ブーディカ

ブーディカ像/photo by Aldaron wikipediaより引用

イギリス

戦士女王ブーディカ! ケルト族を率いてローマ軍相手に血みどろの戦闘へ

人気スマホゲームの『Fate』シリーズ(FGO)。

「騎兵」のサーヴァントとして登場する【ブーディカ】は、『シヴィライゼーション』シリーズにも登場した史実のイギリス女王です。

心優しい女王様とかの類ではありません。

「国を守った愛国心」の象徴として、フランスにおけるジャンヌ・ダルクのような扱いを受けています。

ジャンヌ・ダルクはなぜ処刑された? オルレアン包囲戦から最期の時まで

続きを見る

日本ではイマイチ知名度の低い存在ですが、その凄絶な人生、炎のような闘争心は、時を超えて歴史ファンの心を震わせるもの。

彼女はローマ軍に叛旗を翻し、激闘に身を投じました。

一体なぜ?

そこにはケルト民族の哀しい歴史がありました。

 

他民族侵攻に苦しんだブリテン諸島

四方を海に囲まれながらも、ヨーロッパ大陸からは近接していたブリテン諸島。

周辺民族にとってこの島々は、古来より「すぐに侵略できそうな美味しい土地」でもありました。

今でこそ世界をリードするような存在でありますが、古くからこの島に暮らす人々は海からの侵略、そして20世紀以降は空からの脅威にさらされ、防備を固めるのに必死でした。

ざっと挙げますと……。

ギリギリのところまで追い詰められ、ついにはヴァイキングを撃破したアルフレッド大王(9世紀)。

スペインの「無敵艦隊」を撃破したエリザベス1世(16世紀)。

ナポレオンの侵攻から国を守り抜いたネルソン提督(18世紀)。

「バトル・オブ・ブリテン」等激戦を勝ち抜き、ナチスドイツから国を守り抜いたチャーチル(20世紀)。

英国史最強の王はアルフレッド大王! 焦げたパンの逸話は今も愛されて

続きを見る

ネルソン提督
ネルソン提督の英海軍は世界最強!そのカリスマには男も女も惚れてまうんや

続きを見る

こう記すと『やっぱり連戦連勝やないか!』と思われるかもしれませんが、アルフレッド大王以前はいとも容易く侵略されていたのです。

実際、9世紀以降で海防に成功するようになってからでも、11世紀のノルマン・コンクエストには敗北しており、現在まで続くイギリス王室は、フランス系侵略者の系譜となっているほどです。

では、ブーディカという女性はどんな存在なのか?

彼女は、もっともっと古い時代で実に1世紀のお話。

ブリテン諸島で多くの民族が溶け合う前の女王でした。

イケニ族の女王として娘たちと暮らしていたのですが、ある日を境に怒りを燃やす戦士女王として、ローマ軍相手に血みどろの叛旗を翻すようになるのです。

 

ローマが私を裏切った……女王、怒りの涙

紀元前43年。
ローマ軍がブリテン諸島に上陸を開始しました。

そのころ、同諸島に暮らしていたのは、ケルト人と呼ばれる人々でした。

彼らは大陸から移動して定住したと思われる部族。

小さな氏族(クラン)単位で暮らしていました。

※ディズニー映画『メリダとおそろしの森』のヒロイン・メリダは赤毛の少女で、典型的なケルト系です

ブーディカの夫・プラスタグスは、こうしたケルト人氏族であるイケニ族の王でした。

彼らは当時ブリテン諸島を支配していたローマと良好な関係を保っていたのです。

イケニ族の支配地域/illust by Yorkshirian wikipediaより引用

王としての地位も保たれ、ブーディカは夫と娘たちと幸せに暮らしておりました。

ケルト系の人々は燃えるような豊かな赤毛が特徴とされますが、ブーディカも同様に赤く美しい髪をたなびかせていた――と伝わります。

王の妻らしく「トルク」(首輪)という装身具も身につけていたことでしょう。

トルク/photo by Rosemania wikipediaより引用

しかし幸せは、夫の死後、突如崩壊します。

妻として財産を継承できると信じていたブーディカに対し、ローマ側からくだされた返答は冷酷なものでした。

「ローマの法では、女性に相続権はない」

愕然とするブーディカ。話が違うではないか。

怒りが込み上げてくる彼女に対し、ローマはさらにイケニ族の領土を取り上げ属州としてしまいます。

そうなればもはやブーディカ自身だけの話ではありません。イケニ族の貴族たちも住居や財産を失うこととなったのです。

「こんなことはおかしい! イケニ族に返してください!」

怒ったブーディカは猛然と抗議しました。

対する、ローマの仕打ちはさらに冷酷であり人道を外れるものでした。

ブーディカは鞭で打たれた挙げ句、娘たちはローマの兵士に陵辱され、奴隷とされたのです。

彼女の胸に、怒りの炎が滾りました。

「このままローマに服従するくらいならば、私は戦う!」

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-イギリス
-,

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)