絵・富永商太

織田家 その日、歴史が動いた

「京都御馬揃え」は織田家の戦国大パレード!信長の狙いは何だった?

更新日:

2月下旬は織田信長関連の出来事をちょいちょい目にします。
新暦に直すと4月頃になりますので、春を迎えて何か行動を起こすのに適した時期だったのでしょう。

というわけで天正九年(1581年)2月28日は、京都御馬揃え(きょうとおうまぞろえ)が行われた日です。

本能寺の変前年で、信長48歳のとき。
よく見てみるといろいろな推測ができて結構面白いイベントですよ。

 

家臣だけでなく公家も参加OK

”馬揃え”というのは、簡単に言えば軍事パレードです。
騎馬武者の美々しさや馬そのものの優劣を競うもので、かつては源義経もやったことがありました。

当時の武士や大名は、軍事の一環として名馬の収集に余念がありませんから、皆かなり体躯のいい馬に乗っていたはずですし、その威容を誇るのも対外的なアピールとしても自然なことかもしれません。
今で言うなら、海上自衛隊の観艦式に近い感じかと思われます。

このときは会場が内裏(天皇の住まい)の近くだったこともあり、正親町天皇も招待され、かなり大規模なものになりました。

「騎馬の心得があれば公家もおk」ということになっていたので、信長や家臣だけでなく、武闘派貴族・近衛前久(さきひさ)なども参列しています。
お公家さんって牛車に揺られているイメージが強いですが、自ら馬に乗る人もいたんですね。

 

光秀も先頭集団に連ねていた

さて、馬揃えに限らず、儀式には序列が必須です。

当然、身分が高い・もしくは年長者から順に並ぶのが定番ですが、この馬揃えについては例外な部分がたくさんありました。
出典が、信長の威光増し増しの『信長公記』ですので、すべて鵜呑みにしていいのかわからないのですが……。

まず第一番が丹羽長秀というのはいいとして。
二番以下は四番までは比較的新参の者です。中には明智光秀もいて、当時、彼が織田家内で高い位置にいたことがうかがえます。

翌年裏切るんですけどね。

ちなみに彼らは近畿周辺の武士たちを率いていましたので、織田家としては「もはや地元は完全に押さえたぜ!」というメッセージが込められていた可能性もあります。

明智光秀/wikipediaより引用

 

長男・信忠の次は次男……ではなく

次に続いたのが一門衆。
つまり織田家の血筋に連なる面々でした。

もちろんその先頭は、当時すでに家督を継いでいた織田信忠です。

次に無能とされがちな次男の織田信雄
以下、年齢順……かと思いきや、三番目は信長の弟・織田信包(のぶかね)で、四番目が三男・織田信孝とわけのわからん状態になっています。

信包は信忠の補佐についていましたし、信孝は他の家へ養子に入っていたので、この辺が理由でしょうか。

全体的に単なる年齢順にはなっていないので、信長が信頼していた順と見ることもできますが、ならどうして信雄が二番目に?
「織田信雄は単なる愚将ではない」と指摘される方もおりますので、もしかしたら有能だった可能性も……あるますかね。

 

武田家に信濃から追い出された小笠原の姿も

一門衆の後に続いたのが公家の人々でした。

上記の近衛前久は准三后(じゅさんごう・皇族以外で皇族と同等とする身分)を認められていましたので、公家の先頭でやってきます。
信長と個人的な親交もあり、武田攻略にも随行したそうですから、公家にしてはかなり武道にも通じた人だったんでしょうね。

その後は概ね官位順に並び、最後に小笠原長時という武士がいます。

もともと信濃(だいたい長野県)の大名だったのですが、武田信玄(晴信)に追い出された後は近畿の親戚筋を頼り、この頃は信長の庇護を受けていました。
小笠原氏は代々武家のしきたりを伝える役を担っていましたので、その性格から公家扱いにしたのかもしれません。

次に、信長お気に入りの騎馬兵や小姓たちを挟んで、越前衆というグループが続きます。

書いて字の如く、柴田勝家をはじめとした越前(北陸~新潟)方面の攻略軍に割り当てられていた武将たちです。
攻略の合間を縫って上洛・参加したそうですから、この馬揃えが織田家の中でかなり重視されていたことがわかります。

ちなみに後々柴田勝家と敵対する羽柴(豊臣)秀吉は、中国地方攻略を進めていて不参加でした。残念。

その後はこれまた信長お気に入りの力自慢が続きます。
例の「相撲大会でスカウトした」人とかですね。

力士ですからそうとう身体も大きかったでしょうし、よく馬が耐えたものです。
力士の次は坊主衆(×ハゲ ○ブレーン)だったらしいので、体格差でより大きく見えたでしょうね。

最後はもちろん、我らが信長サン!

