古田織部(古田重然)/wikipediaより引用

織田家

古田織部(重然)信長や秀吉に仕えた『へうげもの』主人公って実際どんな人?

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
古田織部(重然)
をクリックお願いします。

 

息子たちが大坂方の間者と疑われ……

その後、古田織部(重然)は九州攻めや小田原攻めにも参加します。

小田原征伐で秀吉相手に退かず! 北条家が強気でいた小田原城はどんだけ強い?

続きを見る

朝鮮の役では半島へは渡海せず、名護屋城(現・佐賀県唐津市)で豊臣秀吉の警護役を務めました。

豊臣秀吉 62年の生涯まとめ【年表付き】多くの伝説はドコまで本当か?

続きを見る

15万の豊臣軍が名護屋城から朝鮮出兵~なぜ秀吉はこの地に超巨大城郭を築いた?

続きを見る

利休を見送ったことへのお咎めはなかったようです。

が、秀吉の心中はどうだったでしょうね。

古田織部(重然)も秀吉には表立って逆らおうとはしていなかったようなので、プラマイゼロということだったんでしょうか。

時代を一気に進めて関が原の戦いでは、時勢を読んで東軍についております。

重然はこの頃までに、茶を通じて朝廷や寺社、商人などありとあらゆる人々と繋がっていたので、その辺からも情報を得ていたのでしょう。

なんせ関ヶ原の後には徳川秀忠の指南役に選ばれているくらいです。

徳川秀忠(家康の三男)関ヶ原の遅刻は冤罪か!? 二代目将軍の実力

続きを見る

しかし、その地位も大坂夏の陣、つまり慶長二十年(1615年)までのことでした。

古田織部(重然)の息子と家老が、大坂方の間者と疑われてしまったのです。

なんでも「京に火を放ってそのどさくさに紛れて家康と秀忠をピーしよう」という計画だったとか。

幕末のアレコレといい、どいつもこいつも京都燃やそうとしすぎ(´・ω・`)

京都の人がよそ者に冷たいという俗説って、ひょっとしてこういうのから来てるんじゃないでしょうか。

そりゃ、よそ者が来るたびに戦火に巻き込まれてたら、たまったもんじゃないですよね。

大坂夏の陣がわかる局地戦まとめ! 幸村が突撃し又兵衛が散った各地の戦績は?

続きを見る

 

重然の心は今も生きている 千葉で無形文化財に指定

何はともあれ、この嫌疑の責任を取って重然は切腹を命じられ、大人しく腹を切りました。

息子たちも父に従い、家老をはじめとした関係者と思しき人間は処刑されています。

重然は一言も反論しなかったそうです。

理由はわかりません。濡れ衣だと言っても聞いてもらえないと判断したのか、本当に計画に加担していたから言い逃れのしようがなかったのか……。

これ以前にも幕府の意向に逆らうような言動が多かったようなので、どちらもありえそうなのがまた判断に悩むところです。

こうして大名・茶人としての古田家は途絶えてしまいましたが、茶道の教えは現在まで続いていますので、その精神だけは残っています。

「式正織部流茶道」といい、16代目の方が千葉県市川市国府台にお住まいだった縁で、同地の「織部桔梗会」という会が継承しているようです。

千葉県の無形文化財にも指定されていますね。

御家は断絶しながら、こうして名を残し、更には漫画『へうげもの』でも注目され、今頃は天国で「はにゃあ」となっているかもしれません。

Amazon Kindle版でコミックも一気読みできますので、興味を持たれた方はコチラから入るのも良いかもしれませんね。

『Kindle版『へうげもの』全25巻セット』(→amazon

あわせて読みたい関連記事

織田信長は意外と優しい!? 生誕から本能寺まで49年の史実解説【年表付】

続きを見る

荒木村重~信長に敵対し自分だけ逃亡した道糞な生き方【戦国逃亡武将譚】

続きを見る

蒲生氏郷は信長の娘・冬姫を娶り豊臣政権へ【織田軍随一の若手エリート】

続きを見る

細川忠興(藤孝の長男)は文武両道のキテレツ武将!? 83年の生涯まとめ

続きを見る

賤ヶ岳の戦いで秀吉と勝家が激突! 勝敗を決めたのは利家の裏切り?

続きを見る

小田原征伐で秀吉相手に退かず! 北条家が強気でいた小田原城はどんだけ強い?

続きを見る

豊臣秀吉 62年の生涯まとめ【年表付き】多くの伝説はドコまで本当か?

続きを見る

15万の豊臣軍が名護屋城から朝鮮出兵~なぜ秀吉はこの地に超巨大城郭を築いた?

続きを見る

徳川秀忠(家康の三男)関ヶ原の遅刻は冤罪か!? 二代目将軍の実力

続きを見る

大坂夏の陣がわかる局地戦まとめ! 幸村が突撃し又兵衛が散った各地の戦績は?

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
『戦国武将合戦事典』(→amazon
古田重然/Wikipedia
千利休ファンクラブ(→link
式正織部流茶道(しきせいおりべりゅうさどう)/千葉県

TOPページへ

 



-織田家
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.