本多正信/wikipediaより引用

徳川家 その日、歴史が動いた

家康のマブダチ本多正信~有能なのに身内から評価ボロクソだった理由は?

更新日:

元和二年(1616年)6月7日、徳川家の能臣・本多正信が亡くなりました。

徳川家康のことを描く作品にはだいたい登場する人物ですが、その名前や演じた俳優さんの名前よりも「悪役」とか「腹黒い」という印象が強くありませんか?

これはおそらく正信の経歴や、担当していた仕事によるイメージの影響かと思われます。

一体どんな影響なんでしょうか。
生涯を追いながら考えてみましょう。

 

一揆では家康と袂を分かち

正信は、天文七年(1538年)に三河で生まれました。
最初は鷹匠として、後に武士として家康に仕えるようになりましたが、永禄六年(1563年)の三河一向一揆で一揆衆につき、一度袂を分かっています。

一揆鎮圧後もすぐに帰参はせず、松永久秀のもとに一時身を寄せた後、流浪していた時期がありました。
その間の行動や、帰参の時期はハッキリしません。
松永のもとにいたというのも「怪しい」と指摘されています。

徳川家に戻ったのは本能寺の変の前であることは間違い無さそうです。

本能寺の変と言えば、家康が堺から本国へと逃げ帰った「神君伊賀越えに同行していた」など、正信には曖昧な話が多くつきまといます。
記録上は、このとき家康のお供をした34人の中に正信の名前はないのです。

これも、評判の悪さを払拭するため後から付け加えたかのようである……というのは穿ちすぎですかね。

彼が本領を発揮し始めるのは、家康が旧武田領を手に入れた頃から。
能吏としての動きが出てきます。

旧武田家臣に呼びかけ、領地を与える代わりに徳川家へ来るよう誘ったとか。こうして甲斐・信濃(現在の山梨・長野県)を統治しやすくしたのです。
三河武士らしからぬ策謀の香りがするのも、逆に家康には貴重だったのかもしれません。

通称の「佐渡」は天正十四年(1586年)に朝廷から従五位下・佐渡守に任じられたことによります。
戦国時代は自称の官位と正式に任じられた官位が混ざるところがややこしいんですよね。

 

秀吉の死後 徐々に活躍が目立つようになる

家康が関東に入ってからは、相模国玉縄で1万石を与えられ、大名の仲間入りを果たしました。
そして秀吉が慶長三年(1598年)に亡くなってから、正信の活躍が目立つようになります。

これも正信に黒いイメージがつく理由のひとつでしょう。
秀吉が亡くなった後から関が原までは、家康もいろいろと策謀を巡らせていた時期です。

程なくして勃発した関が原の戦いでは、秀忠に従って中山道から上田城の戦いに参加しました。

正信は「上田城を落とすより、父君との合流を優先すべきです」と進言したのですが、秀忠が聞き入れなかったとされています。

これは正信に力がないというよりも、
「正信に秀忠の手綱取りができるかどうか」
をきちんと把握できていなかった家康が悪い気もしますけどね。

正信は後に家康の後継者を選ぶ際、結城秀康を支持したといいますから、元から馬が合わなかったのかもしれません。

その後は家康の征夷大将軍就任に際しては、朝廷との折衝役を務めました。

同時期に本願寺が分裂しかけており、これを家康に報告して分裂を促進させたともいわれています。
↓詳しくはこちらで。

東本願寺と西本願寺~二つに分かれているのは秀吉と家康のせい?

戦 ...

続きを見る

 

江戸幕府樹立と共に大老同然の重要ポジションへ

慶長八年(1603年)に家康が将軍となって幕府が開かれると、正信はいよいよ幕政に直接関わるようになります。

そして家康が隠居した後も、老中として秀忠の政治を支えました。

幕府開府の功労者ということもあってでしょうか。
慶長十五年(1610年)には大老同然の立ち位置へと大出世。。

それに従って黒い噂もよりグレードアップし、大久保忠隣失脚を誘導したとかしていないとか。
政治家に黒いイメージが付きないのは今も昔も同じですね。

息子・本多正純の家臣である岡本大八も、結果的に有馬晴信が死罪となる事件を起こしていますし。

慶長十八年(1613年)に高齢のため暇を出されましたが、大坂冬の陣では献策を行ったといいます。
正信は若い頃から足が不自由で、晩年には歩行困難だったそうですから、手紙ですかね。

そして家康が亡くなった同年、2ヶ月後に正信も息を引き取っているのが何ともいえないところです。
こういう例、他になくはないですが、多くもないだけに余計に残念ですね。

