歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

足利持氏自害の図/wikipediaより引用

鎌倉・室町時代 日本史オモシロ参考書 その日、歴史が動いた

永享の乱とは?鎌倉公方・足利持氏が1438~39年に切腹へと追い込まれ

更新日:

室町時代は「ナントカの乱」の時代。

皆さんご存知のとおり【応仁の乱】から戦国時代へと突入していくワケですが、それ以前から物騒な事件は頻発しており、いったい「幕府ってなんのためにあったの?」とアタマを抱えざるを得ません。

今回注目するのはその一つである【永享の乱(えいきょうのらん)

まずは無理やり一行でまとめてみますと。

「永享十年(1438年)8月から翌年2月にかけて、鎌倉公方・足利持氏が、室町幕府六代将軍・足利義教および関東管領・上杉憲実と対立し、結果として足利持氏が敗れ、鎌倉で切腹した」

そんな事件です。

何がどうしてそんなことになったのか。順を追って見てみましょう。

【TOP画像】足利持氏自害の図/wikipediaより引用

 

鎌倉府の長官・鎌倉公方

もともと室町幕府は京都を本拠とした政権です。
同時に、鎌倉幕府の残党を含めた東日本を統治するため、【鎌倉府】という支店のようなものを置きました。

ここのトップが【鎌倉公方】で、足利尊氏の四男・足利基氏とその子孫たちが代々務めています。

そして、その補佐を務めるのが【関東管領】です。

【鎌倉府の仕組み】
室町幕府(足利将軍)


鎌倉府(鎌倉公方と補佐の関東管領)

関東管領はすったもんだの末、山内上杉氏と犬懸上杉氏によって世襲されていました。
この「山内」とか「犬懸」は血統の区別のためにつけられている呼び名で、遡れば同じご先祖にたどり着きます。

当時は、子孫が増えて枝分かれが多くなるので、ままある話ですね。

【歴代の鎌倉公方】
1.足利基氏
2.足利氏満
3.足利満兼
4.足利持氏
5.足利成氏
足利政知(鎌倉に入れず)
足利成氏(鎌倉に入らず)

なお、鎌倉府は、当初10カ国の軍事権を保持しておりましたが、後に行政機能も有していくこととなります。

※10カ国……相模・武蔵・安房・上総・下総・常陸・上野・下野・伊豆・甲斐(後に出羽と陸奥が追加)

1391年時点の鎌倉府管轄国/map by Pqks758 wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

六代将軍の跡目問題から始まった

さて、永享の乱の発端は、足利義教の将軍継承時点に遡ります。

五代将軍・足利義量(よしかず)が跡継ぎのないまま早世したため、ご隠居様だった四代将軍・足利義持がしばらくの間政務を行っていました。

しかし、義持は自分が病に倒れて寿命が見えてきても、六代将軍を指名しません。
その理由が「どうせ俺が死んだら誰も遺言なんて聞かないだろ」(超訳)という思い込みだったのですから、どうにもならん。

足利義満の息子にして四代将軍の足利義持/wikipediaより引用

義持自身、父親である三代将軍・足利義満の政策を否定してきたからこそ、そう思ったのかもしれませんね。
「やったらやり返される」
って、自業自得なんですけど。

当時、義量以外の義持の息子たちは全員出家していました。

その中から六代将軍を選ぶのであれば、還俗して髪を伸ばし、それから元服……と、かなりメンドー。
こういう場合、幼いうちからお寺に入っているため、成長しても【元服を済ませていない=世間的には成人していない】とみなされてしまうので、そこからクリアしないといけなかったんですね。

ここに目をつけて「俺が次の将軍になれる!」と早合点したのがときの関東公方・足利持氏でした。

 

石清水八幡宮のクジで義教に決定!

