1936年ベルリン五輪/wikipediaより引用

明治・大正・昭和

オリンピック負の歴史~スポーツと戦争政治は切っても切れない関係也

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
オリンピック負の歴史
をクリックお願いします。

 

それ以上に、悲劇的な再会を果たし、涙をこらえきれない者もいました。

中国戦線で戦死したはずの弟が、入場行進に映っている——そのことに気づき、あまりに皮肉な再会に愕然としてしまった人も、当時の日本にはいたのです。

戦火に散るアスリートは、もっと増えていきます。

スポーツの熱狂とともにあった施設も、皮肉な使われ方をします。

それが学徒出陣——。

出陣学徒壮行会(1943年10月21日)/wikipediaより引用

その壮行会が開催された施設の多くが、明治神宮外苑競技場をはじめ、スポーツで使用されてきたものでした。

かつてスポーツに声援を送っていた若者たちが、銃を担いで行進することとなったのです。

 

「平和の祭典」に落ちる政治の影

第二次世界大戦を終えると、日本にも徐々にスポーツの息吹が戻って来ました。

とはいえ、対戦前夜のファシズムとスポーツの結びつきを考えると、そこに向けられるまなざしは慎重にならざるを得ません。

五輪を誘致すべく田畑政治らが苦労したのも、まさにこうした警戒心が世界中に渦巻いていたからこそ。

田畑政治の生涯 いだてんもう一人の主役とは?【東京五輪前に辞任】

続きを見る

今度こそ、オリンピックを平和の祭典とすべく、世界中が力を合わせるようになっていったのでした。

しかし、そうはならないこともあります。

1972年のミュンヘン五輪では、惨劇が発生しました。

パレスチナ人テロ集団「黒い九月」が、イスラエル選手団を襲撃。犯人も含めて17名が犠牲となっています。

ロッド空港で犠牲者の棺を乗せたイスラエル軍用車/photo by David Eldan wikipediaより引用

このあと、熾烈極まりないイスラエル側の報復作戦が繰り広げられるのです。

 

冷戦や政治対立は、その後も、五輪に暗い影を落とし続けました。

1976年:モントリオール→アパルトヘイトを行う南アフリカ参加への抗議によるボイコット、「二つの中国」問題による中国のボイコット

1980年:モスクワ→ソ連のアフガニスタン侵攻への抗議によるボイコット

1984年:ロサンゼルス→米軍のグレナダ侵攻への抗議によるボイコット(モスクワボイコットへの抵抗措置)

ボイコットのための不参加という、政治的な意見表明がなされるようになったのです。

五輪ボイコットを色分け(赤がロス、青がモスクワ、黄色がモントリオールの各大会をボイコット)/wikipediaより引用

パレスチナ問題にせよ、冷戦にせよ。

その根をたどれば第二次世界大戦があります。いくら政治と無縁だと言いつのったところで、こうした事実は厳然と突きつけて来ます。

もうひとつ、考えたいことがあります。

いくら政治とスポーツは無関係だと言ったところで、政府からの援助がなければ五輪へと選手は派遣できません。

これはつまり、政府が首を縦に振らねば、スポーツ選手は何もできないということでもあります。

 

スポーツと愛国、そしてレイシズム

むろん害悪ばかりではありません。

スポーツが人を結びつけた例もあります。

戦争に巻き込まれ、目指していた東京五輪を逃したどころか、日本軍の捕虜となったルイス・ザンペリーニ。

1988年の長野五輪で聖火ランナーとして走り、戦争を乗り越えた平和の象徴として、感動的な場面を演出しました。

 

戦争が引き裂いてしまった祖国が、もう一度統一されて欲しい——。

韓国と北朝鮮の、そんな願いが込められた「統一旗」が、スポーツ大会で使用されました。

韓国と北朝鮮の統一旗/photo by Timothy Friesen wikipediaより引用

2018年平昌大会では、女子ホッケーチームがこの旗のもと、協力して戦っています。

※南北統一チームのもたらした絆を描く『ハナ 〜奇跡の46日間〜』

しかし、これがマイナス面に出てしまうと、レイシズムや対立を煽るきっかけとなり、暴力すら誘発します。

フーリガンの暴力行為。

スポーツに熱中するあまり、特定の国を嫌うようになってしまうこと。

スポーツは、悪意ある陰謀論とも結びつきやすいものです。

その一例として、
「五輪で日本がメダルを獲得した競技は、白人に有利になるようルールを改正される」
「あの競技は、特定の国に有利になるよう不正が行われている」
というものがあります。

大抵は陰謀論の類いで、冷静に検証すれば過ちだとわかるものです。

五輪やワールドカップを通した愛国心の煽り方があり、かつ危険であったことは、第二次世界大戦前のベルリン大会を筆頭として証明されてきました。

そのため、スポーツにはその過ちを繰り返すべきではないという毅然とした態度もあるものです。

サッカーの試合等では、レイシズムを行った観客は観戦ができなくなります。

過去の教訓が活かされているのですね。

 

都市計画と財政

スポーツ施設は、都市計画や人々の暮らしに根付いたものとして、慎重に作られてきた歴史があります。

無計画な建設は、都市の生活を破綻させかねない。そのため最近では厳しい目線が注がれるようになっています。

近年、ヨーロッパでは五輪招致を中止する流れが増えてきています。

高騰する開催費用もありますが、都市計画において慎重さが求められてきているからです。

住民の意見を尊重しない建造物等は、反対運動により阻止されるリスクがあります。そんなものを抱えてまで手を出すほどの意味があるのか、そう問われているのです。

高騰する費用も大きな問題です。

予算は、ロンドン大会で5倍、アテネ大会は16倍に達し、ギリシャの財政破綻を招くこととなりました。

そうしたリスクを避けるため、五輪を回避する流れも最近は強まっています。

五輪の招致合戦と民主主義の成熟度は、反比例の図式を見せるようになっているのです。

21世紀の五輪は、異なる様相を見せつつあります。

延期された東京五輪も含めて、この後、どうなってゆくのでしょうか。

文:小檜山青

【参考文献】
夫馬信一『幻の東京五輪・万博1940』(→amazon
坂上康博『日本史リブレット スポーツと政治』(→amazon
森まゆみ (編集)『異議あり! 新国立競技場――2020年オリンピックを市民の手に (岩波ブックレット)』(→amazon
ロバート・ホワイティング/玉木正之『ふたつのオリンピック 東京1964/2020』(→amazon
大野芳『オリンポスの使徒―「バロン西」伝説はなぜ生れたか』(→amazon

TOPページへ

 



-明治・大正・昭和
-

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)