望月の歌

『紫式部日記絵巻』の藤原道長(土御門殿にて)/wikipediaより引用

飛鳥・奈良・平安 光る君へ

「この世をば」の絶頂和歌を詠んだ道長はどれだけ調子に乗っていた?

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
望月の歌
をクリックお願いします。

 

九条、一条、二条……と地名を名乗っていく

藤原氏という家自体も、そのまま一枚岩ではいられませんでした。

道長の時代から100年ほど後に平家が台頭し、かつて道長が娘を通して皇室にやったことを、今度は平家にやり返されるような形で勢力を弱めていったのです。

一応、藤原氏も、何とか権勢を取り戻そうと頑張ったのですが、さすがに道長ほどの人物は出てきませんでした。

皇室や、他の公家にとってはよかったかもしれませんね。

そんなドタバタの間で藤原氏の血筋も分かれていき、やがて住まいのあった場所の名を取って「九条」「二条」「一条」という別の名字を名乗るようになっていきます。

この辺も、日本史の要所要所でお馴染みの名前ですね。

特に有名なところだと、大正天皇の皇后・貞明皇后は九条家の出身です。

貞明皇后(大正天皇の皇后)
貞明皇后(大正天皇の皇后)と皇室を支えた近代皇后たちの功績とは

続きを見る

「九条の黒姫様」と呼ばれるほど闊達だった方が道長の子孫にあたるというのは、ちょっと意外な感じもしますね。

 

全国へ散らばった藤原氏の名残り

また、武家の中にも藤原氏の末裔の家や遠い親戚にあたる家があります。

わかりやすいのは、源義経との関係が深い奥州藤原氏ですね。

奥州藤原氏は義経の逃亡を歓迎していた?『奥州藤原氏と平泉』書評

続きを見る

藤原泰衡
奥州の藤原泰衡は頼朝に騙された愚将なのか? 最後は家臣に裏切られ

続きを見る

源義経
史実の源義経はどんな生涯を送り最期を迎えた?鎌倉殿の13人菅田将暉

続きを見る

いつ頃奥州へ行ったのかはっきりしないものの、京の藤原氏から「よくわからないけど、お前んちは親戚だと思ってるから」(※イメージです)という扱いを受けていたことがわかっています。

他には「扇の的」で有名な那須与一の那須家、家康の次男・結城秀康が養子入りした結城家、東北武家の名門・伊達家などが藤原氏の末裔を名乗りました。

ホントかどうかアヤシイところもありますが。

那須与一と屋島の戦い
屋島の戦いで頼朝が平家に王手! 那須与一『扇の的』伝説に注目だ

続きを見る

結城秀康
家康の次男・結城秀康が不運にも将軍になれなかった理由とその生涯に注目

続きを見る

伊達政宗
伊達政宗の派手な逸話はどこまで本当か?史実の生涯70年を検証まとめ

続きを見る

また、日本人に多い名字ランキングベスト10に入る「斉藤」も、藤原氏に始まるといわれています。

といっても、ほとんどの庶民は明治時代に名字を使うようになっていますから、これまた血が続いているかどうかは断言できませんが。

というわけで「藤原」のまま続いたわけではないのですが、血筋は今も続いているといって過言ではないでしょう。

確実に血が残っている有名どころだと、島津家絡みで度々登場する近衛家や、明治維新以降も京都に住んでいる冷泉家などがあります。

表舞台からは姿を消したものの、確実に子孫が繁栄しているという意味でみれば、道長の世が今も続いていると……。

あわせて読みたい関連記事

藤原道長
藤原道長は出世の見込み薄い五男だった なのになぜ最強の権力者に?

続きを見る

藤原頼通
日本一の権力者その跡継ぎ 藤原頼通(道長の長男)はどんな人だった

続きを見る

藤原彰子
藤原彰子(道長の娘)日本で最も権力を有した男の娘は幸せだったか

続きを見る

貞明皇后(大正天皇の皇后)
貞明皇后(大正天皇の皇后)と皇室を支えた近代皇后たちの功績とは

続きを見る

奥州藤原氏は義経の逃亡を歓迎していた?『奥州藤原氏と平泉』書評

続きを見る

藤原泰衡
奥州の藤原泰衡は頼朝に騙された愚将なのか? 最後は家臣に裏切られ

続きを見る

源義経
史実の源義経はどんな生涯を送り最期を迎えた?鎌倉殿の13人菅田将暉

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
朧谷寿『藤原氏千年 (講談社現代新書)』(→amazon
藤原妍子/wikipedia
藤原威子/wikipedia
藤原北家/wikipedia

TOPページへ

 



-飛鳥・奈良・平安, 光る君へ
-

×