足利持氏は、当然ながら初代鎌倉公方・足利基氏の子孫です。
れっきとした足利氏の一員ですから、将軍職に就くことは不自然ではない、と思ったのでしょう。

さらに彼の場合は、義持の猶子になっていたことがあるので、他に候補者がいなければ将軍の座が回ってくる可能性もたしかに捨てきれませんでした。

しかし……。

義持が亡くなった後、幕府の中枢たちは
「義持様の息子さんたちからクジで決めて、当たった人に還俗してもらおう」
ということで一致。
実際、石清水八幡宮でクジをひき、義教が六代将軍に選ばれました。

足利義教/wikipediaより引用

クジというのはあくまで出来レースであり、形式上、神託を仰ぐということにして、本当は最初から義教に決まっていた――。
そんな見方も根強い(というか自然かも)ですが、そこは永享の乱にあんまり関係ないので割愛しますね。

「将軍宣下まだかなー♪まだかなー♪」
とゴキゲンだった持氏は、この知らせを聞いて「(゚Д゚)ハァ?」とマジギレ。完全にへそを曲げてしまうのでした。

 

スポンサーリンク

キレた持氏、子供並みに反抗期

将軍になると思っていたのに、直前で落選。
そこで黙っていられないのが身内争いの絶えない源氏のサガなんでしょうか。

足利持氏はこの後、徹底的に子供じみた行動をすることになります。

義教の将軍就任祝いを送らないばかりか、「永享」への改元に応じず「正長」を使い続けたり、本来は将軍が決める鎌倉五山(特に権威がある鎌倉の五つの禅寺)の住職を勝手に決めてしまったり。
目に見えて「義教が将軍だなんて認めません! 俺が本当の将軍です!」という態度を取り始めたのです。子供かっ。

当然、鎌倉府でも「マズイですって……」と考え、持氏を諌める人はいました。

その代表格がときの関東管領・上杉憲実(のりざね)です。

が、持氏は憲実の忠告に耳を傾けません。
歳が一回りも下だったこと。
関東管領が将軍から直接任命される(実際は上杉氏の世襲を将軍が認定するような感じだった)こと。
そうした状況からナメていたんだと思います。

 

上杉禅秀の乱の当事者が後見だった

もしかしたら持氏は、憲実の先々代の関東管領・上杉禅秀(氏憲)に幼少から後見されていたので、「上杉氏は家臣のくせに俺の頭を押さえつけるいけ好かない家」という印象が強かったのかもしれません。

氏憲も氏憲で、関東の有力武士を結集し、鎌倉府を半ば以上乗っ取ろうとして幕府方の武士に討伐されているので、どっちもどっちなんですけどね。
ちなみにコチラの戦いは【上杉禅秀の乱】と呼ばれています。

この辺、名字が同じなのでややこしいのですが、禅秀は上杉氏のうち「犬懸家」という系統で、憲実は本家にあたる「山内家」の人です。
枝分かれしたのがだいぶ前のことなので、この時点では「同じ名字の遠い親戚」くらいの感覚でしょうか。

余談ながら、上杉氏は足利尊氏の母方の実家、かつ高師直の妻の実家でもあります。
だからこそ、室町幕府から名門として扱われたんですね。

もっと血筋を遡ると藤原北家(藤原冬嗣六男・良門/道長よりずっと前の時代の人)に行き着きます。

いわゆる「いい家」はだいたい、どこかしらで皇室か藤原氏に行き着きますね。もちろん例外もありますが。

 

スポンサーリンク

息子に八幡太郎を名乗らせようと画策

閑話休題。

そんなわけで足利持氏は、幕府や上杉氏に対してどんどん反発心を強めていきます。しかも間違った方向で。

上杉禅秀の乱の後始末として、塩谷教綱に命じ、幕府方の宇都宮持綱(塩谷教綱の親戚)を殺してしまうのです。

禅秀を始末したというのは、幕府と幕府方の武士に感謝してしかるべきなんですけども
「ほっといてくれても俺が自分でなんとかできたのに! 余計なことして恩着せやがって!」
とでも思ったのでしょうか。

