まんが日本史ブギウギ

煮え切らない西郷と桂に龍馬が吼える! まんが日本史ブギウギ225話

こちらは3ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
まんが日本史ブギウギ225話
をクリックお願いします。

 

お好きな項目に飛べる目次

龍吼える

◆薩摩と龍馬。長州と中岡。

両藩の鎹(かすがい)となっていたのが土佐藩の二人です。

それに対し、桂小五郎木戸孝允)も西郷隆盛も互いの意地が邪魔をしてどうにもうまくいかない。

とはいえ、そこは龍馬の咆哮だけで決められたのではなく、やはり両藩がメリット・デメリットを天秤にかけて、同盟が有利と判断したのでしょう。

 

締結

◆かくして薩長同盟が締結。

と言っても基本は西郷と桂の口約束であり、正式な書面はありません。

しかし、その内容を記した尺牘(せきとく・手紙)が残っていて現代に伝わっています。

木戸孝允から坂本龍馬に宛てた手紙に同盟の内容と、龍馬の裏書きが記されていたんですね。

よろしければ以下の薩長同盟の記事にて詳細をご覧ください。

あわせて読みたい関連記事

薩長同盟
薩長同盟の目的は倒幕ではない!龍馬が「西郷と木戸」を繋いだ理由とは?

続きを見る

坂本龍馬
坂本龍馬 史実の人物像に迫る!暗殺されるまで駆け抜けた33年の激動

続きを見る

中岡慎太郎
中岡慎太郎は龍馬にも負けない薩長同盟の功労者~30年の生涯まとめ

続きを見る

勝海舟
勝海舟の人物像に迫る! 江戸っ子幕臣のべらんめぇ生涯77年まとめ

続きを見る

白石正一郎
西郷や高杉が頼りにした尊皇商人・白石正一郎~新政府には見捨てられ

続きを見る

バックナンバーを全部読みたい!という方はこちらへ→日本史ブギウギ

戦国武将の物語が読みたい!という方はこちらへ→戦国ブギウギ

著者:アニィたかはし
文:五十嵐利休

【参考】
国史大辞典

武将ジャパンで新感覚の戦国武将を描いた『戦国ブギウギ』を掲載!

TOPページへ

 



-まんが日本史ブギウギ