絵・富永商太

明智家 織田家

本能寺の変 真相に迫る諸説を検証! なぜ光秀は信長を殺したのか?

更新日:

日本史全時代を見渡しても、今なお最大のミステリーとされる「本能寺の変」。
天正10年(1582年)6月2日に起きました。

変の首謀者は言うまでもなく明智光秀です。

事件の全貌は以下の通り。

毛利氏との全面対決を意図した織田信長が、光秀に豊臣秀吉への加勢を命じ、これに応じた明智軍13,000が6月1日夜に丹波亀山城を出発。
進路を突如京都の中心地へと変え、6月2日未明、ほとんど守備兵のいない本能寺に襲いかかりました。

衆寡敵せずして、織田信長は敗死。

しかし、その後、遺体は見つからず生存説も流れるほどで、おそらくや燃え盛る炎の中で灰燼に帰したのでしょう。

天下統一を目前にしてのこの悲劇……。
我々現代人の心を掴んで離しませんが、この事件が今なお注目度が高いのは、やはりこの問題が解決されないからではないでしょうか。

「なぜ、明智光秀は織田信長を襲ったのか?」

何十年も論争されていながら、その答えは未だハッキリとは出ておりません。

そこで本稿では、本能寺の変前後の出来事を見ながら、光秀の殺害動機諸説を取り上げていきたいと思います。

 

光秀、遺体を回収できず

光秀にとって一番の問題は、本能寺が焼け落ち、信長が絶命した後のことです。
肝心要の遺体を回収できませんでした。

阿弥陀寺の清玉上人が回収した――という話もありますが、同寺の言い伝えであって確証には至りません。
やはり本能寺の中で灰になってしまったと考えるのが最も自然でしょう。

信長の遺体が消えたのは清玉上人が埋葬したから?本能寺もう一つのナゾ

天 ...

続きを見る

現実に遺体がないのは明智陣営にとっては厳しい話。
首や亡骸があれば信長の死を確実なものとアピールできるところでしたが、その死がアヤフヤなままでは畿内に点在していた織田傘下の武将をまとめきれなくて当然です。

京都周辺には細川親子(細川幽斎と細川忠興)や、筒井順慶など、明智と関係が深く、味方にしたい有力武将もおりました。

しかし協力を申し込むと、無残にも断られました。

特に細川家には、娘の細川ガラシャ(旧・明智玉子)が嫁いでおり、最も味方になることを期待していた勢力だっただけにショックだったでしょう。

細川ガラシャ(明智光秀の娘・玉子)の壮絶生涯38年~最期は炎に包まれて

自 ...

続きを見る

細川は、父親の幽斎が「信長追悼」を名目に引退することで、光秀の協力要請を華麗にスルーするのです。

そうこうするうちに、やってくるハズのない豊臣秀吉が凄まじい進軍速度(中国大返し)で京都に迫ってきました。

結果、山崎の戦い(同年6月13日)へと持ち込まれて光秀は敗北。
最大の謎は永遠に闇の中へと葬られてしまいました。

「なぜ光秀は、本能寺の変に及んだのか?」

 

五十七もの説がある

本能寺の変は、学術的にはそう複雑なことではない――とされています(参考:呉座勇一氏『陰謀の日本中世史』→amazon link)。

なぜなら、

◆織田信長が死亡
◆それを討った明智光秀も死亡
◆代わりに豊臣秀吉が天下人候補に浮上

事実だけを見ればそれで終了となります。

大事なのは政治的な流れであって、光秀が信長を殺した【動機】については、さほど問題視されません。

しかし、誰だって気になるでしょう。
なんせ、こんな大事件ですからね。

犯人・光秀の犯行動機は最大の興味であり、これまで数多の説が唱えられてきました。

例えば国史大辞典を引用してみてもザッとこんな感じです。

・怨恨説
・陰謀露顕説
・保身説
・政権奪取説
・武士の面目説

ウィキペディアには、なんと「57説」も提示されておりました。凄まじいですね。

本日はこの中から、主な説、一風変わった説などをピックアップ。
呉座勇一先生の『陰謀の日本中世史』も参考に、解説を加えていきたいと思います。

一体どの説が有力なのか……。

 

怨恨説

フィクションなどでも、最もよく見られるパターンの一つです。

横暴な信長に、神経質な光秀が辛抱たまらずキレた! というもので、いくつか根拠も記されています。

主なものを見ていきますと。

・家康の接待に「腐った魚を出した」として光秀が罷免される

・信長の下に稲葉一鉄を戻さない光秀がぶん殴られる

・光秀が本領を実質的に取りあげられる
※本領を現状の【丹波近江】から、敵の領地である【出雲石見】へと変更された

怨恨説の答え合わせ

果たしてどれほどの信憑性があるのか?
というと、いずれも江戸時代のエンタメ書物に書かれたものであるとして一刀両断に否定されております。

例えば敵の領土を与える――なんてバカな話、ちょっと考えても「ありえない」と思いませんか?

