まんが戦国ブギウギ

まんが戦国ブギウギ115話 秀吉が頼朝像を堪能するころ江戸に光秀が!?

本能寺の変織田信長明智光秀に討たれるや、電光石火のスピードで天下人に昇りつめた豊臣秀吉

四国、九州、小田原を征し、残す敵は奥州の小勢力のみとなった。

最後まで粘りに粘った伊達政宗も死装束で秀吉に伏せており、あとは仕上げのみ。興味はむしろ東国の管理にあっただろう。

秀吉はいかにして東北地方を従わせようと画策したのか。

名づけて【奥州仕置】のマンガ戦国ブギウギ115話スタート!

 

お好きな項目に飛べる目次

白旗神社参拝

◆小田原もの伊達政宗も征した秀吉さん。

奥州仕置に向かう前に、鎌倉の白旗神社で源頼朝像に触れ、「俺の方が下剋上パネェからすげぇ!」と、天下の味を堪能しておりました。

人間、えらくなったとき、成功したときが最も危険といいますが、このエピソードって示唆的ですよね……。

源頼朝
源頼朝 史実の人物像に迫る!出生から鎌倉幕府の設立 死因まで53年の生涯

続きを見る

豊臣秀吉
豊臣秀吉 数々の伝説はドコまで本当か? 62年の生涯まとめ【年表付き】

続きを見る

 

巡察行軍

◆宇都宮城に入った秀吉は、そこで東北諸勢力の処遇を決め、楔として蒲生氏郷を残しました。

石高は一気に91万石の大大名に!

蒲生氏郷は信長の娘・冬姫を娶り豊臣政権へ【織田軍随一の若手エリート】

続きを見る

伊達政宗
伊達政宗 史実の人物像に迫る!ド派手な逸話も検証する生涯70年まとめ

続きを見る

細川忠興
細川忠興(藤孝の長男で光秀の婿)は文武両道かつキレ体質~83年の生涯まとめ

続きを見る

伊達政宗の押さえとして配置されたのですが……。

氏郷さんは喜ぶどころか「都会(畿内)から離れてしまった」と嘆いたとされます。

そして氏郷と政宗は、この後、一揆騒動を巡って対立へ。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-まんが戦国ブギウギ

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)