筒井順慶/wikipediaより引用

諸家

筒井順慶(大和の戦国大名)36年の生涯! 松永と戦い 明智と豊臣に挟まれ

こちらは3ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
筒井順慶
をクリックお願いします。

 

光秀につくか秀吉につくか

筒井順慶にとって明智光秀は恩人でした。

織田信長への執り成しを助力してもらっていただけでなく、日頃から教養を通じて親しい仲。

軍事的にも傘下にあったと考えられ、例えば天正九年(1581年)に行われた信長の一大軍事パレード【京都御馬揃え】でも、順慶は「大和衆」として明智光秀に付き従ったと考えられます(『信長公記』に名前は掲載されていない)。

当然のことながら【本能寺の変】後は光秀から「味方してくれるよね」という誘いが届きました。

そもそも本能寺の変は、光秀が秀吉の援軍に出向く途中で起きた事件であり、順慶もその援軍に加わる予定でした。

本能寺の変
なぜ本能寺の変で光秀は信長を裏切ったか?諸説検証で浮かぶ有力説はコレ!

続きを見る

しかし、コトはそう単純でもありません。

いかに戦国時代とはいえ光秀は主君を討った謀反者。日頃の付き合いだけで御家の将来を委ねるワケにはいきません。

光秀につくか、秀吉につくか。

この、悩み動けずにいる筒井順慶を評した慣用句が「洞ケ峠(洞ケ峠を決め込む」ですね。

光秀と秀吉による【山崎の戦い】が起きた戦場付近にいて、立場を明確に示さないずるい姿勢=「日和見」の代名詞として知られる言葉ですが、現実はそこまで酷くありません。

確かに順慶はなかなか決断できずにいました。

明智につく姿勢を示したり、やはり思い直したり。時間をかけながら、最終的には【中国大返し】で畿内へ迫ってくる秀吉サイドに加わることを決定します。

そうしたところ【山崎の戦い】が、わずか一日でケリがついてしまうのです。

中国大返しは可能か!? 秀吉&官兵衛による10日間230kmの強行軍を考察!

続きを見る

山崎の戦い
山崎の戦い(明智軍vs羽柴軍)で秀吉が勝てた理由!敗者の光秀は何処へ?

続きを見る

 

大和の支配権は秀吉の弟へ……

いずれにせよ戦いに参加できなかったのは事実。

順慶は秀吉の怒りを買いますが、大和での支配権は認められました。

跡継ぎの筒井定次も人質として送り、その後、秀吉が柴田勝家織田信孝らと揉め(後に賤ヶ岳の戦いへ発展)したときにも、今度は明確に秀吉サイドに付くことを意思表示しております。

柴田勝家(織田家の重臣)当初は信長の敵だった鬼柴田62年の生涯まとめ!

続きを見る

織田信孝(信長の三男)が迎えた壮絶な最期!なぜ腹を十字に切った?

続きを見る

賤ヶ岳の戦い本戦そのものには参加しておりませんが、そのころは一揆軍と交戦しており、自身の基盤固めに邁進していたようです。

賤ヶ岳の戦いで秀吉と勝家が激突! 勝敗を決めたのは利家の裏切り?

続きを見る

宗教勢力の強い大和ですから、秀吉もまずは筒井勢の力を利用しようとしたのでしょう。

しかし、度重なる合戦や政争が心身の負担になっていたようです。

順慶は天正12年(1584年)3月に起きた【小牧・長久手の戦い】にも参加しながら、同年8月、とうとう力尽きて亡くなってしまいます。

享年36。

まだ若い、惜しまれる死でした。

なお、順慶が生涯を賭して願った大和国の支配については、秀吉の弟・豊臣秀長のものとなっています。跡継ぎの筒井定次は伊賀へ転封となりました。

あわせて読みたい関連記事

松永久秀
松永久秀は爆死ではない! 信長を二度裏切ったが実は忠義の智将 70年の生涯

続きを見る

三好長慶が戦国畿内を制す! 足利や細川に勝利した隠れ天下人43年の生涯

続きを見る

織田信長
織田信長 史実の人物像に迫る!生誕から本能寺まで49年の生涯まとめ年表付

続きを見る

足利義昭(覚慶)61年の生涯! 信長と共に上洛し京を追われてどうなった?

続きを見る

信長と義昭 上洛戦の一部始終! 岐阜から京都までどんな敵と戦っていた?

続きを見る

武田信玄が戦国最強「甲斐の虎」と呼ばれる理由~知略に塗れた53年の生涯

続きを見る

三淵藤英
三淵藤英(藤孝の兄)はなぜ信長に自害させられたのか? 史実の生涯まとめ

続きを見る

槇島城の戦い(信長vs義昭)で室町幕府滅亡! 意外と緻密だった将軍の戦略

続きを見る

本能寺の変
なぜ本能寺の変で光秀は信長を裏切ったか?諸説検証で浮かぶ有力説はコレ!

続きを見る

中国大返しは可能か!? 秀吉&官兵衛による10日間230kmの強行軍を考察!

続きを見る

山崎の戦い
山崎の戦い(明智軍vs羽柴軍)で秀吉が勝てた理由!敗者の光秀は何処へ?

続きを見る

柴田勝家(織田家の重臣)当初は信長の敵だった鬼柴田62年の生涯まとめ!

続きを見る

織田信孝(信長の三男)が迎えた壮絶な最期!なぜ腹を十字に切った?

続きを見る

賤ヶ岳の戦いで秀吉と勝家が激突! 勝敗を決めたのは利家の裏切り?

続きを見る

小牧・長久手の戦い(豊臣vs徳川の総力戦)複雑な戦況をスッキリ解説

続きを見る

豊臣秀長(羽柴秀長)
秀吉を支えた偉大過ぎるNO.2豊臣秀長(羽柴秀長)天下統一への功績

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
『織田信長家臣人名辞典』(→amazon
『戦国武将合戦事典』(→amazon
『ここまでわかった 本能寺の変と明智光秀』(→amazon
国史大辞典
筒井順慶/wikipedia

TOPページへ

 



-諸家
-,

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)