まんが日本史ブギウギ

煮え切らない西郷と桂に龍馬が吼える! まんが日本史ブギウギ225話

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
まんが日本史ブギウギ225話
をクリックお願いします。

 

お好きな項目に飛べる目次

土方さん

◆長州のお膝元だけあって、白石さんのところには数多の長州藩士もやってきていました。

必然的に攘夷派の志士が集う場所に……。

白石正一郎
西郷や高杉が頼りにした尊皇商人・白石正一郎~新政府には見捨てられ

続きを見る

 

手違い

薩長同盟に奔走していたのは龍馬だけではなく、中岡慎太郎も同様。

ことがコトだけに、事前の調整が凄まじく難儀していました。

中岡慎太郎
中岡慎太郎は龍馬にも負けない薩長同盟の功労者~30年の生涯まとめ

続きを見る

 

ワシに任せろ!

◆長州は、薩摩や会津によって京都から追い出されて朝敵とされ。

薩摩は、商船・長崎丸が長州に砲撃されて藩士28名が亡くなったり、島津久光をデスノートのターゲットにされたり、とてもじゃないけど手が組めない状態でした。

とにかく複雑な状況ですが、同盟によるメリットも大きい。

簡略化しますとこうなります。

【長州藩】
・武器もない
・味方もいない
→薩摩と手を組めば両方手に入る

【薩摩藩】
徳川慶喜と島津久光の不和
・幕府による長州征伐の次は薩摩か?という懸念
・兵糧米が不足している
→長州と手を組めば不安が解消される

長州も薩摩も、どっちを取るか、取るべきなのか……。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-まんが日本史ブギウギ