足利基氏/wikipediaより引用

鎌倉・室町時代 その日、歴史が動いた

9歳で初代鎌倉公方となった足利基氏 トラブルの末の不審な最期とは?

投稿日:

興国元年=暦応三年(1340年)3月5日は、足利基氏(もとうじ)が誕生した日です。

室町幕府の初代将軍である尊氏の四男で、正室生まれとしては二人目。
側室生まれの兄である竹若丸と直冬は生年月日がはっきりしていませんから、この点でも正室と側室の差がわかりますね。

もちろん、後に二代将軍となる足利義詮(よしあきら)も生年月日が記録されています。

基氏の場合は、鎌倉幕府を倒した後に生まれているので、より記録を残しやすかったのかもしれません。

 

9歳で鎌倉へ送られ公方となった

基氏について幼少期の逸話で目立ったものはありません。
9歳のときに鎌倉公方として鎌倉に送られているので、それまで心身共に健康に育ったものと思われます。

基氏が送られるまでは足利義詮が関東を任されていたのですが、観応の擾乱足利尊氏と直義による史上最大の兄弟喧嘩)が勃発すると、尊氏が「ちょっとこっちで戦になりそうだから戻ってこい」(※イメージです)と呼び戻したのです。

家臣が付けられたとはいえ、よくもまぁ9歳の基氏を遠く離れた関東へ送ったものですよね。

このくらいの歳なら「元服まであと数年」というところですから、「もうあいつもデカくなったしヘーキヘーキ」とか思ったんですかね。この時期の尊氏は躁うつの躁状態だったに違いありません(個人の感想です)。

元々は平重盛像とされ、現在では足利尊氏が有力となっている肖像画/wikipediaより引用

 

上杉家と高家からの有力者が補佐に着いた

こうして鎌倉へやってきた基氏を支えたのが、上杉憲顕(のりあきら)と高師冬(こうの もろふゆ)でした。

憲顕は尊氏の従兄弟、師冬は高師直の従兄弟。
名実ともに当時のトップクラスのお偉いさんたちです。

最初のうちは基氏に協力していた二人でしたが、ここにも観応の擾乱の余波が押し寄せると、憲顕は尊氏の弟・足利直義に、師冬は同族の高師直に味方することとなりました。

師直が暗殺されるとやはり形勢が傾き、師冬は憲顕ら直義派の武将たちに追い詰められて、自害することになります。
しかし、乱が終わると憲顕も直義派の武将たちに見放され、鎌倉を追われて出家しました。

ですが、基氏は憲顕に相当いい印象を抱いていたらしく、呼び戻して関東管領につけています。

 

可哀想な宇都宮さん 約束を反故にされ職を奪われるも

この間、基氏も成長して新田義興(義貞の息子)を討っておりました。
ゆえに兄・義詮に対する発言権も強めていたことでしょう。

基氏は憲顕を呼び戻しただけでなく、更に越後守護の職も与えます。

と、これが問題。かつて尊氏が宇都宮氏綱という人に与えたものだったからです。

氏綱は観応の擾乱で武功を挙げてこの職をもらっていたので、ぽっと出(に思える)義顕にかっさらわれては、当然腹が立つわけです。

基氏も当時は待ってましたとばかりに宇都宮征伐に動きましたが、氏綱が降伏を選んだため、さほど長引かずに済みました。
何だか氏綱がかわいそうですね……。
そして義詮も基氏もトーチャンの意向を無視しすぎじゃ?(´・ω・`)

ともあれ、こうして鎌倉府は基氏と憲顕によって地固めができました。

 

ここで基氏は、別の方向で鎌倉を豊かにしようと思い立ちます。

尊氏が大変世話になっていた僧侶・夢窓疎石の弟子である義堂周信を招き、禅や文学を奨励したのです。
周信は基氏の息子・氏満の教育係も務めているので、公私共に信頼関係があったものと思われます。

基氏は和歌と笙(しょう・雅楽などで使われる日本古来の楽器)を嗜み、美食を愛する人物だったそうなので、普段は付き合いやすかったのでしょう。

周信自身が「私と基氏とは君臣を超えた付き合いをしてきた」と日記に書いているくらいですから。

 

室町vs鎌倉の対立を深め、戦国時代の遠因となり……

しかし、基氏は正平二十二年=貞治六年(1367年)4月に突然亡くなってしまいます。

死因は麻疹だといわれていますが、この時期の鎌倉府に同じ死因の人がいなさそうなので、アヤシイものです。
麻疹は伝染病ですから、基氏だけがピンポイントで亡くなるというのは、どうにも……。

ちなみに義詮も同じ年の12月に亡くなっています。怪しすぎ。

ついでにいうと、義詮の息子である三代将軍・義満と、氏満のあたりから
【幕府vs鎌倉府の対立】
が始まり、関東における戦国時代の遠因ともなりました。

観応の擾乱といい、「室町幕府って最初から最後まで内紛だったんかい」とツッコミたくなってしまいますね。
それでいて、基氏の子孫はちゃっかり明治時代まで存続している系統もあったりするのですが。したたかというかなんというか……。

足利家の面々を理解するには、源氏や徳川家の人々よりもさらに深い研究が必要になりそうです。だから大河にもなりづらいんでしょうか。

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
足利基氏/Wikipedia

 



-鎌倉・室町時代, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.