大村益次郎銅像

幕末・維新

靖国神社で銅像になっている大村益次郎(村田蔵六)って何者なんだ?

投稿日:

明治二年(1869年)11月5日、大村益次郎(村田蔵六)が亡くなりました。

戊辰戦争の局地戦・上野戦争で容赦のなさ過ぎる作戦を立てて、西郷隆盛にドン引きされた人です。

では普段はどんな人だったのかというと、やはり只者ではなかったようで……。

 

長州藩の医者の家に生まれた大村益次郎

益次郎は文政八年(1824年)、長州藩のお医者さんの家に生まれました。

家はそこそこ裕福であったらしく、26歳までは長崎や大阪のあちこちで医学・蘭学を学んだり、塾に入ったりして学問に専念しています。

現代で言えば医学生+αってところでしょうか。
その後長州に戻って開業医になり、結婚もして公私共に一人前とみなされるようになります。

そのまま村のお医者さんでいれば物騒な活躍をすることはなかったのでしょうが、時は幕末。

それまでどちらかというと敬遠されてきた蘭学が、ペリーらの傍迷惑な訪問によって「やっぱ蘭学必要じゃね? 詳しいやつどっかにいない?」ということで需要が出てきた頃です。

 

四国の宇和島藩に蘭学のプロとして抜擢

そして幕末の名君の一人・宇和島藩の伊達宗城(むねなり)から「あなたは蘭学に詳しいと聞いたが、もし良かったらウチで働いてもらえないか?」とお呼びがかかりました。

とはいえ身分に格段の違いがありますから、あっさり出仕は決まらず、少しもめたようです。

何でかというと、益次郎が宇和島に着いたとき、宗城もお偉いさんも留守にしていたので、当初は下っ端と同じ給料にされてしまったのでした。
短気な人だったらこの時点でとんぼ返りしててもおかしくないですね。

幸いご家老が先に帰ってきて「こっちから頼んで来てもらったのに、ウチの若いモンがとんだ失礼をしました。よーく叱っておきますんで^^;」(※イメージです)と待遇を改めてくれたので、益次郎はそのまま宇和島藩で働き始めます。

幕末の名君と名高い伊達宗城〜政宗子孫の藩主は心中測れぬ傑物だった!?

文 ...

続きを見る

そして西洋の兵法や蘭学について抗議をしたり、洋書を翻訳したりしていました。

とはいえ医学から遠ざかったというわけではなく、後々日本初の西洋女医となるシーボルトの娘・楠本イネにオランダ語を教えたこともあります。
彼女のことはまた日を改めて扱う予定(は未定)ですが、イネもまた宗城に目をかけられていたので、たびたび会う機会があったかもしれません。もしくは逆に、益次郎から「こういう女性がいる」ということを聞いて宗城が興味をもったということもありえるでしょうか。

話を益次郎に戻しますと、彼は数年のうちに宗城の参勤のお供をするほど重視されるようになりました。
江戸でも私塾を開いたり、幕府の蕃書調所(ばんしょしらべしょ)というヨーロッパの学問を研究するための部署で講義を任されるまでになります。
評判は上々で、「あの人に聞けば、今まで全く聞いたことがない西洋のこともとてもわかりやすく説明してくれる」と好評だったとか。

 

評判が高まり故郷の長州藩にヘッドハント

このあたりから医学やオランダ語よりも兵学の需要が高まって来ていたようで、今度は長州藩からのお声がかりで長州藩士になります。

脱藩ではなく、故郷のお誘いだということで宇和島藩からのお咎めはなかったようです。

萩へ帰った益次郎は、兵学を教えたり、軍艦建造のため製鉄所を作らせたり、少しずつ軍事に携わるようになりました。

この頃付いたあだ名が「火吹き達磨」。
現代ならイジメかと思うようなあだ名ですね。肖像画を見ると納得できますけども……。

外国人による大村益次郎肖像画、デフォルメしすぎ?/国立国会図書館蔵

そして第一次長州征伐など藩のドタバタの中、高杉晋作奇兵隊を創設すると、その指導を頼まれました。
元はお医者さんだった人が、今度は人を効率的に殺す方法を本格的に教えるというのは皮肉なものです。

幕末のアレコレを知っている後世の人間からすると、いかにも忙しそうな感じがしますが、奇兵隊の指導係を引き受けてからも私塾をたたむことはなく、洋書から読み取ったことをわかりやすく自己流の教科書にまとめて教えていたとか。

