まんが日本史ブギウギ

二代目ナメたら許さんぜよ!秀忠の強権発動~まんが日本史ブギウギ185話

こちらは3ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
まんが日本史ブギウギ185話
をクリックお願いします。

 

お好きな項目に飛べる目次

東インド会社

 

そして鎖国

鎖国のイメージが強いからでしょうか。

戦国時代から江戸時代にかけての日本人は国内で戦いに奔走していた――そんなイメージがありますが、実際は、アジア各地の拠点に航路を張り巡らせ貿易に勤しむ者もおりました。

タイの日本人町で勢力を伸長した山田長政もその一人でしょう。

しかし、そんな日本の航路を奪うようにして、勢いをつけてきたのがオランダ。

ポルトガル・スペインのみならずイギリスも排除して、ついには日本との独占的な交流を手にします。

宗教を排除し、通商に徹底した姿勢が幕府の方針と合致。というか合致させたのでしょうね。

名より実を取る冷徹さは現代の私達も学ぶところがあるかもしれません。

あわせて読みたい関連記事

源頼家
史実の源頼家はなぜ北条に暗殺されたのか?鎌倉殿の13人金子大地

続きを見る

足利義詮
室町幕府の2代将軍・足利義詮は地味だけど意外に有能?生涯38年まとめ

続きを見る

福島正則
史実の福島正則すったもんだの改易劇と生涯~終焉の地は信州だと?

続きを見る

酒豪武将・正則のシャレにならない酒乱伝説~ブラックアウトはマジ危険

続きを見る

徳川秀忠
なぜ徳川秀忠が二代目将軍に選ばれたのか 関ヶ原の遅刻は問題なし?

続きを見る

土井利勝
土井利勝は家康の隠し子?参勤交代や寛永通宝など江戸時代の基盤を作る

続きを見る

酒豪武将・正則のシャレにならない酒乱伝説~ブラックアウトはマジ危険

続きを見る

バックナンバーを全部読みたい!という方はこちらへ→日本史ブギウギ

戦国武将の物語が読みたい!という方はこちらへ→戦国ブギウギ

著者:アニィたかはし
文:五十嵐利休

武将ジャパンで新感覚の戦国武将を描いた『戦国ブギウギ』を掲載!

TOPページへ

 



-まんが日本史ブギウギ

×