【写真左】渋沢栄一とその家族(右端が後妻の兼子)【写真右】先妻の渋沢千代/wikipediaより引用

幕末・維新

女遊びが強烈すぎる渋沢スキャンダル!大河青天を衝けで描けない史実とは

大河ドラマ『青天を衝け』の主人公・渋沢栄一

演じる吉沢亮さんがあまりにも爽やかで輝いていますが、実は放送前からこんな懸念がありました。

「渋沢栄一って、大河の主役にしては女遊びが派手すぎやしませんか……」

確かに歴史というものは、往々にして現代とは価値観が違います。

戦国にせよ、幕末にせよ。夫婦の在り方は今とは大きく異なり、「英雄色を好む」なんて言葉もあるほどです。

しかし、渋沢栄一の女遊びは度を越しており、それは同時代の人物たちからも議論の的になるほど。

それを認めた本人も周囲にこう漏らしておりました。

「明眸皓歯(めいぼうこうし・明るい目に白い歯、美女のこと)以外は恥じることはない」

この言葉をどこまで信じてよいのか……それはさておき、とりあえず女性がらみのスキャンダルについて隠すつもりがなかったのは確かです。

では、渋沢の女遊びとはどんなレベルのものだったか?

日本を代表するNHK大河ドラマの主役ですから、この辺りの事情を包み隠さず振り返ってみるのも一興かと思います。

 

旅の恥は掻き捨て

時は幕末、安政5年(1858年)。

栄一の父・渋沢市郎右衛門は悩んでいました。

渋沢市郎右衛門
渋沢栄一の父・渋沢市郎右衛門元助(青天を衝け小林薫)は史実でどんな人物?

続きを見る

まだ若い我が子が、代官の横暴に憤激している。世直しを訴え、近隣の若者と尊王攘夷を唱えている。

これはまずい。身を固めさせて落ち着かせよう!そんな狙いから一つ年下のイトコ・後の渋沢千代と結婚させました。

当時としてもかなりの早婚である満18のことでした。

渋沢栄一の妻・渋沢千代(尾高千代)
渋沢栄一の妻・千代(青天を衝け橋本愛)史実でも気高く聡明な女性ゆえ

続きを見る

しかし文久3年(1863年)、栄一は止まらず、攘夷テロ計画、妻子を残し上洛することとなります。

そして、この時点からいきなり“行動”に出ます。

平岡円四郎の家へ立ち寄った帰り道、栄一と喜作はこう言いあったのです。

「京都に向かう前に吉原に行ってみんべえ!」

大河ドラマでは当然取り上げられない、江戸不夜城での長い夜。それに飽き足らず彼らはひとしきり遊んだあと伊勢参りへと旅に出ました。

路銀はたっぷりと父が用意してくれています。

伊勢参りの宿場町には、お約束の施設がありました。

遊郭です。

江戸時代の遊郭
遊郭がどれだけ地獄だったか?『鬼滅の刃 遊郭編』を子供に説明したい方へ

続きを見る

実は当時の春画には旅行シリーズがあり「あの宿ではこんな女郎がいた」「この街では……」と案内するガイドブックになっていました。

現在ならスマホ片手にその手の店舗を検索する感覚でしょうか。

二人が旅の前から情報を得ていたことは十分にありえますし、旅程からしてもその可能性は否定しきれません。

ただし、一つだけ免罪符があるとすれば、その立場でしょうか。

志士は武士ならば脱藩、それ以外でも家出同然の者が多い幕末期。明日、命があるかもわからない――というのは事実で、それがまた「旅の恥は掻き捨て」感覚を助長させたとも考えられます。

二人に限ったことではない話ですが、だからといってずっとそんな生活が続くワケでもありません。

 

