薩埵峠の戦い

今川氏真(左)と武田信玄/wikipediaより引用

今川家

武田軍の駿河侵攻は薩埵峠の戦いから始まった~そのとき今川軍は?

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
薩埵峠の戦い
をクリックお願いします。

 

気がつけば薩埵峠に武田軍

信玄が甲府を出たのが永禄11年(1568年)12月6日のこと。

この日、甲府の躑躅ヶ崎館を出発した武田軍は、そのまま南下し、12日には、内房(うつぶさ・静岡県富士郡芝川町内房)まで来て布陣しました。

現代の道路で約80kmの距離です。だいたい一日15kmほど進んだ計算でしょうか。

山がちな道を進む上に、当時の道路事情を考えると、かなりの速度で進んだことがうかがえます(ちなみに秀吉の中国大返しは一日30kmという恐ろしい速度で行軍)。

一方、今川氏真も重臣の庵原安房守に15,000程の兵をもたせて、薩埵峠に向かわせました。

薩埵峠から描かれた 歌川広重「東海道五十三次・由比」/wikipediaより引用

甲斐から駿河へ攻め込むなら、薩埵峠付近を必ず通る――そこで防ぐのだ。

そんな決意をする一方で、同時に小倉資久や岡部直規も出陣させ、さらには同盟相手で嫁の実家である北条氏康北条氏政らにも援軍を要請しました。

北条氏康
北条氏康・謙信や信玄と渡りあった名将~関東制覇を進めた57年の生涯

続きを見る

北条氏政
北条氏政が暗愚だから小田原は陥落した?信玄や謙信と戦った生涯53年

続きを見る

加えて、自らも出陣するなど行動を起こし、きちんと総大将としての覚悟はあったワケです。

 

先陣を命じた部下にいきなり裏切られ

氏真からやる気を感じるのは、すぐ背後に近い清見寺というところまで自分も行っていることでしょう。

ここは義元の軍師だった太原雪斎(たいげんせっさい)が住職を務めていたお寺でした。

太原雪斎
義元を支えた黒衣の宰相・太原雪斎 武田や北条と渡り合い今川は躍進

続きを見る

雪斎は桶狭間の前に亡くなっていますから、その弟子あたりと戦略を練ろうとしていたのかもしれません。

しかし、さすがに信玄のほうが一枚も二枚も上でした。

既に今川家の重臣にまで「氏真を見限ってこっちにつけば、悪くはしないよ」と調略をしかけており、裏切るよう根回しをしていたのです。

そして運の悪いことに、氏真から迎撃を命じられた武将がその一人でした。

出陣はしたものの、あっという間に陣を畳んで引き上げてしまうのです。

こうなると他の武将たちも「どうせ氏真じゃ信玄に勝てっこないし、もう止めるか」と考えてしまい、戦う前に解散してしまう始末。

源平【富士川の戦い】のごとく、あっという間に戦は終わってしまうのでした。

富士川には、将兵のやる気を挫く妖怪でもいるんですかね。

富士川の戦い
富士川の戦いは甲斐源氏武田軍vs平維盛軍だった?水鳥は飛び立った?

続きを見る

味方の不甲斐ない顛末を聞いた受けた氏真は、愕然としつつも急いで駿府へ戻ります。

そして……続きは別記事の【今川館の戦い】に詳細がございます。

恐れ入りますがそちらをご覧ください。

あわせて読みたい関連記事

今川義元
なぜ今川義元は海道一の弓取りと呼ばれる?42歳で散った生涯とは

続きを見る

今川氏真
今川氏真は愚将か名将か~仇敵だった家康や信長と友好的でいた理由

続きを見る

桶狭間の戦い
桶狭間の戦い 信長の勝利は必然だったのか『信長公記』にはどう書かれている?

続きを見る

コメントはFacebookへ

寿桂尼
寿桂尼(義元の母)は信玄にも一目置かれた今川家の女戦国大名だった

続きを見る

武田信玄
武田信玄は本当に戦国最強の大名と言えるのか 戦歴や人物像に迫る53年の生涯

続きを見る

徳川家康
徳川家康はなぜ天下人になれたのか?人質時代から荒波に揉まれた生涯75年

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
戦国合戦史研究会『戦国合戦大事典』(→amazon
歴史群像編集部『戦国時代人物事典(学習研究社)』(→amazon
谷口克広『織田信長家臣人名辞典(吉川弘文館)』(→amazon
峰岸純夫/片桐昭彦『戦国武将合戦事典(吉川弘文館)』(→amazon

TOPページへ

 



-今川家

×