浅井長政/wikipediaより引用

浅井・朝倉家

浅井長政(信長を裏切った男)29年の生涯とは?その血は皇室へ続く

こちらは3ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
浅井長政
をクリックお願いします。

 

「山から降りて一戦するぞ!」

この後、浅井・朝倉氏は、延暦寺や領内の一向宗徒など、反信長という共通点を持っている者たちと協力して動くようになります。

例えば信長が、石山本願寺との戦い(野田城・福島城の戦い)に兵力を割いているときに、その背後を付く形で挙兵。

京都への入り口にあたる宇佐山城を攻撃しています。

ここで信長の弟・織田信治や、重臣・森可成を討ち取りました。

野田城・福島城の戦い(第一次石山合戦)~超わかる信長公記73話

続きを見る

志賀の陣&宇佐山城の戦いで信長大ピンチ!超わかる信長公記74話

続きを見る

森可成(信長お気に入りの重臣)蘭丸や長可の父はどんな武将だった?

続きを見る

この知らせを受けた信長は陣を引き払い、京都に立ち寄っているにもかかわらず、たった2日で坂本までやってきました。

あまりの早さに狼狽した浅井・朝倉軍は、比叡山に逃げて閉じこもってしまいます。

尋常ならざるこのスピードこそ、信長の大きな特長だと指摘する方もいますね。

信長は、朝倉軍に向かってこう呼びかけました。

「山から降りて一戦するぞ!」

朝倉軍は、拒否どころか返事もせず、戦況は膠着。

そして真冬になる前に将軍・足利義昭が自ら出向いて和睦を斡旋したため、双方ともに撤退してこの戦は終わっています。

※和睦の経緯については、信長が将軍や朝廷を動かした説もあります

当然ながら和睦など一時のため。

信長は浅井・朝倉攻略のため、いくつかの策を講じました。

横山城の秀吉に、越前と大坂を行き来する商人の足止めをさせたり、磯野員昌を調略して味方につけたりしたのです。

さらに、元亀二年(1571年)9月には比叡山焼き討ち延暦寺焼き討ち)を強行し、先年のようなことが起きないように手を打っています。

磯野員昌
磯野員昌は織田家vs浅井家のキーマンだった~近江を代表する勇将の生涯!

続きを見る

比叡山焼き討ち~なぜ信長は攻め込んだ? 数千人の虐殺&大炎上は誇張あり?

続きを見る

 

浅井長政 包囲網で信長を徹底的に追い詰めるが……

これに対し、浅井長政と朝倉義景は、寺院勢力や義昭と協力して

【信長包囲網】

を形成しようとしていました。

取りこぼしてしまった前回の包囲網と違い、今回の包囲網には決め手がいます。

そう、甲斐の武田信玄です。

武田信玄が戦国最強「甲斐の虎」と呼ばれる理由~知略に塗れた53年の生涯

続きを見る

信玄は、義昭の要請に応じる形で西上したと考えられ、その途中【三方ヶ原の戦い】では織田・徳川軍を完膚なきまでに撃破。

あと一歩で信長包囲網が完成するかに見えました。

三方ヶ原の戦い(武田vs徳川)で信玄が家康に完勝! 謎多き戦場を歩く

続きを見る

近江の浅井としては、信玄と連携を保ちながら【尾張・美濃・三河の織田徳川】を挟撃するイメージですね。しかし……。

これから!

というタイミングで他ならぬ信玄が急死してしまい、作戦変更を余儀なくされます。

しかも天正元年(1573年)には信長包囲網の中心だった将軍・足利義昭が【槇島城の戦い】に敗れて京都から追放され、反織田勢力は柱を失うも同然になりました。

槇島城の戦い(信長vs義昭)で室町幕府滅亡! 意外と緻密だった将軍の戦略

続きを見る

近江に取り残されるカタチになった浅井、大ピンチ。

信長の勢力圏に接し、最も攻撃を受けやすいのは他ならぬ浅井家の本拠地・小谷城だったのです。

実際、信長は、すぐさま本格的な浅井・朝倉攻略に取り掛かりました。

 