 

「佐渡の腰抜け」「腸の腐った奴」って身内からの評価ボロクソ

いずれにせよこんな生涯だと何となく黒い仕事が多かったように感じられても仕方ないのかもしれません。

実際、その印象のせいか、他の徳川家臣からの正信評価は散々なものです。

本多重次(通称・鬼作左)や忠勝などの同じ本多姓からは「佐渡の腰抜け」「同じ苗字でも無関係」とされ、榊原康政からは「腸の腐った奴」というボロクソぶり。
後世に書かれた書物が出典のものもあるので、ここまでは言っていないかもしれませんが、好人物という評価でなかったことは確かでしょう。

一方、一時期、主だった松永久秀は「徳川家の家臣は武辺者が多いが、正信は剛・柔・卑のどれにも偏らない器を持っている」とかなり褒めています。
……まさかボンバー松永に高く評価されてるのが悪評の元だったり……。

家康にも「友」と呼ばれたり、帯刀したまま寝室への出入りを許されたりと、ひいきを受けていたらしき逸話があります。

この辺からすると、元から武働きよりも智謀で功を挙げたことや、家康に気に入られていたことから嫉妬を受けて悪評が立つようになったのではないでしょうか。

徳川四天王・榊原康政 文武両道の男は秀吉に「10万石の懸賞首」をかけられ

徳 ...

続きを見る

 

家康にも敢えて苦言を呈する一方、周囲に気を遣える人物だった?

しかし、正信も完全に周りが見えていなかったわけではなさそうです。

家康が些細な事で近習を罵倒していたとき、間に入って「一度ご機嫌を損じたからといって萎縮する必要はない。上様は大声を出されてのどが渇いておいでだから、お茶をお持ちせよ」と、なだめた話があります。

またあるときは、賤ヶ岳の七本槍の一人・加藤嘉明に50万石を与えようという話になりかけたとき、正信が「加藤殿には20万石がよろしいでしょう」と言ったことがありました。

加藤嘉明/wikipediaより引用

これが嘉明にバレ、当然詰め寄られました。
うまく行けば大身になれたのに、正信のせいで半分以下になってしまったのですから当然ですよね。

しかし正信は「貴殿は優れた人物だが、豊臣家への恩が深すぎる。大国の主となれば要らぬ疑惑も持たれるでしょう」と嘉明を諭したのだそうです。

家康にも、あえて苦言を呈していたとか。

三河武士には忠実故に献言をするタイプは少なかったため、家康は正信を重んじたのではないでしょうか。
「友」と称したのも、「忠告してくれる貴重な相手」という評価の現れだったのかもしれません。

 

領地加増は3万石まででファイナルアンサー!

まとめてみると、
「理性に偏りがちなところもあるが、人の気持ちがわからないわけではない」
感じがしますね。

他の徳川家臣にボロクソに言われても、直接、正信が誰かと大ゲンカしたという話もありません。

正信もやっかみを買っていることは自覚しており、息子・正純に「3万石まではお受けしても良いが、それ以上を受ければ必ず災いのもとになる」と忠告していました。
秀忠にも「我が家を存続させてくださると思し召しならば、息子の所領を増やすのはおやめください」と頼んでいます。

もっとも、これは後に正純が宇都宮で15万5,000石を得た後、通称【宇都宮釣天井事件で失脚した後に出てきた話かもしれませんが。

おそらく、正信は
「有能だが、仕事の内容が黒いので本人も腹黒いと思われてしまった」
「しかも本人がそれを払拭しようとしなかった(思いつかなかった?)」
ために、「真っ黒な人物」というイメージが定着してしまったのではないでしょうか。

深謀遠慮ができる人物であることは間違いないでしょう。
もしかすると、先が見える分「自己弁護をしても仕方がない」と諦めていたのかもしれません。

石田三成のように、もうちょっと地元でのいいエピソードがあればまた評価が変わるでしょうけれども、どうですかね。

こういう人を綺麗に描きすぎると「ひいきしすぎwww」という感じになりますし、今のままだと創作の主人公にするのも難しそうですね。
「有能だけど不器用な参謀」くらいなら大丈夫でしょうか。

長月 七紀・記

徳川家康は3度の死地を乗り越え天下人に!75年の生涯をスッキリ解説・年表付き

誤 ...

続きを見る

【参考】
国史大辞典
『戦国武将合戦事典』(→amazon link
本多正信/Wikipedia

 



-徳川家, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.