ペリー来航/wikipediaより引用

幕末・維新

巨大地震が12年間で8度も頻発! 江戸幕府が終わったのは震災のせい?

「太平の世」というイメージが強い江戸期。

自然災害の観点からすると、むしろ非常に厳しい時代でした。

14~19世紀にかけては【小氷期】と呼ばれるほど地球全体が寒く、日本においては特に17~19世紀が酷かったのです。

大飢饉や富士山の噴火、大地震などなど。

大自然におけるラスボスクラスが250年の間に次から次へと来襲する上に、首都・お江戸では大火災にも見舞われる厳しさです。

 

ジャガイモ飢饉でアメリカに渡る人続出

どれぐらい寒かったのか?

同時期の世界をちょっと見てみますと……。

・アイルランドでじゃがいも飢饉が頻発し、人口の2割が亡くなった上に2割が国外脱出(1840年代=天保の改革の頃)

・アメリカではニューヨーク湾が凍ったせい(おかげ?)でマンハッタンから対岸のスタテンまで歩いて渡れた(1780年=独立戦争やってた頃、ひょえー!)

など、これで「小」氷期なのかと疑いたくなるほどです。

昨今は温暖化が叫ばれていますが、まるで寒冷化の反動のようで、極寒より暑いほうがまだマシなのか?と思わなくもありません。

世界中で大寒波に見舞われる最中、江戸幕府も懸命に対処をしていたのですが……。

それをあざ笑うかのように安政2年(1855年)10月2日、大地震が江戸を襲います。

世に言う「安政の大地震」です。

安政の大地震
安政の大地震(安政江戸地震)が水戸藩や幕府をダメにした? 天災頻発の幕末

続きを見る

後世から見れば江戸幕府終了のわずか12年前。

しかも大地震はこれ一回ではありませんでした。

 

寒波と連動するかのように列島で大地震が頻発

江戸に限らず、主だったものだけでもこんなにあります。

発生年地震名推定震源地
1847年善光寺地震長野県
1853年小田原地震神奈川県
1854年伊賀上野地震三重県
1854年安政東海地震東海道沖
1854年安政南海地震南海道沖
1855年安政江戸地震江戸直下
1856年安政八戸沖地震八戸沖
1858年飛越地震富山と岐阜の県境

「地震」の二文字がゲシュタルト崩壊しそうなほどの集中ぶりですね。

しかもちょっと前には天保の大飢饉も起きてます。

神様、幕府いじめすぎでしょ……というか、1854年に連続している大地震は、南海トラフ巨大地震であり、ここは震源地が3つのエリアに渡っていて一度に3ヶ所の震源域で発動したり、年をずらして発生したり、非常にややこしくなっています。

こうした地震や飢饉のたびにお金や米を供出していたのですから、そりゃ幕府も藩も貧乏になるわけです。

金欠の理由は大奥での無駄遣いだけではなかったんですね。

ちなみにこの大地震パレードの間隙を縫うかのように、ペリーが来て強引に開国させられたり条約結ばされたりしております。

よく無事に本国へ帰れたものですね。

ハリスなんて八戸沖地震の2日前に来日してますしね。

 

天守閣再建しておかなくてよかった

話は戻りまして、安政江戸地震です。

どれぐらいの被害があったのか?

というと、ちょっと首都圏の路線図を見てみてください。

真ん中に山手線が丸く走っていて、その直径をぶった切るように総武線の黄色い線がありますよね。

東側(右側)で交わるところが秋葉原です。

秋葉原から右方向を見ていくと、「亀戸」という駅があります。

ここがとある二次災害の被害範囲の西端あたりです。

さらに右へ右へと辿っていくと、千葉県に入ったあたりに「市川」という駅があります。

この辺が被害の東端です。

今なら路線の長さで9km、電車なら10分そこらの距離で、あたり一面が焼け野原になりました……え?( ゚д゚)

地震が起きたのは夜の10時ごろだったといいますから、あっちこっちで火を使うような時刻でもありません。

にもかかわらず、火災が発生してしまい、なおかつこれだけ拡大したのですから、これがもし昼間だったらと思うと背筋がゾッとしますよね。

そして、その「もし」は約70年後の関東大震災で起きてしまうのですが……。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-幕末・維新
-, ,

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)