不甲斐なき朝倉軍の救援

天正元年(1573年)7月、信長は北近江を攻めながら、浅井氏の重臣を調略していきました。

長政は義景に援軍を要請します。

が、その時点で既に小谷城エリアは織田軍に包囲されており、一筋縄では行かない状況。

越前から援軍にやってきた朝倉軍も、いったんは織田軍を遠巻きに包囲しておきながら、やがて本国への撤退を選びます。

あるとき信長から奇襲を受け、プレッシャーを与えられると、そのまま心がポッキリ折れてしまったのです。

助けにきて、ほとんど役に立たぬまま帰り始める朝倉軍。

織田軍は「待ってました!」とばかりに小谷城から兵を引き上げ、全力で朝倉軍を追撃し、結局、朝倉氏の本拠・一乗谷城まで攻め込んで、滅亡に追い込みました。

ここまで流れが急展開ですので、いったん整理しておきましょう。

①織田軍が浅井の小谷城を包囲

②朝倉の援軍が到着

③朝倉軍が織田軍を取り囲む

④信長が逆に朝倉軍へプレッシャー

⑤朝倉軍がビビって撤退

もしも浅井と朝倉の連携が強固で、かつ朝倉軍にヤル気さえあれば、ピンチはチャンスに変わっていたかもしれません。

たしかに信長の行軍、意思決定は異常な速さでしたが、スピードがありすぎるがゆえに織田家の家臣団もついていけないようなところがあったのです。

タイミング次第では小谷城を包囲する信長を挟撃できたかもしれません。

しかし現実はそうでありませんでした。

朝倉が攻め滅ぼされると(ちなみにこのときの戦いで美濃を追い出された斎藤龍興も戦死)、信長は返す刀で小谷城を取り囲みます。

斎藤龍興(道三の孫)が信長に敗北! 国を追われてネチネチ攻撃やり返す

続きを見る

かくして浅井は、朝倉という援軍を期待できないまま籠城戦へと突入するのでした。

 

そして小谷城と浅井長政は陥落した

信長はまだ情を残していたのか。

同盟を結ぶ際の使者だった不破光治や、横山城で長く相対していた秀吉などを通して、長政に降伏を勧めてきました。

基本的には肉親に甘い信長のこと。

長政の妻であり妹であるお市と、その間に生まれている子供たちから「夫や父を奪う」のは避けたいと思ったのかもしれません。

ただし、そうだとすれば秀吉を使者にしたのは信長の人選ミスかもしれません。

秀吉がかつて織田家の祝い事で横山城を留守にした際、長政は容赦なく攻め込んでおり、遺恨がないわけじゃない。

しかも、秀吉の場合、元の身分が低いのですから、ますます降る気にはならなさそうですよね。

豊臣秀吉
豊臣秀吉 数々の伝説はドコまで本当か? 62年の生涯まとめ【年表付き】

続きを見る

長政は、降伏を断り続けます。

もはや降伏する意志はなし――そう判断した信長は、小谷城へいよいよ攻めかかりました。

攻め手の中心になったのは秀吉。

堅牢な山城・小谷城を落とすため、久政と長政を分断して各個撃破に取り組み、8月27日に久政が切腹し、長政も9月1日に後を追うことになりました。

享年29。

かくして戦国大名・浅井氏は滅亡しました。

小谷城の戦い(信長vs長政)で浅井家滅亡!難攻不落の山城はなぜ落ちた?

続きを見る

逃げていた嫡男・浅井万福丸もほどなくして織田方に捕まり、関が原で処刑され、男系の血は絶えたとされています。

「密かに逃げ延びた男子がいた」という説も複数ありますが、こちらはまだ結論づけるのは早計でしょうね。

もしも証明できれば、大きなニュースになりそうです。

浅井万福丸(信長を裏切った長政の息子)に襲いかかる過酷な処置は当たり前?

続きを見る

しかし、長政の血は完全には途絶えることはないどころか、女系では大きく発展していきます。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >

-浅井・朝倉家
-

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)