歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

ナポレオン/wikipediaより引用

西郷どん(せごどん)特集 幕末・維新

ナポレオンに憧れ『那波列翁伝初編』を耽読した西郷隆盛や吉田松陰 元を辿れば頼山陽とは!?

更新日:

文化5年8月(1808年10月)、長崎の港に異国船が突如出現しました。

「オランダ船か」
そう思っていたオランダ商館の人々は、その正体に驚愕します。

HMSフェートン号だったのです。

「げえっ、イギリス海軍!」
この事件から遡ること3年前のことです。
トラファルガーの戦いにおいて、ネルソン提督率いるイギリス海軍は、仏西連合艦隊を叩きのめし、海の覇者として君臨していました。

ネルソン提督(英海軍)こそ世界最強! カリスマ性と勇敢さに男も女も惚れてまうやろ~

そんな地球の裏側の事情が、日本にまで及んだ。
それがフェートン号事件です。

フェートン号/wikipediaより引用

1806年、オランダは皇帝ナポレオンの弟・ルイを国王とするホラント王国に移行しました。
つまり、フランスの宿敵であるイギリスからすれば、敵。

日本にいるオランダ商館は、そのへんの事情を幕府には黙っておりました。
バレてしまったら、いろいろと面倒ですし……。

そんな状況でイギリスが
「オランダは実はフランスの傀儡国家だ。その商館が日本にあるなら攻撃するしかないやろ~」
と出てきたらもうこれはいろいろ大ピンチというわけです。

この事件、結果的に日本側に大した損害はありませんでしたが、幕府が危機感を募らせるには十分な出来事でした。
最近のフランスひいてはヨーロッパ事情を知った幕府は、これはまずいと痛感したのです。

フランス革命というのは、幕府にすれば
【大規模な農民一揆で、将軍と御台所が斬首された】
ような話。絶対に表沙汰にしたくない事実なのです。

それだけでなく遠いヨーロッパには、何やら凄い男がいるらしい。

ナポレオン・ボナパルト――。

日本の知識人たちは、そのことに気づいたのでした。

ヨーロッパ全体を巻き込んだ「ナポレオン戦争」がわかる!

 

頼山陽、ナポレオンを讃える

どうやら、ヨーロッパ事情に大きな動きがあるらしい――。
そんな情報が入ってきて、蘭学を学ぶ知識人を中心に、波紋が広がりつつありました。

蘭学のエキスパートが、日本でナポレオンの知名度を上げたのではありません。

意外にも、漢詩で知られる頼山陽が、ナポレオンの知名度アップに貢献しているのです。

頼山陽/wikipediaより引用

文政元年(1818年)。
頼山陽は、長崎に遊学しました。
長崎には知識を持つ「清人」も出入りしていましたので、実は理にかなったことです。

そこで頼山陽は、ナポレオンのモスクワ遠征に従軍したオランダ人軍医から、ナポレオンの事績について学んだのです。

頼山陽は感動しました。
「そんな凄い英雄がいるというのか。そこまで偉大でありながら、大敗を喫し、没落してしまうとは。諸行無常ですなあ」

頼山陽の頭の中には、中国の英雄である項羽や、日本の戦国大名である武田信玄あたりと、ナポレオンがオーバーラップしていたかもしれません。
そして頼山陽は、
「仏郎王歌(フランス王の歌)」
という漢詩を詠みました。

長いので、要約しますね。

昔、大西洋にフランス王がいた。太白金星の転生であり、目は碧の光を放っていた。フランス王はともかく強く、ヨーロッパを征圧した。
ただロシアだけが逆らい、フランス王に刺客を放った。刺客と知りながら、フランス王はロシアと行動をともにして、こう言った。
「さあ、私を殺せるものならやってみよ」
フランス王はロシアに連戦連勝した。ロシアは釜の前で泣く魚のようだ。
しかし、大雪がフランス軍を阻み、飢えに斃れていった。
「皆を助けるためならば、私は降伏する」
フランス王は降伏したが、敵はあえて殺さず、アメリカに放した。人々は喜んだ。
今、西洋世界には戦争の気配が満ちている。一時的に落ち着いているが、皆もそのことを知っていて欲しいと思い、この詩を記した。

伝聞ということもあり、いろいろと正しい知識かどうか、それはさておき。
この頼山陽の歌は、幕末から明治にかけて、多くの人々の心を掴みました。

悲運の英雄・ナポレオンの事績を、人々は追い求めるようになったのです。

 