志士は酒と色を拒まず

実際二人は上洛後に金が尽き、自炊生活になります。

となると、遊べません。貞操問題ではなく、金銭問題でストイックな生活に追われます。

大河ドラマ『青天を衝け』の劇中は、一橋家の黒川嘉兵衛に女を斡旋された栄一が憤然として断り、千代にも女狂いはしていないと文を送っていました。

しかし、こうした話を頭から鵜呑みにしてよいかどうかは別でしょう。

若い栄一が禁欲生活を送っていたはずもなく、その傍証はあります。

栄一と喜作が上洛する前年に【塙次郎忠宝暗殺事件】がありました。

長いこと真相不明であったこの事件について、栄一は伊藤博文が犯人であると証言しています。

こうしたことから、栄一は打ち明けないけれども、京都時代に尊王攘夷を掲げる志士と密な交流があったとわかる。

その中には天狗党の藤田小四郎、薄井龍之も含まれています。

天狗党は長州藩過激派と同志関係です。こうした人間関係の中に栄一も含まれている。

藤田小四郎
藤田小四郎(水戸藩・東湖の息子)が筑波山で挙兵!結果はムゴい斬首刑

続きを見る

武田耕雲斎
武田耕雲斎と天狗党の乱が日本史上まれに見る悲劇的な最期となった理由

続きを見る

こうした尊王攘夷テロ活動の打ち合わせには、酒と女は欠かせません。ひとしきり遊んだ後の密室で計画を練る、カモフラージュも行われていました。

新選組隊士とも恋の鞘当てをしたと、本人が語り残しているほどです。

そんな建前と、女遊びを楽しむ本音――どちらもあるのが、渋沢栄一という人物でした。

幕末の志士・維新の志士・攘夷の志士
そもそも「志士」って何なんだ! 幕末・維新・攘夷の志士たち その定義

続きを見る

 

世界を股にかけた恋愛が始まる時代

幕末は、新たな恋も生まれる時代でした。

来日した外国人たちは、こんな要求を持ち出すことがあったのです。

「日本の女性と刺激的な出会いが楽しみたい。お世話していただけませんか?」

うーん、何を言っているんだ……と、幕僚は苦い顔に。

それこそ攘夷主義者の徳川斉昭はカンカンになって激怒する話です。

もちろんハリスのように潔癖なプロテスタントもり、お吉を世話したにも関わらず手を出さなかったということもありますが、あれは例外。

ペリーじゃないよハリスだよ 日米修好通商条約を結んだアメリカ人って?

続きを見る

日本側にしても、武士では無い層は「ビジネスチャンス!」としてホイホイ乗り気になってしまう。

日本人妻がいた来日外国人の記録と写真が残されているのも、そうした取引の積み重ねと言えるでしょう。

女性の着物は胸元がはだけていることもあったため、そうした姿を見て大興奮した外国人の話も残されています。

訪日外国人は見た驚いた! 幕末ワンダーJAPANの文化・風習・生活とは?

続きを見る

逆に、日本側の男性にしても、来日外国人が連れてくる妻に目が釘付けになりました。

髪の色や目の色が違っていようが、美女は美女である! そう興奮していたのです。

では栄一の場合は?

なにせ徳川昭武に随行してパリまで行ってますから、フランス人美女をじっくり観察する機会はありました。

渋沢栄一は漢籍に詳しいとされます。

古代中国から伝わった語彙で、フランス人美女を絶賛するという、なかなか味のある観察記が残っています。

二八の蛾眉!(2×8=16、十代の美女)

細軟軽窕!(さいなんけいちょう、細くて体が柔軟で軽やかでしなやか)

そのあたりのすれ違う婦人ですら、楊貴妃や西施にも劣らぬ美女ばかりである!

中国四大美女を例にして、なんという安売りをしているのか……。そう嘆きたくもなりますが、本人がそれだけテンション上がってしまったのでしょう。

中国四大美人の伝説&史実まとめ 西施・王昭君・貂蝉・楊貴妃の美とは

続きを見る

パリでの栄一は、プロの女性とアバンチュールを繰り広げたと振り返っています。

カトリックのフランスは、結婚後の交渉がそこまでとやかく言われません。要は、プロテスタントのイギリスやアメリカよりもゆるい。娼館にいるのではなく、流しのプロ女性もいました。

こんな美女を連れ帰って日本風に磨いたらますます輝くに違いない!

そう考えた栄一は、とある女性にこう訴えかけたのです。

「ぼくたちは別の国に生まれたけど、もう愛し合っているよね。でもぼくは今、公務でここまで来ている。連れて帰るわけにはいかないけど、日本まで追いかけて来てくれないか?」

果たして彼女は?

ハンカチを振りつつ冷たく返します。

「嘘にしたって許せる範囲じゃない。そんなに愛しているというのなら、それこそなんとしても一緒にいようとするでしょう? なのに別れてから追いかけて来い? ふざけないでよ」

渋沢栄一は何も言えませんでした。

明治の文学といえば森鴎外の『舞姫』が有名です。あの主人公は一体どんなメンタリティなのかと思った読者も多いことでしょう。

舞姫ボコボコ!明治時代の小説はかなりヤヴァ~イというお話を7千字ぐらいかけて紹介する記事

続きを見る

渋沢栄一の価値観をたどるとヒントがあるかもしれませんね。

ただし、こうしたアバンチュールがもたらしたメリットもないわけではない。

まずは語学力。ある程度のフランス語を身につけていたとされます。

もうひとつ、渋沢は妾を「友人」と呼びました。

フランス語の「アミ」には、友人とか愛人という意味があります。そこからの連想かもしれません。

そしてパリからの帰国後、彼にはたくさんの「友人」ができることになるのです。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-幕末・維新
-