日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク



西郷どん特集 その日、歴史が動いた 江戸時代 幕末・維新

徳川昭武 徳川慶喜の弟はパリ万博へ行ってる間に幕府が消える波乱万丈

更新日:

人生とんとん拍子に行くのが理想ですが、9割くらいの人はそうはいきませんよね。まあ、あまりに予想通りすぎてもきっとつまらないでしょうけれども。
今回は、身分的には恵まれていたのに、時代的にタイミングが合わなかった……という、とある人の残念なお話です。

慶応三年(1867年)3月7日は、最後の将軍・徳川慶喜の弟である徳川昭武が留学のため、パリへ到着した日です。
お兄さんと比べてなかなか語られることのない人ですが、いろいろ苦労をしています。
どんな一生を送ったのでしょうか。

さすが慶喜さんに似て……るとまでは言えないか/Wikipediaより引用

 

渋沢栄一らと共にヨーロッパへ留学

昭武は、駒込にあった水戸藩の中屋敷で嘉永六年(1853年)に生まれました。世情の不安定さなどの理由で、幼い頃から水戸と江戸や京を行ったり来たりしています。

10歳のときには京で佐幕派のリーダーをやっていたりします。もし慶喜が新政府に徹底抗戦するつもりであれば、このときの縁でいろいろやらされることになったかもしれませんね。

実際には、14歳のときに清水徳川家(御三卿の一つ)に養子入りして家督を継いで水戸家から出ています。そして、同時に兄・慶喜の名代でヨーロッパへ留学することになりました。
この時のお供の一人が、以前取り上げた渋沢栄一です。

パリについた後はナポレオン3世に謁見した後パリ万博を見物し、その後スイス・オランダ・ベルギー・イタリア・イギリスで各国の王に謁見。一周してパリに戻ってきてからはヨーロッパのあれこれを学んでいます。

が、翌年に慶喜が大政奉還を行ったことから、昭武の立場が微妙になってしまいました。良くて一般人に格下げ、悪ければ罪人扱いになるからです。
ヨーロッパの常識で言えば、前政権の一族は皆殺しになってもおかしくはないですしね。

当時のパリ万博。なんだか完成度高し/Wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

廃藩置県で知事を罷免されると、今度は陸軍の教官に

お供の中には先に帰国する人もいました。
昭武は、慶喜から「お前はそのままそっちで勉強してなさい」(意訳)という手紙が届き、しばらくパリに残ります。
しびれを切らした明治新政府から帰国命令書が届いたため、やむなく帰国を決意することになるのですが、最後に10日間かけてカーンやシェルブール、ナントなどを旅行したようです。
カーンは城下町、シェルブールとナントは港湾都市なので、帰国してから何かしら役立てるための視察だったのでしょうか。

ベルギーを訪問したときの昭武(左から3番目)/Wikipediaより引用

パリに戻ってきたとき、長兄で水戸藩主の慶篤が亡くなったため、跡を継ぐようにという知らせを受け取ります。
こうして昭武の留学は1年ほどで慌ただしく終わることになってしまいました。

が、この間藩主を失った水戸藩では内乱状態になってしまったので、他の人々にとっては良かったかもしれません。
戊辰戦争時に不在だったためか、昭武は版籍奉還の際にすんなり水戸藩の知事に任じられています。その後「北海道の土地をください」と願い出た時も、あっさり許可が降りました。

流石に廃藩置県の際は免職になってしまいましたが、4年ほどゆっくり過ごした後、陸軍に入っています。とはいえ、やはり出身が出身だからか、実戦に赴くわけではなく、教官としてでしたが。
このとき昭武は22歳ですから、現代でいえば新卒の先生みたいな感じだったんですかね。

 

30歳で奥さんに先立たれ即隠居 松戸の戸定邸で過ごす

陸軍の教官になった翌年に結婚し、その後も度々ヨーロッパへ留学したり旅行したりしています。
とはいえ、長女が産まれたときに奥さんが亡くなってしまったため、あまりプライベートでは幸せではなかったのかもしれません。なんせ妻の死から4ヶ月後に、30歳で隠居願を出しているくらいですから。

家督は甥っ子に譲り、その後は千葉県松戸市の戸定(とじょう)邸という屋敷で隠居生活をしていたようです。現在は千葉大学園芸学部のお隣にあたるのですが、さすが元大名の屋敷というべきか、立派なものです。
大正天皇が皇太子時代に行啓されたこともあるとか。

松戸市の戸定邸HP お近くの方はよろしければ♪

 

隠居後の昭武は同じく隠居した兄・慶喜とも互いに行き来し、写真や狩猟など、共通の趣味で仲良く過ごしていたようです。
基本的には「ご隠居さん」で、麝香間祗候(じゃこうのま しこう)という明治天皇の相談役に任じられていたため、度々皇居へも来ていたとか。この役職には武家の人々も多くいて、同じ徳川家では家達(慶喜の次の徳川宗家当主)や慶喜も任じられていました。

徳川の人が一堂に会することがあったのかどうかはわかりませんが、皇居の一室で、武家社会の終わりについて語らうこともあったのかもしれませんね。

長月 七紀・記



スポンサーリンク

スポンサーリンク

参考:今日は何の日?徒然日記 徳川昭武/Wikipedia 戸定歴史館/松戸市

 

 

意外と優しい!? 織田信長さん



生誕450周年!伊達政宗さんの生涯



毛利元就はナゼ一代で中国地方の覇者となれた?


井伊直虎の生涯46年をスッキリ解説!



武将ジャパン・TOPページへ戻る



スポンサーリンク

-西郷どん特集, その日、歴史が動いた, 江戸時代, 幕末・維新

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.