スポンサーリンク

ナポレオン伝出版ブーム

幕府としては絶対に知られたくない西洋事情。しかし、あふれる好奇心をおさえきれない知識人は、ナポレオン伝説を刊行し始めます。

1769年 ナポレオン・ボナパルト誕生
1789年 フランス革命
1804年 ナポレオン皇帝即位
1815年 ワーテルローの戦い
1818年(文政元年) 頼山陽「仏郎王歌(フランス王の歌)」
1821年 ナポレオン、流刑地セントヘレナ島で死去
1826年(文政9年) 幕府天文方書物奉行・高橋景保『丙戌異聞(へいじゅついぶん)』オランダの軍人・スチュルレルからの伝聞をまとめたナポレオン伝。同『別埒阿利安説戦記(ペレアリアンせんき)』オランダの目線から見た「ワーテルローの戦い」から「ウィーン会議」まで。ナポレオンを「凶賊」とし、打倒したウエリントンとブリッヒャーを讃える
1839年(天保10年) 蘭学者・小関三英(蛮社の獄で自害)『那波列翁伝』、オランダ人リンデンの『ナポレオン伝』の翻訳
1839年(天保10年) 仙台漢学者・大槻磐渓「仏朗王詞(ふつろうおうし)」、ナポレオンの経歴をまとめた漢詩
佐久間象山「題那波列翁像」(ナポレオン像に題す)、ナポレオンの事績と己の野心をオーバーラップさせた漢詩
1867年(慶応3年)福地源一郎「那破倫兵法(ナポレオンへいほう)」、ナポレオンの兵法を分析

ナポレオンがなぜこうも心の琴線にふれたのか?

これには様々な理由があるでしょう。
低い身分から皇帝にまで上り詰めた、そしてヨーロッパを征圧した……そんな事績は、人々の心をワクワクさせる英雄として、十分でした。

それだけではなく、もっと別のワクワク感が、どうやらあったようなのです。

ナポレオン・ボナパルト/wikipediaより引用

 

吉田松陰、フレイヘイドを求める

長州藩の思想家である吉田松陰は、野山獄(長州藩の牢)の中で『那波列翁伝初編(ナポレオンでんしょへん)』を読みあさりました。

そこで印象に残ったのが、【フレイヘイドを掲げたナポレオンがイタリアを解放する記述】です。

「フレイヘイド」とは、「自由」ということ。
自分と同じ一書生にすぎなかったナポレオンがフレイヘイドを掲げてイタリアを解放したように、自分もきっとそうできる。
そう松陰は憧れていたのです。
これは、彼の師である佐久間象山から学んだ影響と言えます。

この「フレイヘイド」を求める思想こそ、「草莽崛起」へとつながってゆきます。

松陰はじめ、尊皇攘夷思想を持つ人々は、外国を敵視していました。
その一方で、夷狄であるはずのナポレオンには憧れを抱いていたのです。

 

スポンサーリンク

沖永良部島での西郷も

文久3年(1863年)、西郷隆盛は二度目の流罪となる、沖永良部島へ向かっておりました。

島へと向かう荷物の中に、ある本が入っていたのですが……。
それが小関三英が命がけで翻訳した『那波列翁伝初編』です。

ナポレオン伝の前半部として、コルシカ島で成長するナポレオンの成長期が描かれたものでして。

ナポレオンが生まれる直前、コルシカ島はフランス領に組み込まれました。
青年期のナポレオンは、故郷コルシカ島から政敵によって追放されるという挫折を味わい、そこから青年将校としてのキャリアをスタートさせています。

遠い島の中、西郷は何を思いながらこうしたナポレオンの人生を読んだのでしょうか。

島津久光の怒りに触れて薩摩を追われ、二度も味わう苦い挫折。
そんなとき、島から本土に戻り、大きく羽ばたく姿を……遠くフランスで生まれた英雄に、己の人生を重ね合わせていたのかもしれません。

なぜ幕府はナポレオンの情報を隠そうとしたのか?
にも関わらず、時に命まで賭けて翻訳する人がいたのか?

答えは、幕末になるとわかります。
吉田松陰や西郷隆盛は、ナポレオンの人生に己を重ね、国を変えることを目指しました。

コルシカ島出身の一将校から、フランス皇帝にまで出世し、ヨーロッパを征圧したナポレオン。
その立身出世は、遠く離れた日本においても、人々の心に火をつけるだけの力があったのです。

文:小檜山青




スポンサーリンク


【参考文献】
江戸のナポレオン伝説―西洋英雄伝はどう読まれたか』岩下哲典
薩摩秘話』五代夏夫

 

織田信長 武田信玄 真田幸村(信繁) 伊達政宗 徳川家康 豊臣秀吉 毛利元就 




×

-西郷どん(せごどん)特集, 幕末・維新

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.