織田信長は横暴だからやりかねない! というのは、それこそ作られた織田信長像に振り回されております。

信長は、身内や配下の者に甘いところもあり、そのため何度も裏切られているほどです。
そうでなければ、兵の居ない裸状態で光秀の行軍を許さないでしょう。

なお、以下の「織田信長の生涯記事」を先にご覧いただくと、この先の理解も深まるかもしれません。
※少々長い記事なので後回しでも

織田信長49年の生涯をスッキリ解説!生誕から本能寺の死まで【年表付】

織 ...

続きを見る

 

野望説

光秀は、心ひそかに天下の野心を抱いていた。
それを実行した――というのが、そのまんま「野望説」です。

戦後ほどなくして唱えられた説で、根拠の一つとなるのが有名な【愛宕百韻(愛宕連歌会)】です。

愛宕百韻の詳細は、以下の記事に譲りまして、簡単に説明しますと。

愛宕百韻(愛宕山連歌会)「ときは今 あめが下知る 五月かな」光秀の本心は?

天 ...

続きを見る

本能寺の変の数日前。
5月28日に愛宕神社で開かれた連歌会で、光秀が以下のように心境を詠みました。

「ときは今 あめが下知る 五月かな」

なぜ、これが【野望】となるのか?
語句を分解すればご理解いただけるでしょう。

「とき」→「土岐氏=光秀の出身」

「あめ」→「天=天下」

「下知る」→「命令」

まとめると、ざっとこんな感じになります。

「とき(土岐氏の僕が)は今 あめ(天下に)が下知る(命令するからね!) 五月かな」

土岐氏の僕が天下に命令するからね!

なんだかいかにも面白い!と思ってしまいますよね。

もうこれでエエやん。
そう考えたくなりますが……。

野望説の答え合わせ

根拠となる愛宕百韻は『惟任退治記』という軍記物に掲載されています。

その作者は豊臣秀吉の側近。
当然ながら「秀吉サイコー! 光秀サイテー!」という論調で描かれており、史料的価値については疑問視されています。

愛宕百韻の原文についても「改ざんされたのではないか?」と指摘されるほど。

残念ながらこの説もぶった斬られてしまいました。

明智光秀/wikipediaより引用

 

朝廷黒幕説(光秀勤王家説)

まずは光秀勤王説から。

勤王という言葉が、なんだか幕末じみておりますが、あながち遠くなく
「天皇・朝廷のため!」
という考え方になります。

光秀はもともと朝廷のために働いていた。
しかし、全国に勢力を拡大し続ける織田信長が増長しており、このままでは天皇の上に立ってしまう――。

と、懸念した光秀が信長の野望を阻止するために動いたというものです。

そして、その発展形が朝廷黒幕説です。

黒幕とは、つまり【背後で囁いていた者たち】がいるってことで、それが朝廷だという話です。

「光秀はん、信長はんを討っておくんなはれ」
とヒソヒソ囁いたっていうわけですね。

果たして皇族と公家が武家のTOP・織田信長を殺せなんてお願いできるのか?
たとえ光秀が勤王派だとしても、信長に密告されたらアウトじゃん。そんなお願い、普通、できないだろ――。

と思う場面かもしれませんが、この説は、著名な在野の研究者さんたちが提唱したことによって衝撃を伴って広まりました。

何より劇的な展開のため、フィクションでも採用されやすく、皆さんもドコかで一度はお目にかかったことがあるのでないでしょうか。

果たして根拠のほどは?

