蘆名盛氏

蘆名盛氏/wikipediaより引用

蘆名家

蘆名盛氏・会津の名将が伊達と組み武田や北条とも繋がった手腕とは

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
蘆名盛氏
をクリックお願いします。

 


直江兼続も目をつけていた要塞

このとき盛氏は不惑の40才を過ぎたばかり、嫡男・蘆名盛興は15歳になっております。

城が出来上がった頃には、蘆名はますます伸びるはず――。

そんな期待をこめての築城でした。

阿賀川対岸から望む向羽黒山城跡/photo by Qwert1234 wikipediaより引用

残念ながら、現在は遺構が残るのみです。

ゲームにすら出ることなく、ここまで旅行に来る方は、相当の城めぐり上級者さんでしょう。

会津なら鶴ヶ城、マニアでもせいぜい猪苗代城あたりまでです。

ただ、行く価値は大いにあろうかと思われます(会津美里町観光ポータルサイト→link)。

ぜひとも、ここは千田嘉博先生のご意見を伺いたいところで、なにせ規模は大きく、あの直江兼続すら、神指城と並ぶ要塞として目をつけていたほどなのです。

石垣の積み方がダサいと笑われる?書評『石垣の名城 完全ガイド(千田嘉博)』

続きを見る

直江兼続
戦国武将・直江兼続の真価は「義と愛」に非ず~史実に見る60年の生涯

続きを見る

戦国時代の城跡として、見逃せないスケールの大きさがある向羽黒山城。

「奥州独自の積雪対策や特徴もある」ため、西国の城に慣れている方には、なかなかインパクトもあるかもしれません。

 


信玄も認めた奥州の名将

伊達家の争いに巻き込まれながらもそれに乗じて勢力を拡大する。

合戦も、外交も、築城センスも上々。

会津にはすごい武将がいるようだぞ――。

かくして蘆名盛氏は、ある人物のアンテナにひっかかります。

同年代の武田信玄でした。

武田信玄
史実の武田信玄は戦国最強の大名なのか?戦歴や人物像に迫る生涯53年

続きを見る

永禄6年(1563年)、信玄はこう持ちかけます。

「越後の上杉謙信を会津から牽制してくれんか?」

蘆名の牽制によって謙信が会津に目を光らせている隙に、信玄は信濃へ進撃。

その働きに喜んだのでしょう。信玄は、蘆名盛氏こそ日本でも有数の大名だと感服しております。

蘆名家の知名度が低いせいか。

どうしても、この会津を介した【上杉vs蘆名】という構図は軽視されがちなもの。

この構図を頭に入れておくと、もっと先の【慶長出羽合戦】まで理解がスムーズになります。

慶長出羽合戦
北の関ヶ原こと慶長出羽合戦で上杉・最上・伊達が激突!その結果は?

続きを見る

会津は、越後を経由することによって、武田領まで影響力があったのですね。

こんなホットな蘆名盛氏を、見逃せない大名はまだおります。

「一緒に佐竹義重を挟み撃ちにしない?」

そう持ちかけたのは北条氏政・北条氏照です。

北条氏政
北条氏政が暗愚だから小田原は陥落した?信玄や謙信と戦った生涯53年

続きを見る

元亀2年(1571年)蘆名は佐竹と睨み合っておりました。

両者の争いは、このころ数度にわたって確認できます。

佐竹義重
鬼義重こと佐竹義重とは? 外交上手の名将は政宗包囲網に成功するも

続きを見る

武田だけでなく北条からも頼られる蘆名。

相互利用という一面はありますが、そもそも信玄らの眼鏡にかなうだけの実力がなければ、上杉や佐竹に滅ぼされていたでしょう。

 

嫡男・盛興が夭折し苦しむ蘆名家

しかし、戦国のパワーバランスも、月日の経過と共に崩れていきます。

元亀4年(1573年)に武田信玄が亡くなり、武田勝頼が後を継承。

上杉謙信も程なくして死去し、上杉家は【御館の乱】というお家騒動を経て上杉景勝が当主になります。

武田勝頼
武田勝頼は最初から詰んでいた?不遇な状況で武田家を継いだ生涯37年

続きを見る

御館の乱
御館の乱で上杉真っ二つ!謙信死後に景勝と景虎が激突した経緯とは?

続きを見る

それだけではなく、もっと悲痛な出来事が起こります。

天正2年(1574年)、蘆名盛氏の嫡男にして第17代当主を担っていた蘆名盛興まで亡くなってしまったのです。

まだ30にならないうちでの死でした。

酒毒(アルコール中毒)が原因とされることもありますが、信憑性の程は不明。

確かに盛興が16歳の頃、蘆名家で酒造禁止令が出されたことはあります。

しかし、彼一人に飲ませないだけであれば、そこまですることもないでしょう。米類の節約と考えたほうが自然かもしれません。

死因は、そこまで追求する必要がないかとは思います。

確かなことは、蘆名家の土台が揺らぎ、盛氏の計画が狂ってしまったこと。

盛氏は向羽黒山城から黒川城に戻るほかありません。

そして約6年後の天正8年(1580年)に蘆名盛氏は死去。

享年60でした。

なお、蘆名盛高と蘆名盛氏の逝去に伴い、俄然、ノリノリになった武将がいます。

伊達政宗……ではなく、その父・伊達輝宗です。

映像作品などでは、政宗と対比しておとなしい人物像として描かれがちですが、そんなヤワなタイプではありません。


あわせて読みたい関連記事

伊達政宗
伊達政宗の派手な逸話はどこまで本当か?史実の生涯70年を検証まとめ

続きを見る

佐原義連
頼朝に認められ佐原義連(三浦一族)から始まった会津の雄・蘆名一族

続きを見る

伊達稙宗と天文の乱
政宗の曾祖父・伊達稙宗がカオス!天文の乱を誘発し東北エリアを戦乱へ

続きを見る

義姫
政宗の母で義光の妹「義姫」は優秀なネゴシエーター 毒殺話はウソ

続きを見る

石垣の積み方がダサいと笑われる?書評『石垣の名城 完全ガイド(千田嘉博)』

続きを見る

直江兼続
戦国武将・直江兼続の真価は「義と愛」に非ず~史実に見る60年の生涯

続きを見る

武田信玄
史実の武田信玄は戦国最強の大名なのか?戦歴や人物像に迫る生涯53年

続きを見る

文:小檜山青

林哲『芦名四代』(→amazon
林哲『会津芦名一族』(→amazon
野口信一『会津ちょっといい歴史』(→amazon
遠藤ゆり子『東北の中世史4 伊達史と戦国騒乱』(→amazon
高橋充『東北の中世史5 東北近世の胎動』(→amazon
遠藤ゆり子『戦国時代の南奥羽社会』(→amazon

TOPページへ


 



-蘆名家

×