和井内貞行/wikipediaより引用

明治・大正・昭和

和井内貞行とカバチェッポ~十和田湖のヒメマス養殖に人生を捧げた男

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
和井内貞行とヒメマス養殖
をクリックお願いします。

 

卵を孵化させ稚魚を十和田湖へ……

二年経ち、卵を孵すことに成功した和井内は、いよいよ稚魚を十和田湖へ放ちました。

しかし、問題はこれからです。

魚の養殖で難しいのは、卵の孵化や稚魚の放流がうまく行ったとしても、そこから成長し、食べられる大きさに育って戻ってくるまで、何年もかかることです。

当然その間は出費>収入になりますから、和井内家のお財布は非常に厳しい状態が続きました。

生活を切り詰め、和井内はヒメマスの帰りを待つ間、新しい孵化場を作っています。

明治三十八年(1905年)の日露戦争を祝して……ということだったようですが、もし失敗した時すぐ動けるように、次の一手を打っておきたかったのでしょう。

そして、同じ年の秋のこと。十和田湖に、久しく見られなかった魚影が浮かびました。

和井内が放ったヒメマスが、大きくなって戻ってきたのです。

以降、ヒメマスは十和田湖に定住し、徐々に数を増やしていきました。

おそらく、周辺地域の食卓にも上るようになったでしょう。

今では十和田湖名物として、生食でも調理でも親しまれています。

また、他の湖へも卵や稚魚を出荷するようになり、日本各所でヒメマスの養殖が行われるようになっていきました。

 

十和田湖の国立公園認定にも尽力す

その後、見事この難事業を成功させた和井内には「緑綬褒章」が与えられました。

緑綬褒章(りょくじゅほうしょう)とは、「長年にわたり社会に奉仕する活動(ボランティア活動)に従事し、顕著な実績を挙げた方」(内閣府ホームページより原文ママ)に与えられるものです。

まさに和井内にぴったりですね。

似たようなものに、科学を始めとした学問やスポーツ・芸術分野の方に与えられる「紫綬褒章」などがあります。こちらはよくニュースになるので、ご存じの方も多いでしょうか。

また、観光客を増やして周辺の経済を潤すためか、和井内は内務省へ「十和田湖を国立公園に認定してください」という嘆願もしています。

こういうものの認定には非常に時間がかかるので、和井内の存命中にはかないませんでしたが、1936年に周辺の奥入瀬渓流や八甲田火山群とまとめて「十和田八幡平国立公園」に認定されています。

和井内は、2つの目標を達成したことになりますね。

忍耐と努力の末にこの大事業を成し遂げた和井内夫妻は、亡くなった後、十和田湖湖畔に夫婦神として祀られました。

今も「和井内神社」として存在しています。

この辺の時代における「神様」というと広瀬武夫のような「軍神」のイメージが強いですが、和井内夫妻のように民間事業によって祀られた人もいたんですね。

最近は老若男女問わず「失敗したくない」が行動の基準になっていることが多いですけれども、和井内のように粘り強く挑戦し続けることも大切ですよね。

みんなが読んでる関連記事

竹鶴政孝(マッサン)とリタ
ウィスキー作りに命を賭けた竹鶴政孝(マッサン)とリタ 史実の生涯は?

続きを見る

エドウィン・ダン
日本に骨を埋めたエドウィン・ダン! 北海道を愛し畜産業の父となる

続きを見る

北海道の食の歴史
北海道は「食の歴史」も過酷そのもの!米豆が育たぬ地域で何を食う?

続きを見る

明治時代の衣食住
明治時代の「衣食住」に注目! 江戸時代から何が変わり何が流行った?

続きを見る

殖産興業
殖産興業をわかりやすく!明治政府はなぜ富岡製糸場と八幡製鉄所を作った?

続きを見る

三毛別羆事件に震えが止まらない……ヒグマに襲われ死者7名・重傷者3名

続きを見る

ジャパニーズウイスキーの歴史~世界五大ウイスキーへの苦闘150年

続きを見る

渋沢栄一
史実の渋沢栄一とは? 大河『青天を衝け』主人公~激動の生涯92年まとめ

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
和井内貞行/wikipedia
十和田湖国立公園協会(→link
ヒメマス/ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑(→link
うまいもんドットコム(→link

TOPページへ

 



-明治・大正・昭和

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)