羅騒動」へ発展してしまうワケです……。

島津斉彬像

 

スポンサーリンク

嫡男なのに家督を譲られないまま40才になってしまった斉彬

お由羅騒動とは、
・島津斉彬(母は正室・弥姫)
・島津久光(母は側室・お由羅の方)
の両者どちらを次の藩主にするか?
で、揉めた薩摩藩内の御家騒動です。

では、斉彬派と久光派には、それぞれどんな人物が関わっていたのでしょうか。

【久光派】
・斉興
「斉彬は、お祖父様(斉興の祖父・重豪)の影響を受けすぎていて藩主にすれば借金が増えるだけだ」

・家老の調所広郷(ずしょ ひろさと)
「若様は蘭癖(外国趣味)に偏りすぎている。
せっかく私達が頑張って財政の心配をなくしたのに、またぶり返されたらかなわない。
久光様に跡を継いでいただいたほうが安心できるのだが……」

【斉彬派】
・若手藩士A
「斉彬様は英明な方でれっきとした嫡男なのに、お由羅と久光がいるせいで、40歳になっても家督を継げないのだ。なんておかわいそうな!」

・若手藩士B
「調所のヤツ、俺たちにばかり負担を押し付けて無理やり黒字を生み出したくせに、手柄ヅラしてやがる。アイツが推す久光なんて、藩主にさせてたまるか!」

・幕府の老中首座・阿部正弘
「外国との折衝が必要になってきた昨今、外様大名で海外に関心を持つ人物がいればありがたい。
斉彬は英明な人物だし、幕政に良い意見を出してくれるに違いない。
すぐにでも家督を継いでくれれば……」

こんな感じで「斉興・調所」vs「斉彬・若手藩士」という構図となっておりました。
本来は「斉彬が嫡男」なのですから、さっさと跡を継がせればよい話のように見えますが、斉興と調所が彼の「蘭癖」による「浪費」を恐れていたんですね。

薩摩は、島津重豪の代で急増した莫大な借金をようやく返せるメドがついたのに、ここでまた財政悪化したらタマラン、というワケです。

それで斉興が家督を譲らないまま、嫡男だった斉彬は40歳になってしまいました。
当時は「跡継ぎが元服する=代替わり」がセオリーでしたので、外部から見ても異様な状態でした。

 

斉彬派たちが大博打! 自分たちの密貿易を幕府に訴える

しかし「正室生まれの長男を、あいまいな理由で廃嫡しようとするとロクなことがない」のはテンプレです。

それでも、現役の藩主である斉興が存命なので、無茶はできません。下手をするとお家騒動→改易の華麗なコンボが決まってしまいます。
まあ、この頃の幕府に、薩摩を改易に追い込んだり、その後処理をする余裕もないのですが……。

ともかく、そんなこんなで業を煮やした斉彬派たちは、一世一代どころか島津家としても史上初レベルの大博打に出ます。

なんと、琉球でやっていた薩摩藩の“密貿易”を老中・阿部正弘に密告し、その責任を取る形で斉興と調所を失脚させようとしたのでした。
密貿易は、江戸幕府が始まってすぐの頃からやっていたので、まさに「公然の秘密」だったのですが、それをわざわざ表沙汰にしようとしたわけです。

しかし、です。久光派の調所が取り調べを受け、すぐに急死してしまうのです。
死因は不明ながら、一人で責任を負うために毒を飲んだ……と言われておりまして。この場合、間違いなく斉興をかばうためでしょう。

そこまでして斉彬の家督相続を防ぎたかったわけです。

 

斉彬では次の跡継ぎ問題も抱えており……

最大の目標である斉興隠居が叶わなかったために、問題はさらに長引きました。
斉興自身がこの一騒動で「調所の死を無駄にしないためにも、絶対斉彬なんかに家督は譲らないし、ワシの跡継ぎは久光決定!」と、はた迷惑な決意を新たにしてしまったのです。

そしてお由羅の方も、我が子・久光が藩主になればいろいろオイシイわけですから、密かにそれを願っていたと思われます。

斉彬派もそこには気付いていました。

ここでキーになるのが、「斉彬の子女の多くが夭折しており、成人したのが娘三人だけ」&「久光の子女には成人した者が多かった」ということです。

正確に言えば、久光の子供でも夭折していた者はいたのですが、跡継ぎの男子が「いる・いない」では雲泥の差が生じます。

もしここで仮に斉彬を次の藩主にしますと、近い将来にもう一度、後継者問題が起きることは目に見えてます。婿養子を取るにしても、「それなら久光に」となるのは明らかでした。

だったら最初から斉興→久光の順に継がせるほうがスムーズですよね。

島津久光/wikipediaより引用

 

