まんが日本史ブギウギ

政宗が秀吉に屈服して小田原も落つる天下統一な天正期~日本史ブギウギ175話

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
日本史ブギウギ175話
をクリックお願いします。

 

お好きな項目に飛べる目次

小田原征伐

◆天下人目前といえども大義名分を疎かにしない秀吉の周到さよ。

実は、その背景には真田昌幸と北条氏のドタバタ【名胡桃城事件】などもあったりして、結果的に北条氏は一つの城をキッカケに追い込まれていきます。

この辺の駆け引き、争乱は、戦国期の総仕上げに相応しいドラマな展開でありますね。

詳細は以下の記事をどうぞ。

名胡桃城事件
北条氏を滅亡へ追い込んだ名胡桃城事件~関東の小城が戦国史を動かす

続きを見る

真田昌幸
三成に表裏比興と呼ばれた真田昌幸~65年の生涯で何を成し遂げたのか

続きを見る

 

北条親子

◆秀吉につくか、ケンカするか。

小田原城を守るなら、支城にも兵を配置して関東エリア全体で防御網を敷くか、あるいは小田原城だけに注力するか。

後に【小田原評定】とも揶揄されてしまうこのときの北条氏ですが、彼らとしても伊達家や徳川家に協力を期待したい思いもあり、何かと困難な決定だったのは仕方ないですね。

 

来ぬ援軍

◆出ました、東北の雄・伊達政宗さん!

伊達政宗
伊達政宗は天下を狙っていた?派手な逸話を検証しながら70年の生涯まとめ!

続きを見る

会津を手に入れるため戦闘を繰り返し、

秀吉に逆らってでも領土にしたい! なぜ政宗は会津に執着したのか?

続きを見る

秀吉へ帰参するかしないか、粘りに粘ってもはやアウト!という寸前でついに小田原へ向かうのですが……。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-まんが日本史ブギウギ

×