まんが戦国ブギウギ

まんが戦国ブギウギ65話 光秀ヤメとけ~! 鮒寿司を提供し連歌会で歌を詠む

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
戦国ブギウギ65話
をクリックお願いします。

 

お好きな項目に飛べる目次

お好きな項目に飛べる目次

連歌会

◆『光秀による謀反の意思表明なのか?』

とされるこの一首は、本能寺の変からわずか9日前に行われた連歌会で読まれました。

場所は京都の愛宕神社。

その場には有名な連歌師・里村紹巴も同席しております。

愛宕百韻(愛宕山連歌会)
光秀が愛宕百韻で詠んだ「ときは今 あめが下知る 五月かな」真意は?

続きを見る

そんな公の場で、謀反の心など詠みますかね……。

アニィ作中の光秀も素っ頓狂な顔をしているように、そういう深い意味はなかった気がしてなりません。

一足先に、本能寺の変最大のナゾ・光秀の動機については以下の考察記事をご参照ください!

本能寺の変
なぜ光秀は信長を裏切ったか「本能寺の変」諸説検証で浮かぶ有力説は

続きを見る

 

三男坊

◆土佐の長宗我部元親に対し

「四国? とれるもんなら好きなように治めちゃっていいよ!」

という切り取り自由宣言をしてしまった信長さん。

長宗我部元親
長宗我部元親は戦乱の四国をどう統一した?失意に終わった61年の生涯

続きを見る

その後、姫若子(女の子みたいにか弱い元親のアダ名)から一転して鬼若子(鬼のように強い元親)となった長宗我部軍が、瞬く間に四国を平定してしまうと、今度は「やっぱり土佐と阿波(の一部)だけにしてね」と態度を豹変させます。

むろん長宗我部元親はブチ切れ!

織田家と長宗我部家は戦闘モードに入り、そこへ送られたのが織田信孝を総大将とし、他に丹羽長秀や蜂屋頼隆などが参加した四国方面軍でした。

織田信孝
信長の三男・織田信孝が迎えた壮絶な最期~秀吉に敗れて十字腹とは?

続きを見る

あわせて読みたい関連記事

本能寺の変
なぜ光秀は信長を裏切ったか「本能寺の変」諸説検証で浮かぶ有力説は

続きを見る

清水宗治
戦国武将の鑑とされた清水宗治の切腹~備中高松城水攻めの末に

続きを見る

徳川家康
史実の徳川家康は三度の絶体絶命をどう乗り越えた?天下人の生涯75年

続きを見る

本多忠勝
家康を天下人にした本多忠勝の最強エピソード!どうする家康山田裕貴

続きを見る

明智光秀
史実の明智光秀とは?麒麟がくるとは何が違ったか?55年の生涯まとめ

続きを見る

信長御膳
信長による家康接待で出された料理はどんなもの?現代に蘇る信長御膳

続きを見る

愛宕百韻(愛宕山連歌会)
光秀が愛宕百韻で詠んだ「ときは今 あめが下知る 五月かな」真意は?

続きを見る

長宗我部元親
長宗我部元親は戦乱の四国をどう統一した?失意に終わった61年の生涯

続きを見る

織田信孝
信長の三男・織田信孝が迎えた壮絶な最期~秀吉に敗れて十字腹とは?

続きを見る

本連載の過去作品→戦国ブギウギ
もう一つのマンガ連載→日本史ブギウギ

著者:アニィたかはし
文:五十嵐利休

書籍版『戦国ブギウギ』です!

TOPページへ

 



-まんが戦国ブギウギ

×