信長公記 皇室・公家

信長「こちらが拙者の鷹でござる」と天皇に自慢した一羽が行方不明に~信長公記154話

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
天皇に鷹を披露
をクリックお願いします。

 

日華門から北へ向かい、小御所(こごしょ)という建物に入って正親町天皇へ鷹をご覧に入れました。

正親町天皇が戦国時代を生き抜く! ド貧乏だった皇室は信長に救われた?

続きを見る

小御所というのは会議場などに使われた場所で、室町幕府の頃は将軍が参内する時の休息所などにも用いられたことがあります。

儀式以外で使う多目的室のようなイメージでしょうか。

 

飛び去ってしまった信長の鷹、見つけた者は……

天皇に拝謁した後、信長は退出。

そのまま東山へ向かい、鷹狩りをしたのですが……運悪く大雪になったため、すぐに取りやめとなったようです。

天候の悪化に動揺したのか。
鷹が一羽、大和の方へ飛び去ってしまいました。

信長秘蔵の鷹だったので、手分けして探したそうですが、すぐには見つからず……。

翌日、大和の越智玄蕃(おちげんぱ)という者がこの鷹を見つけて信長の元へ連れてきたといいます。

信長は大変喜び、褒美として衣服とぶち毛の馬を与え、さらにこう言いました。

「何か望みがあれば叶えよう」

「領地を没収されてしまって、収入がなく困っています」

すかさず玄蕃が答えると、信長は彼の旧領を返還させ、朱印状をつけて後のことを保証しています。

よほどその鷹が大事だったのでしょうね。

思わず嬉しくて小躍りする信長さんの様子を妄想してしまいますが、為政者としては「正直で忠実な者には、このように良い待遇をするぞ」という、周囲や世間へのアピールだったのかもしれません。

あわせて読みたい関連記事

織田信長は意外と優しい!? 生誕から本能寺まで49年の史実解説【年表付】

続きを見る

正親町天皇が戦国時代を生き抜く! ド貧乏だった皇室は信長に救われた?

続きを見る

本能寺の変、真相は? なぜ光秀は信長を討ったのか 有名諸説を徹底検証!

続きを見る

織田信忠(奇妙丸)信長の長男は家督を譲られるも光秀に命を狙われて

続きを見る

鷹狩りの歴史―仁徳天皇に始まり信長・家康も愛した至高の瞬間

続きを見る

足利義満は日本国王の称号を持つヤリ手将軍!51年の生涯をスッキリ解説

続きを見る

信長さん太っ腹! 京都の屋敷で関白息子の元服式~信長公記147話

続きを見る

信長が建てた二条新御所~誠仁親王へ献上した理由とは? 信長公記135話

続きを見る

信長公記をはじめから読みたい方は→◆信長公記

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
太田 牛一・中川 太古『現代語訳 信長公記 (新人物文庫)』(→amazon
日本史史料研究会編『信長研究の最前線 (歴史新書y 49)』(→amazon
谷口克広『織田信長合戦全録―桶狭間から本能寺まで (中公新書)』(→amazon
谷口克広『信長と消えた家臣たち』(→amazon
谷口克広『織田信長家臣人名辞典』(→amazon
峰岸 純夫・片桐 昭彦『戦国武将合戦事典』(→amazon

TOPページへ

 



-信長公記, 皇室・公家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.