当時とても珍しかったビロードのマントに南蛮胴(西洋風の鎧)を着けていたそうです。
残念ながら物が現存していないため、色合いやデザインははっきりわかりませんが、皆さん度肝を抜かれたことでしょう。
※次ページ(信長の狙いは何だった?)へ

 

義昭に圧力をかける狙いもあったのかも?

さて、ここで久々にワタクシめのトンデモ仮説をご披見いただければと思います。
この馬揃えの目的についてです。

イヤな予感のした方は他の記事へどうぞ。

この馬揃えは「正親町天皇へ譲位を迫るための脅しだった」なんて話もありますが、信長の皇位簒奪説については多方面で否定されております。

それよりもっと脅迫できそうな人物がいませんか?
そうです。ここより遡ること四年前、大内氏のもとへトンズラした足利義昭です。

義昭は京都を追い出され、実質的に室町幕府は滅んでいたものの、未だ征夷大将軍の位にありました。
近畿以西では義昭派の大名も少なからず存在していたといいます。

そして、義昭は兄である剣豪将軍・足利義輝に勝るとも劣らない筆マメであり、京都を出る前から方々の大名に手紙を送り、信長包囲網を敷かせていたのは割と有名な話です。

等持院霊光殿に安置されている足利義昭坐像/wikipediaより

等持院霊光殿に安置されている足利義昭坐像/wikipediaより

もし、この時点でも義昭が信長との対決を諦めておらず、あちこちの大名に働きかけて、打倒織田家の動きを見せていたとしたらどうでしょう?

信長は、この頃には全国を制覇するつもりだったでしょう。

そんな場面で、将軍義昭の名の下に「打倒信長!」とされたら、さすがに厄介。
そこでこの馬揃えによって義昭を精神的な面から威圧し「オメーの席もうねーから!!」と諦めさせる意味があったのでは……?

中国地方の攻略は、相手が強大な毛利です。
色々とプレッシャーをかける必要性も痛感していたに違いありません。

 

信長が譲位を迫る理由はなく

式年遷宮や儀式など。
信長はそれまでにも正親町天皇はじめ朝廷には、財政面で支援をしておりました。

天皇としても織田家の武力は重々承知していたはずですから、今さら脅す必要がありません。

譲位の件についても信長が迫ったという確実な記録はなく、正親町天皇が高齢や病気を理由に申し出たものの、他ならぬ信長が反対した――という説もあります

天皇制存続の危機だった?信長が皇位を狙っていたという噂は本当か

長 ...

続きを見る

世の中には「難しく考えすぎて迷宮入り」になっちゃう事柄は案外多いもの。

もしかすると信長は「あっちこっちにウチの兵力を見せ付けてやったし、天皇も喜んでるし一石二鳥!」とご満悦で、正親町天皇は「これなら心強い!信長に任せておけば次代も安心じゃ!」と大喜び……なんて単純な話だった可能性も大いにアリでしょう。

正親町天皇/wikipediaより引用

こればっかりは当時にタイムスリップして二人の頭の中を覗かない限りはっきりしませんから、なんとも言いがたい話ですが。
もうちょっとアテになる史料が出てきたらいいんですけどねえ。

ということで、最後に京都馬揃えのメンバー(並び)を列挙して本稿の終わりとさせていただきます。

 

◆京都馬揃えの陣容

一番部隊……丹羽長秀・摂津衆・若狭衆・革島一宣
二番部隊……蜂屋頼隆・河内衆・和泉衆・根来寺大ガ塚・佐野衆
三番部隊……明智光秀・大和衆・上山城衆
四番部隊……村井貞成・根来衆・上山城衆
織田一門……織田信忠・美濃衆・尾張衆・織田信雄・伊勢衆・織田信包(のぶかね)・織田信孝・織田信澄・織田長益・織田長利・織田勘七郎・織田信照・織田信氏・織田周防・織田孫十郎
公家衆……近衛前久・正親町季秀・烏丸光宣・日野輝資
旧幕臣衆……細川昭元・細川藤賢(ふじかた)・伊勢貞景・一色満信・小笠原長時
九番部隊……お馬廻り衆・お小姓衆
十番部隊……柴田勝家・柴田勝豊・柴田三左衛門尉・不破光治・前田利家金森長近・原政茂
十一番部隊……お弓衆百人(平井久右衛門と中野一安が先導)

長月 七紀・記

【参考】
『信長の政略: 信長は中世をどこまで破壊したか』(→amazon link

 



-織田家, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.