そもそも、鎌倉府は幕府の代わりに東日本を統治すべき場所です。
幕府との対立は本末転倒。
上杉憲実はそこを含めて持氏へ諫言を繰り返しました。

足利公方邸 旧蹟/photo by Urashimataro wikipediaより引用

持氏も、小さなことでは諫言を受け入れたこともありましたが、それ以上に持氏はマズイ言動を繰り返していきます。

例えば、持氏の嫡子・賢王丸の元服の際、「足利義久」という名をつけました。
キラキラネームでもなし、一見問題ないように見えますが、これが問題オオアリです。

鎌倉公方は将軍家の親戚なので、
「男子の元服にあたっては将軍から偏諱を受ける」
という慣習がありました。

この場合は将軍の名前が「義教」なので、「教」の字をもらって「教○」と名乗るのが順当なところです。

また、「義」の字は足利本家の通字でもありました。
この時点までの鎌倉公方では、「義」の字をつけていた人はおらず、「氏」が通字扱いになっています。

さらに、義久の通称として源氏のご先祖様である源義家を示す「八幡太郎」の名までつけようとしたのです。

八幡太郎と称された源氏の棟梁・源義家/wikipediaより引用

自分の息子に「義」の字をつけたということは、「ウチは将軍家と同格だし、何かあったらウチの息子が次の将軍になるから!」と言っているも同然。

回りくどくてめんどくさい話ですが、中世までのゴタゴタってこういう細かいところから
【不仲→小競り合い→全面対決】
というパターンが多いんですよね……。

 

「今度の将軍は、何かあれば容赦しない!」

繰り返しますが、当時の将軍はあの義教です。

元は延暦寺の座主までのぼりつめた義教。
このころ古巣の延暦寺とは真っ向から対立し、山門使節四人を処刑した後でした。

「今度の将軍は、何かあれば容赦しない!」
そんな姿勢は、遠く離れた鎌倉府にもハッキリ伝わっていたことでしょう。

持氏が高をくくっていたのか。
わかっていてもなお反抗したのか。

いずれにせよ、上杉憲実以下の鎌倉府で働く人々は気が気じゃなかったはずです。

後世から見ると「そんなアホ、とっとと幕府に告発してクビにしてもらえばいいじゃん」と思ってしまいますが、憲実は性格的にも実に生真面目で、さらに儒教に傾倒していたため、どんなにアレな主君でも手荒な真似はしたくなかったようです。
これがぐう聖か。

 

スポンサーリンク

ついに永享の乱が勃発!

憲実は、義久の元服式に出ませんでした。

「口で言うだけでは持氏様は考え直してくださらない。元服式を欠席して、行動で示してみれば……」
と考えたそうですが、式の前に
「日頃、ウザイ憲実を、持氏様は今度こそ始末するつもりだ」
という噂もあったそうです。

そして、ついに持氏は
「あの野郎、俺の倅(せがれ)の大切な日にサボるとはどういう了見だ! ブッコロ!!」
とブチ切れ、兵を出そうとします。

上杉憲実、大ピンチ。
自身の予想とは異なる展開に「かくなる上は腹を切ってお止めするしかない」と切腹の準備を始める始末です。

近習たちに止められて思いとどまりますが、その代わり憲実は、上杉氏の本拠だった上野(現・群馬県)へ引き上げます。
同時に、室町幕府へ事の次第を知らせる使者を出したようです。

後世では、この時点で【永享の乱が勃発】したと受け止められています。

 

本拠の鎌倉府で部下に裏切られ

足利持氏も動き始めました。

鎌倉府を三浦時高(鎌倉時代の御家人だった三浦氏の傍流子孫)にあずけ、自らは武蔵へ出陣。
この一報を京で聞いた将軍・義教は「あの野郎、ついにやりやがったな! ブッコロ!!!」と激怒し、持氏討伐のため駿河・甲斐・信濃の大名へ出兵を命じました。

