まんが日本史ブギウギ

まんが日本史ブギウギ212話 安政の大獄に散った師匠と意志を継いだ弟子達

幕末の思想家で、良くも悪くも目立った!

東の横綱が徳川斉昭藤田東湖のコンビだとすれば、西の代表が吉田松陰と門下生たちでしょう。

中でも松陰ときたら、旅行のために脱藩するわ、黒船に乗り込むわ、やってることが無茶苦茶。

といっても単なる無謀な輩ではなく、幼少の頃から天才児と知られ、常識の範疇に収まらなかっただけとも言えましょうか。

しかしその最後は安政の大獄にて……マンガ『日本史ブギウギ』第212話スタート!

 

お好きな項目に飛べる目次

戊午の密勅

◆朝廷から水戸藩へ出された【戊午の密勅】。

この動きが幕末のカオスに拍車をかけるようになってしまいます。

孝明天皇
孝明天皇の生涯を知れば幕末のゴタゴタが超わかる! 謎に包まれた御意志

続きを見る

 

江戸の藩邸

◆徳川御三家なのに……というか御三家の中で蔑ろにされていたからこそ「攘夷」を強固に主張し、支持者を集めていた徳川斉昭。

徳川斉昭
徳川斉昭(青天を衝け・竹中直人)の史実は幕府を揺るがす問題児?【慶喜の父】

続きを見る

幕府にとっては政治外交を引っ掻き回すトラブルメーカーでしかなく、ついには謹慎を喰らっていました。

 

安政の大獄

将軍継嗣問題でも井伊直弼と敵対していた水戸藩。

その争いに負け、数多の反幕府的行為を咎められて政治的弾圧が加えられた事件――それが安政の大獄です。

安政の大獄
井伊が【安政の大獄】を実行した理由!ドロ沼の政権抗争を終わらせるため

続きを見る

井伊直弼
井伊直弼は誤解され過ぎな実力派!引きこもりから桜田門外に散るまでの46年

続きを見る

次ページ以降に出てくる吉田松陰もこの一連で逮捕→処刑されてしまいますが、彼の場合は、いささか事情が異なりまして……。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-まんが日本史ブギウギ