朝廷黒幕説(光秀勤王家説) 答え合わせ

信長は天皇をないがしろにするどころか、これを保護しておりました。
戦国時代の大乱を受け、極度に貧乏になっていた皇室に資金援助をしていたのです。

正親町天皇に譲位を迫っていた」→「信長が天皇になろうとしていた」なんて話もありますが、現実は真逆。

正親町天皇自信が譲位を望んでいたのです。

だったら譲位すればいいじゃん!と簡単に行かないのが朝廷という世界。
天皇の譲位には多額の資金が必要になります。

その資金を工面しようとしていたのが他ならぬ信長です。
そんな相手を「殺して」なんて光秀にお願いするでしょうか。

というわけで、この説も否定されております。

ちなみに天皇ではなく、近衛前久という有力な公家もおりましたが、がっつり信長派であり、光秀に殺害依頼をするはずもないとされています。

近衛前久は信長や謙信とマブダチのスーパー関白!本能寺後に詠んだ南無阿弥陀仏

日 ...

続きを見る

 

足利義昭黒幕説(光秀幕臣説)

信長に奉じられて15代将軍となった足利義昭
途中から仲違いして、信長を討つべく「信長包囲網」などを推し進めたりしておりました。

それが尽く失敗。
槇島城の戦いで敗れた後は毛利氏の下に身を寄せ、そこから信長殺害の命令を光秀に出した――というのが足利義昭黒幕説です。

もともと光秀は義昭に仕える幕臣でした。
なので「幕府再興を進めるために信長を討った!」という【光秀幕臣説】を発展させた内容となります。

これは素人目に見ても、なんだか唐突な印象ですよね。
しかし、この義昭黒幕説が発表されたときはかなり衝撃的だったようです。

というのも同説を提唱したのが、中世史を専門とする大学教授の研究者だったからです。
プロに言われてしまえば、なかなか一般の戦国ファンには言い返せないものでしょう。

では、なぜそんな説が唱えられたのか?
光秀に信長討伐を命じたという根拠や義昭の構想をザッとまとめますと。

・「義昭の復権」を記している光秀の書状があった

・光秀は長宗我部や本願寺、上杉など、当時の敵対勢力と連絡を取っていた

・朝廷が信長を将軍にしようとしている(正式に室町幕府を終わらせようとしている)という状況

・義昭は自ら備後(岡山県)に幕府を作り、毛利輝元を副将軍にする

どうでしょう。
織田信長を頼っていた朝廷と異なり、足利義昭は恨みを抱いておりました。

そんな状況で本職の研究者に「義昭が黒幕だよ」なんて言われたら『うーん、これはあるかも……』と思ってしまいますよね。

しかし……。

足利義昭黒幕説(光秀幕臣説) 答え合わせ

確かに足利義昭は、かつて信長包囲網を敷いたことがあります。

が、信長に追われて毛利氏の下に身を寄せてからはそうした呼びかけを行っていません。

そもそも、この時点で織田軍に対抗しうる存在は
・上杉
・毛利
・北条
あたりですが、毛利も上杉もその織田軍に攻められ四苦八苦の状態。

包囲するどころか囲まれかねない状況であり、実際、本能寺の変の翌日6月3日には、上杉方の魚津城が陥落させられておりました。
※島津や伊達・最上は距離がありすぎる

こうした諸勢力と連携を取ったってどうにもならない可能性が高いですし、そもそも光秀と上杉・毛利・北条に繋がりはなく、それこそ土壇場で裏切られる可能性だって低くありません。

義昭が毛利を利用するのであれば、豊臣秀吉と和睦を結ぶこともなかったでしょう。
ご存知のとおり、秀吉は本能寺の変を知るや、毛利との和睦を結んで中国大返しを敢行し、山崎の戦いで光秀を討っております。

毛利の下に身を寄せ、そして毛利輝元を副将軍にするという話が事前に打ち合わせているのであれば、わざわざ光秀を不利にする馬鹿な外交策があるでしょうか。

やはり義昭黒幕説にはムリがある。

なお、次の秀吉黒幕説は、さすがにもっと無理があるのですが、フィクションになると抜群に面白い。
こちらを見て参りましょう。

 

秀吉黒幕説

『古舘トーキングヒストリー~戦国最大のミステリー 本能寺の変、完全実況~』で、世間的にも著名な研究者・磯田道史さんも「証拠はないが」とした上で【秀吉黒幕説】に触れておりました。

イラスト/富永商太

光秀は秀吉の援軍として中国へ向かう予定だったので、両者の間でやりとりはあった。
そのパイプで光秀が事前に秀吉に知らせることは可能という趣旨です。

秀吉黒幕説 答え合わせ

あくまで可能であって何ら裏付けはありません。
そもそも確たる裏付けがあれば、磯田先生も提示されていたでしょう。

実際に磯田先生は「証明は今後も不可能」だとされています。
なぜなら……。
※続きは次ページへ

次のページへ >



-明智家, 織田家
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.