彼らは主に相模で持氏方の軍と戦い、一勝一敗といった構図になります。

持氏はこれを聞き、武蔵から相模に陣を移して幕府軍を迎え撃とうとしました。

が、その直後に鎌倉府の留守を預けていたはずの時高が「もう持氏様についていけない……幕府方につこう」と覚悟を決めて、一度地元の三浦に戻ってから鎌倉へ攻め込んでしまいます。

意地の悪い人であれば
「留守を任せた相手に裏切られるってどんなきもち? ねえどんなきもち??^^」
みたいな態度を取るところですが、前述の通り憲実はとても律儀な人だったので、そんなことはありません。

一方、鎌倉府は当然のことながら大慌てです。

義久と鎌倉公方家の親戚にあたる足利満貞は報国寺。
義久の弟である安王丸・春王丸は下野日光山。
もう一人の弟・永寿王丸は甲斐を経て信濃へ。
散り散りに逃げていきます。

彼らは全員、元服前の少年たちだったんですが……トーチャンのせいで大迷惑ですね。

このとき上杉憲実は、越後・上野の兵を率いて、武蔵分倍河原まで出陣しました。
積極的に持氏の首を取ろうとはせず、先陣としてやってきた軍を追い返すに留めています。

それから半月ほどして、憲実の重臣で鎌倉付近まで兵を率いていた長尾忠政が、鎌倉へ帰ろうとしていた持氏と葛原(神奈川県藤沢市)でばったり出くわします。

忠政は持氏を説得し、幕府軍へ降参するよう促しました。

事ここに至って、持氏もやっと状況を冷静に受け止め、出家を決意。
さらに持氏方の一色直兼と上杉憲直を処分(という名の自害命令)することを約束し、数日のうちにそれを実行しました。

忠政はいわゆる文武両道タイプだったようだから、弁も立ったのでしょう。

 

余波は続き結城合戦に繋がる

憲実もこれに安堵し、持氏親子の助命を義教に頼んだ……のですが……が、果断がモットーの義教は同意しません。

「持氏を徹底的に追い詰めろ! どうしてもイヤだと言うなら、お前もまとめて始末してやる!」
と、半ば以上脅迫をし、憲実はにっちもさっちもいかなくなります。

かなり逡巡の末、結局は将軍に逆らいきれずに出兵。
持氏と義久、その近臣たちは自害し、これにて【享徳の乱】は終わりを告げました。

余波は、しばらく続きました。

鎌倉から脱出した持氏の息子たち安王丸・春王丸・永寿王丸が結城氏朝の元へ身を寄せ、結城城に立てこもり「結城合戦」が始まります。

現在の地名では岐阜県不破郡垂井町。関が原の近くです。

幕府と山内上杉家の軍に攻め込まれ、安王丸と春王丸は美濃国垂井で斬罪。
しかし、末っ子の永寿王丸の番になろうというところで【嘉吉の変】が起き、彼は命を取り留めました。

そして結城合戦から宝徳元年(1449年)に新たな鎌倉公方へ任じられ、将軍・義成(後の足利義政)の一字をもらって成氏と名乗るようになります。

あとは持氏の旧臣にあたる大名たちが成氏に仕え、鎌倉府が再興となるはずだったのですが……。

成氏は、憲実の子孫及び親戚である山内上杉家・扇谷上杉家と対立してしまうのです。
いわば敵対関係が継承されてしまったんですね。

成氏からすれば、上杉氏は父の仇だから仕方ないのですけれども、そもそもが持氏の勘違いと逆恨みを極まらせたのが原因です。
子供だった成氏がその事情を知っていたかどうか不明ですが。

この対立が【享徳の乱】へとつながっていきます。

恨みつらみは当事者の代で解決しておかないと、本当にロクなことになりません。

長月 七紀・記




スポンサーリンク


【参考】
国史大辞典「永享の乱」
永享の乱/wikipedia

 

織田信長 武田信玄 真田幸村(信繁) 伊達政宗 徳川家康 豊臣秀吉 毛利元就 




×

-鎌倉・室町時代, 日本史オモシロ参考書, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.