今治城と藤堂高虎像

豊臣家

藤堂高虎「7度主君を変えねば武士とは言えぬ!」戦国転職王の生涯とは?

更新日:

武士は主君に尽くすもの。
御家のために命を張ってこそ価値がある――。

なんて言ったら、ガハハハハと笑われるのが戦国時代。
現代の外資系企業のように【能力一本】で大名家を渡り歩くことは、悪いどころか正当な生きる道でありました。

ただ、それでもこのセリフはやっぱり強烈。

「7度主君を変えねば武士とは言えぬ!」

誰あろう、藤堂高虎という戦国武将の言葉です。

 

藤堂高虎8名の主君とは?

実際に7回も主君を変えたの?
嘘でしょwww

と思われる方のため、最初に高虎の主君を数えておきますと……。

浅井長政

②阿閉政家(あつじまさいえ)

③磯野員昌(いそのかずまさ)

織田信澄(つだのぶずみ)

豊臣秀長

⑥豊臣秀保(ひでやす)

豊臣秀吉

徳川家康(以降、秀忠→家光と続く)

最初の浅井長政から数えて計8人、きっちり7回変えていますね(親子の代替わりなどによって数え方は変わりますが)。

高虎公園(滋賀県)にある藤堂高虎像

ただし、闇雲に「こんなところで働けんわ!」と転職を繰り返すムチャクチャな人物だったわけではなく、豊臣秀長のときは秀長が亡くなるまで長く仕え、さらにその養子・豊臣秀保が横死したときには責任を感じて高野山に入っているほどです。

忠誠心がうんたらかんたらの話ではない。
働きがいのあるところではキッチリ活躍しているのです。

しかも能力は高く、文学や茶をたしなんだり、更には築城名人としても知られ、結局、高野山へ引っ込んだ後も豊臣秀吉に呼ばれ、直臣に取り上げられています。

そんな藤堂高虎とは、一体どんな人物であったか?
生誕から見て参りましょう。

 

渡り歩いて秀吉弟・秀長のもとへ

藤堂高虎は弘治2年(1556年)に生誕。
父は近江の地侍・藤堂虎高で、母は多賀良氏の女とら(妙青夫人)でした。

高虎が最初に仕えたのは、地元近江の大名で、織田信長の義弟だった浅井長政です。

この頃の藤堂家は一応武士ではあったものの、ほとんど農民と同じような状態だったそうなので、一兵卒から成り上がっていったのですね。

初陣は、織田徳川連合軍と浅井朝倉連合軍がぶつかった【姉川の戦い(1570年)】でした。
このとき15歳。

姉川の戦いが雌雄を決する大戦にならなかった意外な理由

信 ...

続きを見る

長政の後に、阿閉政家や磯野員昌など浅井家臣の家を渡り歩き、信長の甥っ子・津田信澄つだのぶずみのもとへたどり着きました。

これが、ウマが合わなかったらしく天正九年(1576年)には秀吉の弟・豊臣秀長のところに腰を落ち着けています。
と、これが大正解。

津田信澄は、色々と可哀想な御方です。

信長を排除しようとして逆に殺された【弟・織田信行の息子】という血縁だけでなく、あの【明智光秀の婿】でもあり、本能寺の変後はその去就を疑われて、織田信孝(信長の三男)と丹羽長秀に殺されてしまいました。

もし高虎も、その場にいたら……ゴクリ……。

 

秀長の家臣として各戦場で大活躍!

豊臣秀長の下についたのは、彼の人生においても大正解でした。

豊臣秀吉の弟として知られ、調整役、なだめ役などを一手に引き受ける秀長は、人が好いだけでなく豊臣軍団を束ねる中心的存在でもあり、いくらでも活躍の場が用意されていたのです。

彼等の戦歴をざっと見てみますと

・三木城攻め
・但馬国一揆殲滅
・伊勢峯山攻略
・亀山城攻略
賤ヶ岳の戦い
小牧長久手の戦い
・四国征伐
・九州征伐

といった豊臣家にとっては大事な戦いで活躍し、高虎も武功を上げていくのです。

主君である秀長も、高虎を重用し、気前よく名馬を与えたり加増もしました。
紀州粉河城2万石の城主になっています。

高虎は、ここでやっと「この方こそ!」と思えたでしょう。
秀長の養子・豊臣秀保(ひでやす)の後見役も引き受けました。

しかし、秀長が亡くなり、秀保も17歳という若さで急死すると、高虎は高野山に上って出家してしまいました。

秀保の死の真相は不明です。
「殺生関白秀次と共に、秀吉に逆らおうとしたんじゃないか?」と疑われて殺された……なんて説もありますが、はてさて。

秀長も50歳で亡くなっていますし、優秀な主君の夭折を二回も目の当たりにした高虎が、菩提を弔いたくなったとしてもおかしくはないでしょう。

 

