関ヶ原古戦場

武田・上杉家

北条→武田→上杉→徳川と渡り歩いた武将・藤田信吉~関ヶ原合戦を引き起こす?

こちらは3ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
藤田信吉
をクリックお願いします。

 

家康との関係、アヤシイっちゃアヤシイ……

藤田信吉さんからすると、没落した自分を取り立ててくれた上杉家を守るつもりでした。

しかし、上杉家からしてみれば、敵方に通じて讒言をした裏切り者でもあります。

そのため藤田信吉さんは【会津征伐】ひいては【関ヶ原の戦い】のキッカケを作った人物とも言われています。

関ヶ原古戦場

藤田信吉さんにとっては不名誉ながら、自分の母方の故郷出身武将が歴史を動かしたのかもしれん!と考えると、非常に興奮してしまいます。

疑惑の真相は不明ですが、関ヶ原の戦いの後のこと、藤田信吉さんは家康から下野の西方(栃木県栃木市)に1万5千石もの領地を与えられ、なんと大名に取り立てられています。

うーーーーん、家康との関係、アヤシイっちゃアヤシイですね……(笑)。

この一件が原因なのか。

『信長の野望 革新』にある義理の数値(高ければ高いほど裏切らない・MAX100)は「19」という低値となっています。

ちなみに、還俗して「重信」と改めた藤田信吉さんは、西方城の支城である二条城に館を構えて、西方藩の初代藩主に就任しています。

っていうか、二条城って栃木県にもあるんですね〜。

二条城の遠望

実は、二条城というお城は香川県にもあったりします。

また、京都の二条城も、家康が建てたもの以前に信長・秀吉が建てた二条城(二条にあった城館)が計5ヶ所あったりしました。

そのあたりの詳細は拙著『ヘンテコ城めぐり』(→amazon)をお読みくださいませ! さーせん、宣伝です(笑)!

 

「北条→武田→上杉→徳川」を渡り歩き……

さて、藤田信吉さんの波乱の武将人生は、ついに終結を迎えます。

慶長19年(1614年)から翌年にかけて起きた【大坂の陣】に参戦。

榊原康勝(“徳川四天王”の榊原康政の三男・【大坂夏の陣】で破裂した痔が悪化して死亡したとも)の軍監を務めたものの、詳細は不明ながら、何かしらの“しくじり”があったということで、徳川家康から突然の改易を命じられてしまいます。

戦国時代の痔・エンド! 榊原康勝は鞍に血を溜め 穴山梅雪は馬にも乗れず

続きを見る

そして、失意のままに迎えた元和2年(1616年)、奈良井宿(長野県塩尻市)の長泉寺で急死しました。

死因は不明ですが、苦悩の末に自害をしたとも言われています。

以上、武蔵の国衆の家に生まれ、戦乱を生き抜くため「北条→武田→上杉→徳川」を渡り歩き、天下分け目の【関ヶ原の戦い】遠因となったともされる“流転の武将”、藤田信吉さん58年の激動の武将人生でした。

お墓は、最期の地である長泉寺と、西方の実相寺に建立されています。

実相寺「藤田能登守」の墓

あわせて読みたい関連記事

小野篁が流罪にされたのは頭良すぎだったから?「野狂」と呼ばれて

続きを見る

北条氏康
北条氏康が関東制覇へ!謙信や信玄と渡りあった57年の生涯【戦国北条五代記】

続きを見る

御館の乱
御館の乱で上杉真っ二つ! 謙信の死後に景勝と景虎が激突した経緯と結果

続きを見る

武田勝頼(信玄の四男)風林火山を使えぬ悲劇が武田家の滅亡へ 37年の生涯

続きを見る

真田昌幸
なぜ真田昌幸は三成に「表裏比興」と呼ばれたか 65年の生涯まとめ

続きを見る

本能寺の変
本能寺の変で光秀はなぜ信長を裏切ったか 諸説検証で浮かぶ有力説は?

続きを見る

滝川一益こそ信長家臣で最強のオールラウンダー! 62年の波乱万丈な生涯

続きを見る

溝口秀勝(尾張の戦国武将)が信長・秀吉・家康に重宝され皇室にも血を伝え

続きを見る

小田原征伐で秀吉相手に退かず! 北条家の小田原城はどんだけ強いのか

続きを見る

前田利家
槍の又左こと前田利家 史実の人物像に迫る!加賀百万石62年の生涯

続きを見る

徳川家康
徳川家康 史実の人物像に迫る!生誕から大坂の陣まで75年の生涯 年表付

続きを見る

戦国時代の痔・エンド! 榊原康勝は鞍に血を溜め 穴山梅雪は馬にも乗れず

続きを見る

文:れきしクン(長谷川ヨシテル)

◆れきしクンって?

元お笑い芸人。解散後は歴史タレント・作家として数々の番組やイベントで活躍している。
作家名は長谷川ヨシテルとして柏書房やベストセラーズから書籍を販売中。

【著書一覧】
『あの方を斬ったの…それがしです』(→amazon link
『ポンコツ武将列伝』(→amazon link
『ヘッポコ征夷大将軍』(→amazon link

◆Youtubeも絶賛放映中「それいけ!れきしクンTV」

TOPページへ

 



-武田・上杉家
-

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)