久光やお由羅たちを殺そうとして、斉彬派たちが粛清される

それでも正室の長男かつ、見識の広い斉彬が藩主にふさわしいと考える者は少なくありません。

そして斉彬派はこんな怖いことを考え始めます。
「斉彬様のお子様ばかりが早く亡くなったのは、お由羅が呪いをかけていたからだ!」

少しずつ医学が発展していたとはいえ、江戸時代はまだまだ「呪詛(つまり呪い)」の力が信じられていた時代でもありました。
ドラマなどですとよく強調されますが、実際にお由羅の方が斉彬の子供を呪っていたのかは定かではありません。
まあ、そもそもコッソリやるものですしね。

斉彬派の苛立ちは外部にも伝わっており、そのうち「斉彬派が久光派を襲撃して、何が何でも斉彬を藩主にするつもりだ!」という噂が立ち始めます。

そして嘉永二年(1850年)12月、事件は起きます。
斉彬派の数名が「久光・お由羅の方・その他久光派重臣の暗殺計画を立てた」という罪状でとっ捕まり、ソク切腹を命じられたのです。

更には、直接関わっていなかった斉彬派のうち、50人ほどが蟄居や流罪になってしまいます。
これを恥として、自ら命を絶った者も多かったとか……。

 

幕府が斉興に”茶器”を贈って引退勧告

騒動のため、藩内で孤立した斉彬が、家督を継ぐことはもはや絶望的に見えました。
しかし、まだ味方は残っていました。

斉彬派の一部は、斉彬の大叔父にあたる福岡藩主・黒田長溥(ながひろ)を頼って脱藩します。
長溥は、島津家から黒田家に婿養子に入った人であり、十一代将軍・徳川家斉の正室である高台院の弟なので、実家にも幕府にも顔が利きます。

当然、斉興は長溥に「ウチのモンが世話になったな^^ こっちに返してくれる?」(超訳)と言いましたが、長溥は拒絶しました。

さらに長溥は、実弟である八戸藩主・南部信順(この人も島津家から南部家へ婿養子に行った人)と一緒に「すみません、実家でこれこれの経緯があってもうどうしようもないので、上様のご裁可をいただけませんか」と幕府へ報告したのです。

直接頼んだのは上様=十二代将軍・徳川家慶相手ではなく、老中首座の阿部正弘。

この手の騒動を収める方法はいくつかありますが、阿部正弘も徳川家慶も「島津斉興を隠居させたほうがいい」と考えたようです。

そこで家慶は、斉興に茶器を送り、暗に「そろそろ歳だし、これからは隠居してゆっくり茶でも楽しむといい」と示しました。
武家というより公家や宮中で行われていそうなやり取りですね。

阿部正弘/Wikipediaより引用

 

そもそも二人の兄弟仲は悪くない!?

さすがに将軍の命令では斉興も逆らいきれず、隠居して家督を斉彬に譲ることになります。
「最初からそうすればいいじゃん」とツッコミたくなってしまいますが、話がここまで大きくなったからこそ、幕府も動いたのかもしれません。

この一連の騒動を「お由羅騒動」というのですが、お由羅自身がどこまで関与していたのかは不明です。
処分もされていませんし、天寿を全うしています。
もしも「密かに我が子の藩主就任を祈っていた」くらいで、陰謀には全く関与していなかったとしたら、イメージだけで諸悪の根源扱いされていてかわいそうですね……。

というか、そもそも斉彬と久光の兄弟関係は決して悪くありません。
久光は勉強も得意なアタマの良い人物で、斉彬も信頼しており、後に彼が江戸に出向いたときは、薩摩藩内の藩主代行のようなことを久光に頼んだりしています。そんな書状も残っております。

 

西郷隆盛にも大久保利通にも大きく影響

それでも、お由羅騒動が与えた影響は小さくありません。
西郷隆盛や大久保利通など、後々討幕や明治政府を作っていく人々にも大きく関係しています。

例えば、隆盛の父・吉兵衛は、切腹になった赤山靱負(あかやま ゆきえ)の介錯を務めた後、その様子を隆盛に詳しく聞かせ、切腹の際に血がついた衣も見せたのだそうです。
これによって、隆盛は斉彬の家督相続のため奮闘するようになったとか。

大久保家では父・利世が琉球館(琉球王国の出張機関・鹿児島と中国福建省に1つずつあった)の仕事を罷免された上に流罪という、重い処分になっています。
利通もまたクビを切られ、一家で困窮してしまいました。

隆盛がこの間、大久保家を援助していたそうですね。

このあたりは大河ドラマ「篤姫」の序盤でも扱われていましたし、多分「西郷どん」でもやるでしょう。
どうせなら、たまには「男の友情」を暑苦しいくらいに描いてほしいものです。
この辺の時代は女性も多く登場しますが、女性がよく出てくるからといって、色恋沙汰のシーンを増やす必要はないですし。

長月 七紀・記

参考:お由羅の方/Wikipedia お由羅騒動/Wikipedia

スポンサーリンク

島津久光と明治維新

 





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日のあらすじ感想レビューは……

-西郷どん特集, その日、歴史が動いた, 幕末・維新

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.