よほど時間の使い方がうまくないとこういうことはできませんから、やっぱりとんでもなく頭の良い人だったんでしょうね。

第二次長州征伐の頃には身分的にも能力的にも藩の中枢に近いところにおり、部隊の再編成や武器の調達なども任されています。

教え方がうまいということは、知識を正しく理解しており、それを実行する力があるということ。
ですから益次郎の率いた部隊は、少数でもあちこちで勝利を収めていきました。

「無駄な行動を徹底的に省いて、相手の自滅を待ってから追い討ちをかける」という実にえげつない戦法だったそうです。怖ッ!
既にこの頃「あいつ鬼じゃね?」(超訳)とまで言われていたとか。そりゃそうだ。

もちろん戊辰戦争でも従軍していて、新政府軍の閲兵式なども担当しました。ホント器用やな。

 

頭が良すぎて回りをイラつかせる

しかし、頭の良い人にありがちなことで、他人の心を慮ることには少々かけていた節があります。

というのも、上野戦争での軍議の際、薩摩藩の海江田信義と口論になり「君は戦を知らないなwww」(超訳)と公衆の面前でpgrしたことがあるのです。
西郷隆盛が仲裁してくれて事なきを得たのですが、信義は益次郎暗殺の首謀者の一人ではないかといわれているくらいですから、余程キレていたのでしょう。

しかも上野戦争は益次郎のおかげでたった一日でケリがついたのですから、気に食わない人間からしてみれば火に油を注がれたようなものですし。

彰義隊が散った上野戦争 旧幕府軍の悲しき結末を振り返る

慶 ...

続きを見る

それでいて新政府から軍功へのご褒美としてお金をもらったときには、親元へ送り

「年よりはいつあの世へ行っちまうかわからないから、この世にいるうちに好きなことへ使え、と伝えてくれ」(超訳)

と国元の妻に手紙を書いているのですからよくわかりません。
家族にしか配慮できないタイプだったってことでしょうか。

 

元長州藩士に襲われた傷が原因で

おそらくこの手の衝突は日常茶飯事だったのでしょう。

戊辰戦争の後、明治政府の中で軍備に携わっていた益次郎は、軍の育成を大阪でしようと考えていました。
このとき既に西南戦争の兆しを感じ取っていたからといわれています。

しかし、京都の旅館でかつての教え子と食事をしていた際、元長州藩士の一団に襲われ、骨に達するほどの重症を負わされてしまいます。

一度は救出され手当てを受けましたが、傷口から細菌が入ったことにより敗血症という病気になってしまい、益次郎の容態は日一日ごとに悪化。

敗血症は血液の中に細菌がいるので、血液が通るところ=全身に炎症をきたします。
発熱や悪寒・鈍痛など風邪のような症状はもちろん、臓器や意識に障害がおき、最終的には多臓器不全やショック症状によって命を落とすという恐ろしい病気です。

現代では抗菌剤によって治療することができますが、それでも対処が遅れれば危険なことには変わりありません。
ましてや19世紀末では、正しい処置が取れなかったのも無理はありませんでした。

左足に炎症が起きていたようで、オランダ人医師により切断手術等も行われたものの、そもそも体の一部分だけでなく全身に病気の原因があるのですから、手術でどうにかなるものではありません。

かつての教え子・イネやその娘お高も駆けつけて看病に当たり、手術から10日も経たないうちに、益次郎は鬼籍に入りました。

襲撃の首謀者についてははっきりわかっていませんが、下手人が長州藩の人間であること、また上記の海江田信義との口論からして、あちこちで知らない間に恨みを買ってしまっていたのでしょうね。

これから新しい軍を作ろうという人を暗殺しても、日本人にとっては得がないどころか大損ですし。
となるとやはり私怨によるものと考えるのが妥当かと。

前線の兵糧に気を配るなど、決して他人に冷たいばかりの人ではなかっただけに、もう少し言動に気を遣えていたら、こんな死に方をせずに済んだのではないかと思うと惜しまれるばかりです。

もし彼がもう少し長生きしていたら?

後々起こる士族の反乱でもえげつない戦略を披露し、早く事を収めていたのではないでしょうか。

益次郎であれば、一時的な犠牲者が増えるのと引き換えに、類似の乱を防ぐような戦い方をしそうな気がするんですよね。これは完全に私見ですけども。

ただ、西南戦争で西郷とぶつかることになるかと思うと、その戦場はやはり恐ろしいことになりそうです。

西南戦争 リアルの戦場は悲惨そのもの~食は奪われ、死体は放置、全国規模で疫病広まる

「 ...

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
『全国版 幕末維新人物事典』(→amazon
『幕末維新大人名事典(新人物往来社)』(→amazon
大村益次郎/wikipedia

 



-幕末・維新
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.