上野戦争(彰義隊)

上野戦争(画:歌川芳盛 )/wikipediaより引用

幕末・維新

彰義隊が散った上野戦争の恐ろしさ 旧幕府軍の悲しき結末を振り返る

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
上野戦争(彰義隊)
をクリックお願いします。

 

こちらが焼け野原となった写真です。

上野戦争の跡地/wikipediaより引用

辺り一帯まさに焼け野原で、藤堂高虎のお墓を擁していた寒松院というお寺も焼失してしまいました。

まぁ、この焼かれ方なら仕方ないすね。

藤堂高虎
戦国の転職王・藤堂高虎が七度主君を替えながら家康に信頼された理由

続きを見る

 

死傷者は意外と少なく

当然ながら死傷者も膨大な数かと思いきや、新政府側が100名程度、彰義隊は260名超と案外少なめでした。

戦闘が一日で終わったこと。

新政府vs旧幕府というより、それぞれごく一部同士の参加者で戦ったからでしょうか。

彰義隊の残党は根岸方面に逃げたものの、その後この名前で隊を組むことはなかったようです。

個人的に会津戦争や函館戦争に参加した人がいたといいますから、心の底から新政府が気に食わなかった人の集まりだったんでしょうね。

会津戦争(会津と長州)
なぜ会津は長州を憎む? 会津戦争で降伏した若松城と藩士らが見た地獄

続きを見る

箱館戦争
箱館戦争で土方が戦死し榎本が降伏するまで~佐幕派最後の抵抗とは?

続きを見る

 

墓が上野公園内にある

いずれにせよ明治政府にとっての彼らは「往生際の悪い奴らの集まり」であり、死後の扱いは最低でした。

徳川家の菩提寺・増上寺や、縁のある人物が彰義隊死者の引き取りと供養を申し出ても認めてもらえず、しばらくの間野ざらしにされていたそうです。

見るに見かねて、三河屋という商人がお金を出して荼毘にしたとのこと。

この人は増上寺に出入りしていたものの、立場的にはほぼ中立だったので許可が出たのでしょう。

それでも表立って供養することはできず、改めて政府から供養の許可が出たのは明治七年(1874年)のことでした。

現在、上野公園の中にある彰義隊のお墓は、こうした紆余曲折を経て建てられたものなんですね。

上野彰義隊のお墓

上野というと美術館や博物館、動物園が思い浮かぶ人が多いと思いますが、たまにはこうした史跡にも立ち寄ってみるのも良いかもしれません。

あわせて読みたい関連記事

渋沢成一郎(渋沢喜作)
渋沢成一郎(喜作)が彰義隊へ!栄一と進む道を違えた74年の生涯まとめ

続きを見る

大政奉還
慶喜と西郷の思惑激突!大政奉還が実施されたのになぜ戦争が始まった?

続きを見る

戊辰戦争
戊辰戦争のリアルは過酷だ~生活の場が戦場となり食料奪われ殺害され

続きを見る

市川・船橋戦争
市川・船橋戦争(戊辰の局地戦)上野戦争の直前に起きた戦いの行方は?

続きを見る

徳川慶喜
徳川慶喜を知れば幕末の動乱がわかる!家康の再来とされた英邁77年の生涯

続きを見る

長州征伐(長州征討)
長州征伐(征討)がスッキリわかる!天皇 幕府 外国人の視点も大切です

続きを見る

西郷隆盛
西郷隆盛 史実の人物像に迫る~誕生から西南戦争まで49年の生涯とは

続きを見る

会津戦争(会津と長州)
なぜ会津は長州を憎む? 会津戦争で降伏した若松城と藩士らが見た地獄

続きを見る

箱館戦争
箱館戦争で土方が戦死し榎本が降伏するまで~佐幕派最後の抵抗とは?

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
朝日新聞社『朝日 日本歴史人物事典』(→amazon
上野戦争/wikipedia
彰義隊/wikipedia

TOPページへ

 



-幕末・維新
-,