まんが日本史ブギウギ

『麒麟がくる』将軍家vs細川家の流れがわかる!まんが日本史ブギウギ147話

本日は大河ドラマ『麒麟がくる』の放送日。

ドラマの中では細川家と将軍家の対立がヒリヒリして、明智光秀を間におきながら「鉄砲」入手のやりとりが行われておりますよね。

対立の構図を記しておくとざっとこんな感じ。

【細川派】
細川晴元
三好長慶
松永久秀

vs

【将軍派】
足利義輝
三淵藤英
細川藤孝

気になりません?
なぜ、こんな争いが繰り広げられているか?

特にマンガと連動させているわけではありませんが、本連載『日本史ブギウギ』では、まさにこの構図前夜が今の舞台。

三好長慶や松永久秀らが、いざ羽ばたかん――というわけでマンガ「日本史ブギウギ」、第147話スタート!

 

打倒政長

細川晴元
細川晴元(戦国初期の天下人)はなぜ長慶との争いに敗れたか【50年の生涯】

続きを見る

 

囲め!榎並城

足利義晴
足利義晴(12代将軍)不安定だった義輝や義昭の父 その40年の生涯

続きを見る

 

江口の戦い

三好長慶
三好長慶が戦国畿内を制す! 信長にも影響を与えた隠れ天下人43年の生涯

続きを見る

 

失意の将軍

足利義輝
足利義輝(13代将軍)の壮絶過ぎる散り際と生涯30年をスッキリ解説!

続きを見る

※続きは次ページへ

次のページへ >



-まんが日本史ブギウギ