ボケた秀吉に愛想を尽かす? 家康のもとへ

そんなところで横槍を入れたのが、ボケ始めたとされる太閤・秀吉です。

「お前みたいな優秀なヤツが坊主になるなんて認めない!宇和島に領地をやるから帰って来い!!」と半ば強引に復帰させられてしまいます。
秀吉空気嫁。

高虎は伊予7万石で秀吉政権の下に参加します。

しかし、このときの無茶振りのせいか。
高虎は秀吉が死ぬより前に家康へ接近するのでした。

秀吉や豊臣政権に愛想が尽きたのか。
無理やり還俗(出家した人が俗世に戻ること)させられたのが余程ムカついていたのか。
はたまた両方か。

1598年に秀吉が亡くなって、迎えた1600年関が原の戦いでは、徳川家康に従い東軍に参戦します。

そして賤ヶ岳七本槍の一人・脇坂安治に「徳川殿についたほうがのちのちいいんじゃない?三成嫌いでしょ?」と誘いかけたり、当日は大谷吉継隊と戦ったり、大活躍しました。

結果はご存知の通り。
脇坂安治は小早川秀秋と共に山を降りて西軍に突撃し、この大戦も呆気なく決着がついたわけです。

秀吉が空気読んでれば、西軍も勝てたかもしれませんね、あーあー。

※関ヶ原の戦いを決定づけたのは、当初から東軍と疑われていた小早川秀秋ではなく、当日、急に西軍へ攻撃した
・脇坂安治
・赤座直保
・朽木元綱
・小川祐忠
たち4武将の影響だったともされます。

 

ワシが死んだら殉死しようと思ってる人、手を挙げて

関ヶ原の戦い後は、徳川家にずっと仕えました。

得意の築城技術を生かして、宇和島(現・愛媛県宇和島市)に、海水を引き入れた五角形の堀を巡らせた宇和島城を作ったり、関が原の余波を食らってリア充※が爆発した安濃津城(現・三重県津市)を修繕したり。

※安野津城については以下の記事をご参照ください

富田信高と安濃津城の戦い~戦国一ホッコリさせるお嫁さんの話

慶 ...

続きを見る

家康は身内に厳しく、譜代を重用し、外様は冷遇という基本スタンスですが、藤堂高虎と伊達政宗の二人については外様ながら破格の扱いをしています。

高虎については関が原での活躍や築城技術、大阪の陣では一族を犠牲にするほどの奮戦振りなどを評価していたのでしょう。

また、高虎は機を見るに敏というだけでなく、周囲の人間への気遣いや公平さも人並みはずれていましたので、「こういうヤツは使える」と思っていたのかもしれません。例を挙げてみましょう。

・藤堂家から出て行く家臣を快く見送り、「もし上手くいかなかったら同じ給料でまた雇ってやるから、いつでも来い」と言って本当に実行した

・加藤嘉明(小さい頃からの秀吉家臣・福島正則加藤清正と同じ釜の飯を食った仲)と折り合い悪かったものの、自分より高給の領地に「加藤殿が向いてますよ」と推した

・死の直前、家臣に「ワシが死んだら殉死しようと思っている者は、名前を書いて提出するように」と命じ、名乗った人々を家康に報告して「こいつらは本当の忠義者だから、いなくなられると困るので殉死しないように言ってやってください」と書状を書いてもらった

「アンタ本当に戦国時代の人間か?」

そんな風に言いたくなるほどの公正振りなんですね。

現代に置き換えるとすれば、
「七回の転職に成功し、上司に認められ部下にも思いやりがある敏腕部長」
といったところでしょうか。

こんな上司だらけだったら、しょーもない残業が亡くなり、育児休暇もきちんと取れる、理想の職場になりそうですね。

 

幕末に津藩が寝返ったのは事実でありますが・・・

その後、儒教が広まった江戸時代の人々には、こうした深イイ話がわからなかったのか。
聞こえないフリをしていたのか。

「不忠義者」
「変節漢」
「浮気性」
「我ら忠犬を見習え」(by譜代大名)
などなど、ヒドイ言われようをされるようになってしまいます。

藤堂高虎は、関ヶ原の武功も認められ12万石加増されて伊予今治20万石の大名となると、さらには加増されて伊勢津城22万石を任せられるようになるのです。

周囲からの嫉妬も大いにあったのでしょう。

それは幕末に至っても同じで、彼の子孫に対して
「藩祖の教えがよく行き届いていることよwwwwww」
なんて皮肉られる始末。

津藩が幕府軍から倒幕軍に寝返ったのは事実ですが、さすがに、高虎は関係なくね?といったところで。

確かに津藩は幕府を裏切りましたが、日光への攻撃を拒否しています。
「藩主が大恩を受けた人のお墓荒らすなんてできません」というわけです。

家を残すことを第一に考えたのは他藩も同じであって、きちんと礼儀は尽くしていたんですね。

 

締めるところは締め、その他はテキトー主義

高虎は、晩年、目を病んでいて、死去するときには既に失明していました。
そのせいか、辞世の句や遺言の類が伝わっていないようです。

代わりに(?)「藤堂高虎家訓200箇条」なんて、読むのも疲れる……もとい、ありがたい教えを残しています。

ぴったり200条でも言いたりなかったのか。
4条ほど付け足しているあたり心配性なのか、マメなのか……。

この「締めるところは締め、その他はテキトーに」主義が彼の一番の強みだったのかもしれませんね。

築城の名手として知られる藤堂高虎/wikipediaより引用

他にも高虎には「身長六尺二寸(約190cm)体重三十貫(約110kg)の超巨漢だった」などなど、エピソードが多く、関連書籍を読んでいるとニヤニヤしてしまうことが多々あります。

確かに主君をコロコロ変えたけど、単なる裏切り者なんかじゃない。
むしろ性根の優しい武将だった――それが藤堂高虎ではないでしょうか。

※ちなみに、当時の大柄武将と言えば、他に前田利家なんかもよく知られておりますね

前田利家62年の生涯をスッキリ解説!若い頃は信長とイイ仲だった!?

加 ...

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
『戦国時代人物事典(学習研究社)』(→amazon link
『戦国人名事典(新人物往来社)』(→amazon link
『秀吉家臣団の内幕 天下人をめぐる群像劇 (SB新書)』(→amazon link
藤堂高虎/wikipedia

 



-豊臣家
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.