金光瑤

金光瑤 魔道祖師グッズ アクリルスタンド/amazonより引用

陳情令・魔道祖師

血族ガチャの呪縛に苦しむ金光瑤を歴史面から考察! 陳情令&魔道祖師

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
金光瑤
をクリックお願いします。

 

家父長制に挑む“父殺し”

そんな金光瑤ですが、儒教規範で最も罪深いことをしています。

父を殺す――。

どの文化圏でも悪行とされます。

こと儒教文化圏では究極の悪!

ゆえになかなかフィクションでも扱われなかったものですが、武侠の代表的な『笑傲江湖』で実現されたともいえます。

武侠の世界では、師父とは実父に等しいもの。

この作品の主人公・令狐冲(れいこちゅう)は孤児であり、養子にされているからには意味が重くなります。

それでも令狐冲は、陰謀の限りを尽くした師父・岳不群を手にかけるのです。

画期的な出来事といえます。とはいえ、実父ではない。

そんな『笑傲江湖』発表から半世紀を経て、ついに血を分けた実父殺しにまで到達した。

それが『陳情令』と『魔道祖師』の金光瑤です。

ここで父殺しの理由とされること。それは金光善の好色そのものといえる。

母が私を産んでもどうして放置した!

なぜ貴様は誰彼構わず手を出すのだ!

実父の並外れた好色に怒り、金光瑤は手を下します。

これも実は重要なのです。別の理由、政治的な対立といったものではなく、父の好色そのものを断罪しています。

【家父長制】そのものへの断罪ともいえる。

人間が農耕を行い、財産を蓄えるようになると、どこの文明圏でも女性差別が生じます。

蓄えた食料があれば子を増やすことができる。そうなれば資産を持つ権力者は、女性を財産としてみなすようになる。

父は種であり、母は畑だ。重要なものは種であり、畑はどうあってもよい。ぞんざいに扱ってもよい。

女を縛りつけ、見下すさまざまな規範はかくして生じてゆくのです。

そうやって無責任に、無軌道に”種蒔き“をするとき、そこに傷つくものはいなかったというのか?

そして蒔かれた種から殺意が芽生える。【家父長制】にとっては想定外であり、悪夢そのものといえます。

権力者が好色で何が悪いのだ!

いや、悪いに決まっている。そう返し、父を殺す金光瑤からは、21世紀前半の到達すら感じさせます。

こうした庶子の父殺しは、他の国のフィクションでも増えています。

日本の漫画『ゴールデンカムイ』は、母を狂わせ、そんな母と自分を捨てた父を殺します。

尾形百之助
ゴールデンカムイ尾形百之助のルーツと因縁を考察!薩摩と水戸の関係は?

続きを見る

世界を席巻したドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』では、庶子のラムジーが、実父・ルース・ボルトンを刺殺します。

庶子による父殺しは、いわば社会のゲームチェンジといえます。

社会のルールは変わりました。

男が庶子を儲け、それを艶福家だなんだと誤魔化される。そうしたことに作り笑いをする時代はもう終わった。

そう告げるような展開が、定着しつつあるのでしょう。

殺人はむろん犯罪であり許されないことではあります。

ただ、不誠実な親への反逆はそうではない。儒教はじめ従来の道徳では悪とされてきたけれども、子には子の言い分もあるはずだ。

魏晋南北朝をモチーフとした作品で、行為はともかく動機は理解できると示す。

そんな野心的な悪役であるのが、金光瑤です。

 

愛を裏切り、愛に滅びる

金光瑤は愛情深い。そして儒教規範に沿っている。それがあの帽子に象徴されています。

あの帽子は母が我が子が被るように願ったもの。そして礼儀作法の象徴といえます。

見栄え重視なのか、『陳情令』と『魔道祖師』では男性の頭部装飾がラフな部類に入ります。時代背景のみならず、発表当時の流行も反映しており、実はなかなか興味深いものがあります。

魏無羨は長い髪をそのまま、まとめもせず垂らす。温寧もそう。

あれはルールを無視しているか、あるいは正気ではないという意味がある。

対極にある金光瑤は、ルールに沿った服装をしています。

金氏らしい煌びやかな服装に、あの几帳面な帽子。そして彼ならではのチャームポイントとして「纓(えい)」をあげます。

冠や帽子がずれないようにつけておく紐。

『陳情令』では冠を被っている人物は多いものの、纓をつけているのは金光瑤くらい。それが彼を縛る象徴のようにも思うと、物悲しいものはあります。

母から受け継いだ才能と礼儀正しさ。父からの血。

それさえあれば彼の願い吐かなかったのかもしれませんが、彼は重大な裏切りをしたためにその身を滅ぼします。

策謀の数々も、もちろん悪い。

のみならず、彼は儒教規範に照らしても、人間としても、最悪のことをしでかしました。

 

義兄を手にかけ、かけられて

金光瑤は保身のために、次から次へと家族を手にかけてゆきます。

父。異母兄。妻子。

義兄と崇めていた聶明玦殺しから狂ってゆきます。この謀殺から彼の陰謀が発覚するのです。

中国文学史上最も有名な義兄弟といえば、劉備・関羽・張飛の桃園三兄弟でしょう。今でもコメディになるほど、親しまれている場面です。

「我ら三人、生まれし日、時は違えども、兄弟の契りを結びしからには、心を同じくし、助け合い、困窮する者たちを救わん。上は国家に報い、下は民を安んずることを誓う。同年同月同日に生まれることを得ずとも、同年同月同日に死せん事を願わん!」

義兄弟はこう天地に誓うもの。

劉備は義弟たちが命を落とすことによって、正気を失うかのような怒りにかられます。

 

一方、金光瑤はその大切な絆を裏切ってしまう。義をともに誓った義兄を手にかけてしまう。そして不幸のどん底へと転がり落ちてゆきます。

ありとあらゆる愛を裏切ってきた金光瑤。彼の破滅を決定づけるのは、義兄への裏切りでした。

それでも二兄である藍曦臣は、彼を愛する義弟だと信じようとします。そして「阿瑤!」と呼びかけ続けます。

最期のときまで二兄こと藍曦臣は優しい。そんな藍曦臣の手にかかるからことこそ、最も残酷な仕打ちと言えました。

もしも金光瑤が、愛を全部捨て去り、己の利益だけを追い求めていたら、そこまで辛くはない。負けたと割り切れたかもしれない。

しかしなまじ二兄こと藍曦臣と信頼していたこそ、そこには究極の不幸がありました。

策士として策に溺れるだけではなく、義兄への愛にも溺れる惨い最期でした。

愛を捨てきれないからこそ、金光瑤の死は見るものの胸を打ちます。

金光善が到達できなかった境地に、彼はたどりついていたともいえるのです。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-陳情令・魔道祖師